脳は死の2、3年前急激に老化する 防ぐ方法は?

寿命が尽きる少し前から激しく老化
人の脳は死亡する2、3年前から急激に老化する。シカゴ大学メディカルセンターのロバート・ウィルソン教授らが4日、こんな研究結果を発表した。
死亡前の老化速度は8~17倍
研究は尼僧を含む聖職者174人を対象に行われた。記憶力や思考能力を追跡し続けた結果、平均すると死亡する約2.5年前から、老化の進度が激しくなることがわかった。

それ以前の時期にくらべ、8~17倍も老化速度が上がったという。

この変化は脳の広い範囲で起きるため、特定の病気がその原因になっているわけではない。

研究結果は4日付けの「Neurology」オンライン版に掲載された。

ゲームやパズルが有効
付随する別の研究では、こういった脳の老化を防ぐのにゲームやパズルが有効であることもわかっている。

シカゴで平均年齢80歳の1,100人を対象に行った調査によると、読書、ボードゲーム、クロスワードパズルなどを行うことによって、思考能力が維持されることが判明した。

思考能力は精神的な活発さを維持するはたらきがあるため、老化を防ぐという。

▼外部リンク

◆healthday
http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=663438

元記事

情報提供元:リファイドニュース

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

関連記事

世界中で人気の農園アプリ「FarmVille」がiPhone対応に!
何匹捕まえられるか!?「ネコさがし」にチャレンジ
水槽のカワイイ魚を動かして「真珠」を集めるゲーム!
小川で「魚すくい」!あなたは何匹すくえる?
コカコーラが提供 「的うちゲーム」に熱中♪
  • 弊社会長・洲山による、負債30億の苦境を乗り越えた経験と方法をはじめとする、これからの経営に関する様々なノウハウを皆さんにお伝えいたします。
  • お問い合わせご相談はこちら

  • 0120-59-8686
    受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールでのお問い合わせ・ご相談
    年中無休/24時間受け付け