メールマガジンバックナンバー

vol.77 借金30億からの大逆転!事業再生7つの法則セミナー! 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
借金30億からの逆転!洲山(しゅうざん)レポート』  発行部数24,965部
                      vol.77 2007年2月16日号

「社長に笑顔とパワーを伝授する」喜望大地経営研究会
モットー  「明るく!  元気に!!   前向きに!!!」

本号のテーマは、
「借金30億からの大逆転!事業再生7つの法則セミナー!特集号」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ターンアラウンド・エキスパート(事業再生家)の 洲山です。

ターンアラウンドとは、方向転換=「事業再生」の意味であり、
洲山流に解説すると、
「このままの方向で進むと絶望の滝壺に落ちるのを
方向転換して、破綻の崖から安全な方向に方向転換すること」

を見事に表現している言葉だと思います!

本号は、

「借金30億からの大逆転!事業再生7つの法則講演会!特集号」

です。

最近の洲山の動きは、

「商売繁盛!えべっさん福の神ファンド」による、ブリッジ資金支援五社
約50百万円の資金調達とそのスキーム作りにチャレンジしました。

幸い三社のスポンサーが見つかり、洲山がブリッジ(橋渡し役)となり
決済資金ショートによる
経営破たんのピンチを五社とも救えることが出来ました(嬉!)

資金繰りの苦労さえなければ、社長ほど気楽な稼業はあ~りません(笑!)
何をするのも自由であり、
自分の役員報酬も自分で決めてしたい放題が可能ですから。

でも、世の中は良く出来たもので、能天気な行け行けどんどんで、
うまく行った例(ためし)は、あ~りません(涙!)
(一部ザマア見ろ!の声もちらほら聞こえてきます?)

短期的に何億円稼いでも、長期的に持続が如何に困難かは、
ITバブル不況による有望ベンチャーの破綻が、
数え切れないぐらいの死屍累々が物語っています。

さて、今現在何らかの要因で窮境状態にある社長や、
このままで行けば将来不安のある社長にお勧めセミナーがあります。

何を隠そう、実は洲山が東京赤坂にて、
「借金30億からの大逆転!事業再生7つの法則セミナー!」
を開催します。

■セミナーのねらい

事業経営のあるべき姿は、「ゴーイングコンサーン(永遠に継続)」であり、
社長は変われども永遠に繁栄し地域に根ざして、
社会に貢献しながら会社が存続発展することです。

事業経営にリスクはつきものですし、ピンチは発生します。

また、ややもすれば調子の良い後に
ピンチは発生しており過去の成功体験が仇になること多しです。

年商1億円の家業を年商41億円に伸ばしながら挫折して、
借金30億円を抱えて倒産・破産のピンチを迎えるも
艱難辛苦の末に乗り越えた
ターンアラウンド・エキスパート(事業再生家)の洲山が、
借金を乗り越える秘術を開陳します!

借金30億円とは、毎年1,000万返済して、
300年かかるほどの巨額債務です。

資金繰りが苦しくなれば精神的余裕がなくなり、
暗い顔をしている社長へのアドバイス。

社長たるもの、いついかなる時にも「明るく!元気に!前向きに!」と考え、
難局を乗り切りましょう!

■本セミナーはこんな社長におすすめ!

 ●資金繰りの事で頭が一杯で眠れない社長
 ●約束手形が落とせるか心配な社長
 ●銀行からの借入を断られた社長
 ●家族の預金を会社につぎ込んでいる社長
 ●知人・友人・親戚に借りている社長
 ●知人・友人・親戚に連帯保証人になってもらっている社長
 ●個人カードのキャッシング・ローンをつぎ込んでいる社長
 ●サラ金から借りてつぎ込んでいる社長
 ●商工ローンからの借入がある社長
 ●手形の不渡り事故を起こした社長
 ●街金・システム金融から借りている社長
 ●銀行からサービサーに債権が譲渡された社長

手形不渡り事故を半年以内に2回発生し、
銀行取引停止処分=事実上の倒産であっても
洲山なら事業再生・復活は可能です。

さらに、現在、成長途上のベンチャー企業で、

 ●数十億円規模の会社を経営する落とし穴を知っておきたい社長
 ●資金面でのあらゆるリスクを予防したい社長
 ●VCから資金調達して、IPOを志すベンチャー企業の社長

