マラウイに初めての女性大統領が誕生!

ムタリカ大統領の急死
アフリカ南東部に位置するマラウイのムタリカ大統領(78)が、心臓発作のため急死した。7日、マラウイ政府が公式に発表した。憲法の規定によると、副大統領が後継者に就くことになっている。

報道機関ロイターが、7日、副大統領のジョイス・バンダ氏(61)が公職を引き継いだことを報じた。首都リロングウェにて、閣僚と検事総長、軍と警察のトップを交え、国家元首を宣言。ここに初めてマラウイに女性の大統領が誕生したのである。

Image: World Economic Forum
米国の支援のもとに
しかし、バンダ氏の大統領就任が、政治的緊張につながる可能性がある。ムタリカ前大統領は、2010年にバンダ新大統領を与党・民主進歩党(DPP)から除名していた。

メディアの報道によると、前大統領は、後継に現外務相である弟のピーターを就任させる準備をしていたようだ。前大統領の内部勢力は、国営放送に、
「バンダ副大統領は大統領に適していない」
と宣言した。

政府の上級代表と治安部隊は、今のところ紛争は解決されたことを暗示した。その背後には最も重要な支援国としての米国が、バンダ氏の大統領就任を要求したようだ。

〈駐日マラウイ共和国大使館公式ホームページより〉
世界で最も貧しい国マラウイ
2004年の選挙で、ムタリカ前大統領は国家元首となった。2009年に、大多数の支持を得て再選。経済学者である前大統領は、国際復興開発銀行(世界銀行)を含むさまざまな国際機関で働いていた。

マラウイに住む1300万人のうちの大半は、ムタリカ前大統領のために涙を流さないはずである。国民の目には、彼は独裁者で今の経済危機に個人的な責任があると映っている。

マラウイはタンザニアとモザンビーク、ザンビアと国境を接し、世界で最も貧しい国のうちの一つである。

▼外部リンク

シュピーゲル誌(Spiegel Online)
http://www.spiegel.de/politik/ausland/0,1518,826269,00.html

駐日マラウイ共和国大使館公式ホームページ
http://www.malawiembassy.org/jp/

元記事

情報提供元:リファイドニュース

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

関連記事

iPhoneでマニフェスト閲覧
アスクルで選挙グッズを買って
若者よ、選挙へ行こう!Webキャンペーン
初音ミクはNG?選挙活動
目指せ!投票率アップ
  • 弊社会長・洲山による、負債30億の苦境を乗り越えた経験と方法をはじめとする、これからの経営に関する様々なノウハウを皆さんにお伝えいたします。
  • お問い合わせご相談はこちら

  • 0120-59-8686
    受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールでのお問い合わせ・ご相談
    年中無休/24時間受け付け