北朝鮮「ロケット打ち上げ」 中ロの報道に見る迷惑度

北朝鮮「ロケット」で得をするのは米国
16日にも予定されている北朝鮮による「衛星打ち上げ」について、同国と親密な関係を持つ中国、ロシアも困惑を隠しきれない。両国の報道に垣間見えるのは、「米国が得をするだけ」という感想だ。
NordNordWest

MDシステム配備の理由付けに
ロシアのニュースサイト「The Voice of Russia」は、今回の「衛星打ち上げ」について、「米国のミサイル防衛システム(MD)整備を助けている」と分析した。

沖縄本島や石垣島などへの迎撃ミサイル配備、海上ミサイル防衛の配備は、現状は北朝鮮の弾道ミサイルを対象としている。

だが実際には、米国本土や日本を攻撃可能なミサイルを持つ国は中国とロシアしかないため、この2か国を対象とする軍備増強を促進している、というのがロシア側の見方だ。

日米合同訓練のチャンス
一方、中国のニュースサイト「人民網」も同様の見方を示す。

米国と日本が展開するミサイル迎撃網にとって、今回の北朝鮮ロケット発射は、中国のミサイルに対する最適の訓練になるという考え方だ。

北朝鮮のロケット打ち上げに関しては、国連合意に反するとしながらも、国力ではるかに劣る同国が日米韓に追い詰められたためにとる手段、との見解を示し、日本や米国、韓国に対して、同国に対する対応を変えるよう求めている。

▼外部リンク

◆The Voice of Russia
http://japanese.ruvr.ru/2012_04_09/71124015/

元記事

情報提供元:リファイドニュース

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

関連記事

政治家のオンライン広告をクリエイティブに アメリカ
東京のホームレスの30%以上が精神障害か(日)
中国:デジタル社会に負けないぞ!新書もレンタルする本屋
Facebook上グループから政治資金集め団体誕生 アメリカ・マサチューセッツ州
期間限定MiFiレンタルキャンペーン開始
  • 弊社会長・洲山による、負債30億の苦境を乗り越えた経験と方法をはじめとする、これからの経営に関する様々なノウハウを皆さんにお伝えいたします。
  • お問い合わせご相談はこちら

  • 0120-59-8686
    受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールでのお問い合わせ・ご相談
    年中無休/24時間受け付け