春日大社での初詣と海賊と呼ばれた男』を熱く語ります

さて、本号は、
新年号として、洲山がお勧めの映画をご披露します。

本映画を鑑賞すると、少々の困難な状況で、弱音を吐かなくなります。

勇気と元気を貰えます。

その映画は、
洲山の尊敬する出光佐三翁を主人公にした『海賊と呼ばれた男』です。

大空襲の焼夷弾にて、大火災が発生するインパクトあるシーンから始まり、
一面焼け野原の東京でのイントロダクション。

敗戦で自信を無くし、弱気な社員を集めて、
「愚痴を止めよ!」「下を向いとる暇は無い!」と檄を飛ばし、

一人も解雇せずに事業を再生し、
艱難辛苦を乗り越えて飛躍発展する様は、勇気と元気を貰えます。

何が何でもヤルゾの気概と信念が如何に大切かを教えてくれます。

出光興産は、経営統合問題で揺れていますが、
出光佐三翁ならば、如何なる経営判断をされるかを考えて意思決定されて、
今の時代に合った経営戦略にて、さらなる飛躍発展を祈念します(^O^)

素晴らしい映画ですd(^_^o)


また、女性の視点からの鑑賞レポートも記載します。

【泣きまくり。。(゚∀゚)】

出光興産創業者の出光佐三氏をモデルにした

主人公・国岡鐵造の...敗戦直後の再生から始まる物語。

映画『海賊と呼ばれた男。』を観てきました。

日本人として、
脈々と受け継がれてきたもの、歴史。
一人一人の人間の持つ生きる力、志、

生命の上に今というものがあることを改めて感謝。

個としての思い、苦悩や葛藤。
事業再生にかけた気力。気概。気迫。
他、
いろんな視点で観ると始終感じ入り...
とにかくあちこちで泣きどころ満載。
化粧崩れも途中から放棄。w

正しさとは何か?
そのようなことにも思いめぐらすような...
いい映画でした。


(出所:山本理沙さんFB)

このコラムの執筆者

悩める社長の救世主 喜多洲山

悩める社長の救世主

喜多洲山

所属:大阪本部オフィス

  • プロフィール
  • 記事コラム

負債30億円で破綻寸前からの事業再生・復活を経営者として体験したので、社長の目線で物事を見て判断できる強みが持ち味です。 したがって、的確なアドバイスが出来ると自負しています。

最新コラム

広瀬すず主演映画『チア☆ダン』に学ぶ

  • 2017年04月14日 執筆者:喜多洲山

さて、本号は、 洲山が最近観て、感動した映画『チア☆ダン』に学ぶ、 でっかい夢を目指して、日々努力すれば実現する 実話のサクセスストーリーを熱く語ります。 いやあ、感動しました(^^♪ 8割笑いころげ(もっと読む

春日大社での初詣と海賊と呼ばれた男』を熱く語ります

  • 2017年01月13日 執筆者:喜多洲山

さて、本号は、 新年号として、洲山がお勧めの映画をご披露します。 本映画を鑑賞すると、少々の困難な状況で、弱音を吐かなくなります。 勇気と元気を貰えます。 その映画は、 洲山の尊敬する出光佐三翁を主人(もっと読む

ビリギャルを育成した坪田先生に学ぶ

  • 2016年11月16日 執筆者:喜多洲山

りそな銀行の朝食会に参加して、 学年ビリの成績不良学生であるギャルを、 現役で慶應大学に進学する事に成功された塾の先生として、 一躍有名になった坪田信貴先生の講演を拝聴しました(^O^) 偏差値30の(もっと読む

一覧ページへ

  • 弊社会長・洲山による、負債30億の苦境を乗り越えた経験と方法をはじめとする、これからの経営に関する様々なノウハウを皆さんにお伝えいたします。
  • お問い合わせご相談はこちら

  • 0120-59-8686
    受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールでのお問い合わせ・ご相談
    年中無休/24時間受け付け