メールマガジンバックナンバー

vol.138 リースのリスケ 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『借金30億からの逆転!洲山(しゅうざん)レポート』
         vol.138 2010年08月10日号      発行部数28,065部

「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主・洲山
モットー  「明るく!  元気に!!   前向きに!!!」

今回のテーマは「リースのリスケ特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

企業の七転び八起きをサポートする、スマイルダルマ洲山です。

福島正伸先生に弟子入りして、
究極のコンサルタント養成講座にて学びました。
学びの成果として、キャッチコピーが変わりました。

旧:「社長に笑顔とパワーを伝授する」

新:「社長に笑顔と勇気を与え続ける」

座右の銘である「謙虚にして驕らず、更に努力を」
(尊敬する京セラ稲盛和夫名誉会長の言葉)
にも合致し、いかなる事態にも自分の座標軸を
見失わないスタンスで決めました。

本号は、大阪本部にて常務執行役員として
大活躍の宮内正一が、熱く語ります。

最新リスケジュール情報 ⇒ 「リースのリスケ」です。

では、
ターンアラウンド・エキスパート事業再生家・洲山のもと、
日々クライアントの背中をサポートしている喜望大地経営の宮内です。 

大阪本部に在籍し、東は岐阜から南は沖縄まで、
クライアント様のターンアラウンドを実践すべく日々奮闘しています。

7月下旬、某最大手情報会社の日刊冊子に興味深い話が掲載されていました。

<リース返済条件緩和の効果>に関するコラムの中に
「大手リース会社の担当によると、
 関西での申込は数件にとどまっている・・云々」

ムムッ?・・・という事は、
「私のクライアント事例は数少ない成功の一つだった」のかも・・・
という事で、今回はリースのリスケに関しての最新成功事例をご紹介します。

平成22年4月16日、経済産業省は
「中小企業に対するリースの支払い猶予について」
と題するプレスリリースを発表しました。

プレスリリースには
「我が国経済の基礎を支える中小企業の経営安定化に向けて、
 経済産業省は、リース会社に対し、中小企業からリースに関する支払猶予や
 契約期間延長等の申し込みがあった場合には、
 柔軟かつ適切な対応を行うよう要請すること」
とされています。

このプレスリリースの直後、早速某大手リース会社に問い合わせたところ、
「当社は以前から柔軟に対応しているので、
 今回の経産省要求の影響は全く無い」
と一蹴されました。

そのような中で若干不安感もありましたが、
私のクライアントで金融機関返済の1/3以上を
リース支払が占めている方があり、
どうしてもリスケをお願いしなければならない状況の為、
リース会社にリスケ申し入れを行いました。

ズバリ目標は、以下の3点です

1.月100万の支払を20万へ

2.期間は1年

3.追加担保無し、手形小切手振出も無し、

・・・ハードルがちょっと高過ぎたかも・・・

担当者からは、案の定

「今回の経済産業省のリリースは法律では無い」

「支払額減額は半額が精一杯」と中々話が進みません。

しかし、今までの金融機関交渉の経験上、

「リース会社が国の要請に逆らうはずが無い」

「銀行が金融円滑化法にスムーズに対応するのにも数ヶ月かかった」

「リース会社としてリスケ申し入れに対する体制作りが整っていないだけではないか?」

という仮説に到りました。

そこで作戦変更。

ポイントは丁寧、真摯に、とにかく粘り強く、時間をかけて、というものです。

具体的には

1.銀行のリスケと同様の詳細な計画書を用意

2.何度でも先方に足を運び、粘り強く交渉

これを徹底しよう!という事になりました。

クライアント様にも以上の趣旨を徹底し、長期戦覚悟の陣容を立て、
粘り強く何度もお願いに上がりました。

堂々巡りの論議が続き、結論が出ないまま延滞が3ヶ月を超えましたが、

リース会社から連絡も来ず、逆になしのつぶて状態。

私は、

「リスケに応じられないなら、このあたりで強硬策に出るタイミングのはず」

「そこを何も言ってこないという事は、
 やはりリスケ受付の体制作りに時間がかかっている」

と判断しました。

しかし、判断が間違っている可能性も否定できず、洲山にも相談し、
「不調の場合は、即特定調停持ち込み」という最終作戦を立案、
クライアントにも了解をいただきました。

※特定調停とは、借金の返済が滞りつつある借主について、裁判所が、
 借主と貸主その他の利害関係人(保証人など)との話し合いを仲介し、
 返済条件の軽減等の合意が成立するよう働き掛け、
 借主が経済的に立ち直れるよう支援する手続である。
 (出典:ウィキペデイア)

そして、改めて交渉再開。

「誰も望まなかった3ヶ月延滞となってしまいました」

「弊社は支払の強い意思があり、詳細な計画書も提出させていただいた」

「当方もこれ以上長引かせたくないので、上席の方としっかり話し合いたい」

と申し入れました。

すると面談日に表れたのは、初めてお会いする「リスケ担当」という上席。

・・・つまり、リスケ受付の体制が整ったという事!

・・・ここで半ば目標達成の感触を得ました!

