マドンナも批判した「反同性愛条例」制定後、最初の逮捕者-サンクトペテルブルク

ロシアにおける強い偏見とタブー
ロシアのサンクトペテルブルクで条例制定後、最初の同性愛者の男性2人が逮捕された。彼らは「同性愛は正常なこと」というプラカードを掲げていたのである。それが、同市が定めた物議をかもしている「反同性愛条例」に違反したのだ。

2月29日、サンクトペテルブルクで、公共の場で同性愛者または両性愛者、トランスジェンダーであることを表明する行為を禁止する条例が可決された。この条例に違反すると50万ルーブル(約139万円)までの罰金が科される。

この金額は平均的なロシアの年俸より多い。ロシアの下院もサンクトペテルブルクに習って、全国的に国内法として審議をするらしい。シュピーゲル誌オンライン版が6日、報じた。

ロシアにおいて同性愛は、強い偏見で覆われ、タブー視されている。ロシア正教会は、同性愛を罪深いこととみなしている。1999年に初めて、同性愛が精神疾患のリストから削除された。

Image:Brocco Lee
ラムシュタインとマドンナに警告
条例案を起草した与党・統一ロシア(党首はウラジーミル・プーチン首相)のビタリー・ミロノフ議員は、ドイツのロックバンド、ラムシュタイン(Rammstein)を「ゲイの宣伝」であると非難。

また、夏のコンサートを見て、法律を破る可能性があるとして、ポップスターのマドンナにも警告を与えた。しかし、マドンナはこの条例を批判。マドンナは、ゲイへの支援で有名である。

同性愛的な内容の映画やミュージックビデオ、書籍、雑誌、同性愛のシンボルとしての虹の旗も禁止されている。

▼外部リンク

シュピーゲル誌(Spiegel Online)
http://www.spiegel.de/politik/ausland/0,1518,826173,00.html

元記事

情報提供元:リファイドニュース

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

関連記事

iPhoneでマニフェスト閲覧
アスクルで選挙グッズを買って
若者よ、選挙へ行こう!Webキャンペーン
初音ミクはNG?選挙活動
目指せ!投票率アップ
  • 弊社会長・洲山による、負債30億の苦境を乗り越えた経験と方法をはじめとする、これからの経営に関する様々なノウハウを皆さんにお伝えいたします。
  • お問い合わせご相談はこちら

  • 0120-59-8686
    受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールでのお問い合わせ・ご相談
    年中無休/24時間受け付け