妊婦の肥満は子どもの自閉症リスクを高める?

母親の肥満が子どもに影響
肥満が重大な社会問題となっている米国で、肥満状態の母親から生まれた子どもは、自閉症になるリスクが67%も高まる、という研究結果が発表された。言語障害のような発育遅延も2倍以上に高まるという。
BMI30以上は要注意
研究を行ったのは、カリフォルニア大学の研究者Paula Krakowiak氏。

2003年から2010年にかけて、1,000人以上の子どもを対象に、母親の肥満状態と自閉症やその他の発育遅延との関係を調査した。

その結果、身長に対する体重の比率を示すBMIが30を超える母親から生まれた子どもでは、自閉症や発育障害などのリスクが高まる傾向が確認された。

米国では出産適齢期の女性のうち1/3が肥満しており、9%が糖尿病を持つ。今回の研究で、妊婦の糖尿病が発育遅延と関係することもわかった。

研究結果は4月9日に「Pediatics」オンライン版5月号に発表された。

原因は肥満による炎症タンパク質?
今回の研究では、統計的に肥満と自閉症や発達遅延との関係が指摘されているが、原因はよくわかっていない。

研究者は肥満により発生する炎症タンパク質、サイトカイニンが胎児の脳にダメージを与える可能性を指摘している。

日本では現在、肥満治療に保険が適用されるのは、一般にBMIが35を超えており、肥満により高血圧や高脂血症、膝、腰痛、無呼吸などの疾患が生じている場合に限られる。

今後は妊婦についても、薬物を用いないダイエット法を保険適用とすべきかもしれない。

▼外部リンク

◆healthday
http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=663392

元記事

情報提供元:リファイドニュース

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

関連記事

アメリカにおける青少年たちの「親の知らないオンライン生活」実態調査 
子どもを“集団感染”から守る「専用マスク」発売!
政治家のオンライン広告をクリエイティブに アメリカ
東京のホームレスの30%以上が精神障害か(日)
家族連れ必見!『ジェットスター』航空が子ども1人無料セール実施
  • 弊社会長・洲山による、負債30億の苦境を乗り越えた経験と方法をはじめとする、これからの経営に関する様々なノウハウを皆さんにお伝えいたします。
  • お問い合わせご相談はこちら

  • 0120-59-8686
    受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールでのお問い合わせ・ご相談
    年中無休/24時間受け付け