メールマガジンバックナンバー

vol.8 『ピンチをチャンスに変える』鉄則! 「M資金詐欺! から学ぼう!」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『借金30億からの逆転!洲山(しゅうざん)レポート』 発行部数:3,091部
事業再生・復活請負人 洲山 vol.8 2005年8月1日号
『ピンチをチャンスに変える』鉄則! 「M資金詐欺! から学ぼう!」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

事業再生・復活請負人 洲山です。

メルマガ読者が、3,000名を突破しました。(嬉しい!)

今回は、スケールの大きい『M資金詐欺! から学ぼう!』号です。

前回は、『取り込み詐欺に気をつけよう! その1・その2・その3』
とまとめてみました。

今回ご披露しちゃいますのは、巨額の融資話を持ちかけての詐欺ですが、
その巨額たるや、数百億円~数兆円の あっと驚く 巨額さです!

そんな荒唐無稽な話を誰が信じちゃうのかな? と一般庶民は思いますが、
実に騙されるのは、ほとんどが大企業の重役や富裕層の方々です。

何故、そんなことになるか?

ストーリーがもっともらしく、
その信憑性を担保する道具立てが立派なのが味噌。

つまり、終戦直後にGHQ(連合国総司令部)が旧日本軍の資産を接収し、
その一部が戦後復興の秘密資金として企業などに
無担保・低金利にて融資されたとの話から始まり

※M資金の『M』とは、
※GHQの経済科学長だったマーカット少佐の頭文字と言われています

その秘密資金(M資金)による融資が可能であるので、
・手数料や準備金を先に 1~3% 支払うような話だったり
・融資の為の書類作成のための印紙代を先に支払う話だったり
するわけですが、
100億円の1%は、1億円
1,000億円の1%は、10億円
の被害になります。

M資金の詐欺師たちの手口は、
秘密資金がもっともらしい名前のある組織で管理されている
と言って信憑性を持たせ、
さらに、信用させるために皇族や政府高官、高級官僚などの
大物の名前を出したりするばかりでなく、
大蔵大臣や総理大臣などの署名捺印が入った偽文書で信用させます。

例えば、1984年、3兆8000億円もの裏国債が還付されるというM資金話で
不動産屋や開業医から騙し取った詐欺グループが摘発・逮捕されました。

このM資金詐欺では「国債還付金残高確認証」という
「公文書」が登場しています。

それが国債の還付を政府や大蔵省が了解している証拠として使われましたが、
「国債還付金残高確認証」という文書を大蔵省は、全く発行していません。

でも、一般人にはこれが本物であるかどうかわからないので、
騙されてしまう。

このM資金詐欺はかなり大きな単位のお金を動かしますから、
騙す時にも、かなり手の込んだストーリーの大ウソついてくるし、
手口もかなり込んでいて知能犯が多いのです。

M資金にはGHQがらみのものの他に、
皇族関係の秘密財産、華僑マネー、アラブマネー、
ユダヤ系財閥のユダヤマネー、G7(先進国7ヵ国蔵相・中央銀行総裁会議)や
宗教結社「マルタの騎士団」を使ったM資金もあります。

大手企業であっても、世界企業と競争しており、
無担保で超低金利の資金なら喉から手が出るほど欲しい会社は一杯あり、
ついつい騙されてしまうのですね!

今回の教訓 「世の中に、そんなうまい話は無い!」

───────────────────────────────────
■サイト更新のお知らせ
洲山の主催する『喜望大地経営研究会』のホームページを更新しました!
『洲山お勧めのクレジット・ローンサービス』と題して、
洲山がお勧めする、低金利で信用のおける企業のサービスをまとめました。
一度検討してみては?
もちろん、ご利用は計画的に!
───────────────────────────────────
■オリジナル小冊子
『夜逃げせずに復活する7つの鉄則』無料プレゼント中!
30億701万円5千円の負債から、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!
毎月先着50名様に無料プレゼント中です。
───────────────────────────────────
■編集後記
最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

新規取引やうまい話には、
相手が信用できる相手かどうかを良く見極めましょう!

信用調査機関での、点数調査をしたり、
相手にいくらまで売り掛けをしてよいかを、どうやって判断するか?

自分で判断できない折は、洲山にお気軽にご相談ください。
借入に関しても、経営上の課題に関してもお気軽にご質問ください。
───────────────────────────────────
○知人・友人への転送や回覧は自由です。その際必ず全文を改変せずに転送し
 て下さい。
○転載・引用の際には必ず出典を明記して下さい。
○読者投稿を本メルマガでご紹介させて頂くことがあります。その際著作権は
 本メルマガ発行者に属するものとしますので、ご了承の上でご投稿下さい。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.338 ターゲットとなる潜在顧客がどこにどれだけいるかわ…
  2. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.1 創刊記念号
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.13 『ピンチをチャンスに変える』鉄則!「底なしの借金地…
  4. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.466 製造業の皆様、会議は建設的ですか?Part2 特…
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.106 一年の計は、元旦にあり! 特集号
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.50 洲山の事業再生成功事例 特集号
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.60 事業再生を成功するには、危機を乗り越える正しい判断…
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vo l.44 消費者金融大手の過払い金関連費用は、ナ、ナント1…
PAGE TOP