このような方にも、リスク管理の観点で、きっと参考になると思います。

■セミナー予定内容

 1.資金ショート時のプライオリティー(優先順位)の考え方
 2.約束手形不渡り危機をどう乗り越えるか?
 3.銀行から融資を断られたときの乗り越える作戦
 4.連帯保証人対策
 5.自宅を死守して、事業再生する作戦
 6.社長のピンチを乗り越える心構え
 7.事業再生7つの鉄則

などなど、この知識があればいかなる事業再生方針を立案し、
実行すれば良いのかが分かります。

最近の成功事例である、MBO(会社幹部による独立)やM&A(経営権の譲渡)や
えべっさんファンド活用による資金ショート乗り越え作戦etc開陳します。

■対象者:経営者、中小企業~中堅企業のオーナーならびに経営幹部

■講 師:洲山(しゅうざん)/喜望大地経営研究会 会長

■開催日:2007年3月8日(木)14:00~19:00

■会 場:トスラブ赤坂

■参加費:42,000円/先着26名様

 ●17時より交流会を開催します。参加費無料

さて、どんな困難な状況でも、
経営者が再生の決意ある限り必ず道は拓けます!

洲山のミッション(使命)は、
中小企業の経営者に笑顔と元気と勇気を与えることですから
何らかの原因で落ちこんだり、
パワーダウンしてる場合はお気軽に相談下さい。

なかなか、他人には相談できない借金・負債の問題でお悩みの方は、
お気軽にご相談ください。
洲山のノウハウ・知識・交渉力プラス色んなネットワークパワーで、
あらゆる課題が乗り越えられます。

いかなる問題も洲山が解決できない問題はアリマセンから、
ご相談はお気軽に!

商工ローンからの借入があろうと、手形が不渡りのピンチでも、
借金が30億円超えてても、競売のピンチでも大丈夫です!

智慧とパワーと交渉力で乗り越えられない大波は有りませんから

「捨てる神あれば、拾う神あり!」

ご相談はお気軽に!

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億701万5千円の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

ご希望の方に無料プレゼント中です。

───────────────────────────────────

■洲山秘伝ノウハウ(本)開陳のお知らせ!

借金30億円のピンチを乗り越えた洲山ノウハウ完成のお知らせ

倒産・破産せずに事業再生・復活する秘術を悩む社長に開陳した
(夜が眠れない借金問題が1日で解決!  安心して熟睡できます!)

「借金30億からの逆転!事業再生7つの鉄則」   が完成しました!

借金問題・負債問題にお悩みの社長にお勧めの秘術です。

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。
今日は、新大阪6:00始発のひかりレールスターにて書いてます。
博多駅8:49着での超長距離出勤の感覚ですね(笑!)
九州でのクライアント2社訪問と近畿のクライアントの課題解決を、
ミッションにして、19:30福岡空港最終便にて帰阪して、
明日は大阪伊丹空港から山形庄内空港にフライトして秋田に移動し、
明後日帰阪して、近畿圏クライアント訪問です。
東奔西走の日々ですが、「社長に笑顔とパワーを伝授する」事によって、
地域経済の発展の一翼を担えていると確信し、
喜びと望みのある大地に根を生やした企業育成に邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・借金問題・負債問題に関してはお気軽にご相談下さい。

───────────────────────────────────
○知人・友人への転送や回覧は自由です。その際必ず全文を改変せずに転送し
 て下さい。
○転載・引用の際には必ず出典を明記して下さい。
○読者投稿を本メルマガでご紹介させて頂くことがあります。その際著作権は
本メルマガ発行者に属するものとしますので、ご了承の上でご投稿下さい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.398 助成金の情報入手ノウハウ 特集号
  2. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.202 ビミョーなニュース速報 特集号
  3. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.438 今こそ立ち上がれ、Mrs.Watanabe 特集…
  4. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.337 製造業問題解決の8つのステップ!STEP5:対策…
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.223 春のチームNO.1祭り! in大阪 特集号
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.49 IPOと事業再生は紙一重?
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.172 がんばろう日本! 特集号
  8. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.358 計算が合わないぞ?翼くん 特集号
PAGE TOP