セブン-イレブンが楽天、Amazonをこっそりシャットアウト

総務省がNTTBPに指導
総務省は4日公衆無線LANサービスを提供するNTTブロードバンドプラットフォームに対して、特定のHPを意図的に遮断した行為について、行政指導を行った。
セブン-イレブンで楽天はNG
指導の対象となったのは、同社がセブン-イレブンやイトーヨーカドーの店舗で提供している無線LANサービス。

昨年12月から提供されている同サービスを利用すると、セブン-イレブンなどの店内から、インターネットにアクセスできるが、この際に競合する楽天やAmazonなどのサイトは、利用者に無断でシャットアウトした。

総務省は利用者の同意なく通信先をチェックする行為が、電気通信事業法に抵触するものとして、指導を行った。

それでも楽天・Amazonは見せない
指導を受けて同社では、今後は楽天やAmazonのサイトに接続できないことについて、あらかじめ利用者の同意を得るシステムにあらためるという。

ただ、このシステムについて、「通信の秘密」を冒されている、と理解することは難しいため、利用者が理解した上で同意できるかどうかは怪しい。

とりあえず「なにがあっても競合他社のHPは見せない」というポリシーは守り抜きたいようだ。

▼外部リンク

◆NTT BP
http://www.ntt-bp.net/pc/

元記事

情報提供元:リファイドニュース

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

関連記事

婚活で人気『東京大神宮』 7月7日に「七夕祈願祭」
参院選投票直前! 高校生「選挙に行きたい」42%
すてきな「ティファニー」のリング探しもiPhoneで!
「自然災害と機械工学」テーマに機械学会が神奈川フォーラム開催
九州大学が、第37回分析基礎セミナー「実用熱分析」を開催
  • 弊社会長・洲山による、負債30億の苦境を乗り越えた経験と方法をはじめとする、これからの経営に関する様々なノウハウを皆さんにお伝えいたします。
  • お問い合わせご相談はこちら

  • 0120-59-8686
    受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールでのお問い合わせ・ご相談
    年中無休/24時間受け付け