メールマガジンバックナンバー

vol.76 ブリッジとしての機能による、再生支援作戦! 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『借金30億からの逆転!洲山(しゅうざん)レポート』  発行部数25,076部
                      vol.76 2007年2月7日号

「社長に笑顔とパワーを伝授する」喜望大地経営研究会
モットー  「明るく!  元気に!!   前向きに!!!」

本号のテーマは、
「ブリッジとしての機能による、再生支援作戦!特集号」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ターンアラウンド・エキスパート(事業再生家)の 洲山です。

ターンアラウンドとは、方向転換=「事業再生」の意味であり、
洲山流に解説すると、
「このままの方向で進むと絶望の滝壺に落ちるのを
方向転換して、破綻の崖から安全な方向に方向転換すること」

を見事に表現している言葉だと思います!

本号は、

「ブリッジとしての機能による、再生支援作戦!特集号」

です。

最近の洲山の動きは、

1月27日(土)に、大阪オフィス引越しの為に、
引越し後の片付けと東奔西走の出張が重なり超多忙でしたので、
メルマガ配信が、お久しぶりとなりました。

新・大阪オフィスは、
JR大阪駅中央北口から徒歩3分、阪急梅田駅から徒歩2分

窓の外には、大阪駅北ヤード再開発の大きな敷地(ナ、ナント7万坪強)が
パノラマ式に広がっていまして、
今後の大阪発展現場の生き証人が勤まるロケーションです。
工事の騒音はうるさいかな(心配!)

大阪駅と私鉄・地下鉄の梅田駅は、
一日の乗降客230万人の巨大なターミナルです。

新住所は、〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目4番4号日生ビル新館3F
TEL (06)6372-1313  FAX (06)6372-2777

新・大阪オフィスの雰囲気は、ブログ写真をご覧下さい

この扉・看板・デザイン内装一式も、
洲山のクライアントのデザイナーオフィスの作品です。

大変便利な立地ですから、お近くにお越しの節は、
お気軽にお立ち寄りください。

さて、四国が出身の洲山は、本州と四国が橋でつながっていない時代には、
フェリーか高速船のお世話になっていました。
しかし、便数に限りがあり、四国と大阪は距離的に遠い感じでした。

それが、明石海峡大橋と大鳴門橋が出来、高速道路とつながることにより、
大変便利になりました。
以前5時間近くかかっていたのが、なんと約2時間余で到着でき、
且つ24時間何時でも移動可能となり、隔世の感が致します。

四国の鳴門と淡路島を淡路フェリーで渡っていたときは、
待ち時間が30分くらいありフェリーに乗れば約20分計一時間弱が
あっと驚く、わずか3分少々で渡れるわけですから!

淡路島の大磯港と神戸の須磨港を45分で淡路フェリーが就航していましたが、
お盆とか年末年始では、5時間待ちなんてざらであり、
しかも台風来襲時は、即ストップで一晩を駐車場で
スタンバイ状態なんてのもありました。
それが、24時間いつでも通行可能で、
5分もあれば渡りきるわけであります。

即ち、橋=ブリッジは、アクセスの飛躍的便利さにつながります。
洲山は、人の心と心をつなぐブリッジとなり、
また、ビジネスの世界で
企業と企業をつなぐブリッジとなりたいと願っています。

最近うれしい出来事は、洲山がブリッジとしての橋渡しを出来、
双方に大変喜ばれました案件です。(嬉!)
洲山のクライアントで、多角化による他分野進出してご苦労されておられ、
「選択と集中戦略」により、本業回帰を進言したところ、即決断され、
M&Aによる肩代わりを希望されましたので、
洲山のクライアントで
その商売での更なる拡大を願っておられる社長をご紹介しました。
そして、わずか一月足らずで条件面で合意して、
洲山が立会人として合意書にサインし、握手をされました。

事業の継続により、雇用が守られ、
地域経済の発展の一翼が担えたとの達成感があります。

お陰さまで、北は北海道から、南は九州まで、クライアントが広がり、
クライアント同士のビジネス展開も可能となってきました。
再生は、時間との闘いが勝負を決します。
一刻を争う場合、
下から行くのと、上から(トップから)行くのとでは、雲泥の差です。

洲山は、すべてクライアントのトップとの人間関係ですから、
話が早く、洲山がコーディネーターとして、
ブリッジの役割を果たしますから、美しいストーリー展開が成就出来ます。

自社でうまくいかない事業も、他社なら立派に事業化できる場合が有ります。
その場合は、M&A戦略が正しい選択と断言できます。

なかなか、他人には相談できない借金・負債の問題でお悩みの方は、
お気軽にご相談ください。
洲山のノウハウ・知識・交渉力プラス色んなネットワークパワーで、
あらゆる課題が乗り越えられます。

いかなる問題も洲山が解決できない問題はアリマセンから、
ご相談はお気軽に!

商工ローンからの借入があろうと、手形が不渡りのピンチでも、
借金が30億円超えてても、競売のピンチでも大丈夫です!

智慧とパワーと交渉力で乗り越えられない大波は有りませんから

「捨てる神あれば、拾う神あり!」

ご相談はお気軽に!

───────────────────────────────────
■事業再生アドバイザー養成講座

洲山の尊敬する経営者で、
200億円を超える負債を乗り越えられた木村勝男 会長が中心となって、
事業再生アドバイザーを志す方向きに、
2月7日14時~19時半にリッツカールトンで
開催されるセミナーがあります。
(残念ながら、満席札止めです)

主催:NPO関西事業再生支援センター 共催:アーバンベネフィット(株)

事業再生アドバイザー養成講座 「第一弾!会社のカタチを考えるセミナー」

───────────────────────────────────
■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億701万5千円の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

ご希望の方に無料プレゼント中です。

───────────────────────────────────

■洲山秘伝ノウハウ(本)開陳のお知らせ!

借金30億円のピンチを乗り越えた洲山ノウハウ完成のお知らせ

倒産・破産せずに事業再生・復活する秘術を悩む社長に開陳した
(夜が眠れない借金問題が1日で解決!  安心して熟睡できます!)

「借金30億からの逆転!事業再生7つの鉄則」   が完成しました!

借金問題・負債問題にお悩みの社長にお勧めの秘術です。

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。
今日は、雪祭りでにぎわう札幌で書いてます。
昨年好評でした、事業再生セミナーを3月8日に東京で開催
予定で企画進行中です。
関心のある方は、手帳にご予定ください。
詳細は、決まり次第本メルマガとHPにて告知します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・借金問題・負債問題に関してはお気軽にご相談下さい。

───────────────────────────────────
○知人・友人への転送や回覧は自由です。その際必ず全文を改変せずに転送し
 て下さい。
○転載・引用の際には必ず出典を明記して下さい。
○読者投稿を本メルマガでご紹介させて頂くことがあります。その際著作権は
本メルマガ発行者に属するものとしますので、ご了承の上でご投稿下さい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.350 製造業の皆様、問題解決の8つのステップ (STE…
  2. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.517 『芸人Tさんは凄い!』をバッサリ斬る!
  3. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.416 中小零細企業の銀行取引防衛術の巻 特集号
  4. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.407 出口戦略の主導権を握ろう!の巻 特集号
  5. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.490 破産なんて怖くない~ 特集号
  6. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.319 製造業の皆様、問題解決の進め方が明確になっていま…
  7. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.198 『年金』と言う名の国家的詐欺に対する考察? 特集…
  8. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.260 3月末の円滑化法期限切れが目の前に迫っています …
PAGE TOP