クライアントの社長とともに「これで通らないなら、機械引上げ覚悟」
という強いオーラ満載で交渉に挑んだところ、
あっさり代案を提案されました。

1.支払金額は月100万を25万へ
 希望より5万アップだが、当初は半額しか認めない、だったものが1/4へ

2.期間は6ヶ月
 希望の1年は通らなかったが「1年含み」という言質獲得

3.支払用小切手発行
 希望は通らなかったが、あくまで半年分の支払い小切手のみ振出

希望通りではないものの、かなりの好条件と判断し、無事交渉成立に至り、
クライアント様にも大変満足していただきました。

弊社はリスケの為のリスケをクライアント様に提案しません。
リスケはしょせん止血でしか無く、事業再生の入口でしかないからです。

しかし当該クライアント様は、これで営業活動に専念出来る体制が整いました。
つまり『時間を買った』訳です。

今後は買った時間を有効に活用していただき、
利益体質構築のお手伝いに努めて行きたいと思っています。

あっさりしたメルマガになりましたでしょうか。

でもウラにはメルマガでは伝えきれないノウハウがあります。

只今、「5周年謝恩無料経営相談」を実施しています。
東京・大阪の執行役員が丁寧にご相談を承ります。

お気軽に ⇒  0120-59-8686 までご連絡ください。

さて、資金ショートの可能性があり、将来不安な社長には、
一人悩まずに、お気軽にご相談ください。

事業再生に関して、
30億の負債を乗り越えた経験と約300社の事業再生に成功した洲山が、
如何なるご相談にも即決でご回答する面談をお勧めします。

面談は、有料でして、初回面談特典で、31,500円
洲山の著書を読んでいただいた方には、読者特典20,000円です。

但し、有料面談の前に、お気軽にご相談いただける
5周年謝恩無料経営相談を承っています。
お気軽に ⇒  0120-59-8686 担当:阿部・松原にご相談ください。
所定の相談フォームにご記入いただいて、その後大阪と東京にて、
経営コンサルタント(弊社執行役員)が相談に応じています。

また、事業再生スキーム説明する洲山のセミナーを
毎月大阪と東京で開催していますので、
転ばぬ先の杖として、ご参加頂ければ幸いです。
いかなるご質問もお答えする、Q&Aタイムも用意しています。

洲山が講師を務める「資金調達・事業再生セミナー」です。

最新の事業再生ノウハウを開陳するセミナーですから、
お気軽にご参加下さい。

危機を乗り越え、

明るく!  元気に!!   前向きに!!!
楽しい人生を過ごしましょう!!!!!

さて、どんな困難な状況でも、
経営者が再生の決意ある限り必ず道は拓けます!

洲山のミッション(使命)は、
中小企業の経営者に笑顔と元気と勇気を与えることですから
何らかの原因で落ちこんだり、
パワーダウンしてる場合はお気軽に相談下さい。

なかなか、他人には相談できない借金・負債の問題でお悩みの方も、
お気軽にご相談ください。
洲山のノウハウ・知識・交渉力プラスいろいろなネットワークパワーで、
あらゆる課題が乗り越えられます。

いかなる問題も洲山が解決できない問題はありませんから、
ご相談はお気軽に!

商工ローンからの借入があろうと、手形が不渡りのピンチでも、
借金が30億円超えてても、競売のピンチでも大丈夫です!

智慧とパワーと交渉力で乗り越えられない大波は有りませんから

「捨てる神あれば、拾う神あり!」

ご相談はお気軽に!

───────────────────────────────────

■喜望大地経営 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー
私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・事業再生セミナー」です。

日時:平成22年8月18日(水)or9月15日(水)16:00~17:45
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩3分
   大阪市北区芝田2-4-4 日生ビル新館3F OBS会議室

日時:平成22年8月19日(木)or9月9日(木)16:00~17:45
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-7-4矢満登ビル3F  ルノアール会議室

主催:喜望大地経営株式会社
   大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:松原・阿部
               フリーコール:0120-59-8686

講師:社長に笑顔と勇気を与え続ける!事業再生家・洲山(しゅうざん)

テーマ:「資金調達・事業再生セミナー」

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億701万5千円の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

ご希望の方に無料プレゼント中です。

───────────────────────────────────

■洲山処女作『銀行にカネは返すな!』発売中!(三刷21,000部)

資金繰りが心配で夜眠れない社長に
安心して、熟睡できる物の見方・考え方・ノウハウ満載です。
あなたの会社を再生する方法は無限にあります。
倒産、破産の地獄を見る前にお読みください。
机上の空論は一切ありません!

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

昨日から伝説の名経営者である、
後藤昌幸先生の後藤メソッド塾に弟子入りして学びました。

1年間学び、免許皆伝を目指します。
後藤先生は、10億円の赤字会社であった
兵庫ダイハツに乞われて社長に就任にし、
僅か5年間で、5億円の優良企業に
ターンアラウンド(事業再生)実現されました。
そのノウハウを後藤メソッドとして、学び承継する事を目標設定しました。

さて、北海道から沖縄まで全国区でサポートしています。
ご質問あれば、お気軽に本メールに返信ください。

また、お陰様で5周年を迎えた謝恩の無料経営相談を東京・大阪にて
承りますので、お気軽にご相談ください。 ⇒ 0120-59-8686まで

これからも、毎日の仕事に喜び、将来に明るい望みを持ち、
大地に根を生やした企業サポートに邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。
⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.78 ホテルの再生は、温泉とくつろぎ&癒しがキーワード!…
  2. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.203 種籾(もみ)を食べてはいけない! 特集号
  3. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.262 『選挙無効判決』を真摯に受け止め、民主国家確立を…
  4. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.275 『一般派遣労働事業』に関する審査状況の考察 特集…
  5. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.459 イノヴェイションはニーズから生まれる??? 特集…
  6. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.309 ナニワの評論家が、子供の教育問題を斬る! 特集号…
  7. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.344 YouTubeマーケティングのススメ 特集号
  8. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.381 デフレ脱却の処方箋 『 La Vie en ro…
PAGE TOP