メールマガジンバックナンバー

vol.91 会社再建か? 事業再生か? の考察 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『借金30億からの逆転!洲山(しゅうざん)レポート』  発行部数20,686部
                       vol.91 2008年2月22日号

「社長に笑顔とパワーを伝授する」喜望大地経営研究会
モットー  「明るく!  元気に!!   前向きに!!!」

「会社再建か? 事業再生か? の考察特集号」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ターンアラウンド・エキスパート(事業再生家)の 洲山(しゅうざん)です。

ターンアラウンドとは、方向転換=「事業再生」の意味であり、
洲山流に解説すると、
「このままの方向で進むと絶望の滝壺に落ちるのを
方向転換して、破綻の崖から安全な方向に方向転換すること」
を見事に表現している言葉だと思います!

本号は、

「会社再建か? 事業再生か? の考察特集号」です。

窮境状態に立ち至った際の心構えとは、何ぞや?
の特集号です。

窮境状態がどの程度のレベルかの判断は?

ずばり資金繰りが回っているのか?
資金ショートしているのか?

で、解明出来ます。

如何に赤字額が大きくとも、
資金ショートしなければ会社はつぶれません(嬉!)

たとえ黒字であったとしても、
資金ショートすれば万事休す(涙!)です。

当初のうちは、全て守りたいと考えて行動しますが、
ほとんどの場合は、上手く行きません。

何故ならば、急な坂道を重たい荷物を
乗せた荷車を引いて上がっているようなものですから、
現状維持が精一杯であり、少し油断をして力を抜いた途端に、
坂道を転がり落ちる悲劇の主人公になってしまいます。

では、どうすればよいか?

当然のことながら、惜しいけれどもこの際涙ながらにほかしても(捨てても)
やむを得ない物を処分するしかありませんです。
 ⇒ どうせ捨てるならば、少しでも有利な形を考えることは必要です。

やはり身軽になれば、結果としてパワーアップしたことになりますから、
坂道を登る可能性が出来ます。

何もかも捨てれば、身一つですから、楽々と登れる可能性が更に増します。

しかしながら、何が何でも 
 ⇒ 例えば、荷車を捨てて、背中にせたろうてでも、
   手放したくないものは、必勝鉢巻を締めて、杖をついてでも
   「根性・大和魂」の精神で持って上がるべきです。

それは、その経営者の人生観・価値観・哲学の世界です。

会社再建とは?
現在の会社名を残して、再建するわけですから、一番美しい姿です。

方法論としては、リスケによる止血からスタートして、
その後に利益償還可能な構造改革実行が定番であり、
場合によっては、会社分割作戦や、法的再生手法の会社更生法申請や、
民事再生法申請等が有りますし、M&A作戦もあります。

しかしながら、債権者との関係によっては、会社は残っても経営者は、
経営責任を取って去らなければならない事も有り得ます(涙!)

事業再生とは?
会社ではなく、そのコア(中核)となる収益力のある事業を残す作戦です。

「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」 の世界です。

本作戦には、
1.事業譲渡作戦  ⇒  新会社方式
2.会社分割作戦  ⇒  グッド会社とバッド会社に分割
3.M&A作戦

等があり、社長が経営責任を取り、身を引いた形ながらも、
実質的には経営継続の可能性があります。

いずれにしても、「コア」となる収益部門が無ければ、
再生はありえません。
採算が合わないのに、延命策戦を展開すると、資金投入の為には、
詐欺的に調達し、結果として被害者を増殖するばかりですから、
断固 「勇気ある撤退」 あるのみです。

危機を乗り越え、

明るく!  元気に!!   前向きに!!!
楽しい人生を過ごしましょう!!!!!

さて、どんな困難な状況でも、
経営者が再生の決意ある限り必ず道は拓けます!

洲山のミッション(使命)は、
中小企業の経営者に笑顔と元気と勇気を与えることですから
何らかの原因で落ちこんだり、
パワーダウンしてる場合はお気軽に相談下さい。

なかなか、他人には相談できない借金・負債の問題でお悩みの方も、
お気軽にご相談ください。
洲山のノウハウ・知識・交渉力プラス色んなネットワークパワーで、
あらゆる課題が乗り越えられます。

いかなる問題も洲山が解決できない問題はありませんから、
ご相談はお気軽に!

商工ローンからの借入があろうと、手形が不渡りのピンチでも、
借金が30億円超えてても、競売のピンチでも大丈夫です!

智慧とパワーと交渉力で乗り越えられない大波は有りませんから

「捨てる神あれば、拾う神あり!」

ご相談はお気軽に!

───────────────────────────────────

洲山のビジネスパートナーである
瀧本憲治氏のメルマガが面白いのでお勧めです!

〜瀧本憲治が見た、アーバンベネフィットの秘密〜
11人の社員で経常利益8億円?!
瀧本憲治が、実の両親にアーバンベネフィットの事業を説明していくメルマガ

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億701万5千円の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

ご希望の方に無料プレゼント中です。

───────────────────────────────────

■洲山秘伝ノウハウ(本)開陳のお知らせ!

借金30億円のピンチを乗り越えた洲山ノウハウ完成のお知らせ

窮境企業が、事業再生・復活する秘術を悩む社長に開陳した
(夜が眠れない借金問題が1日で解決!  安心して熟睡できます!)

「借金30億からの逆転!事業再生7つの鉄則」   が完成しました!

借金問題・負債問題にお悩みの社長にお勧めの秘術です。
洲山との面談特典つきです。

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。
昨日は、再生支援協議会においてバンクミーティングに参加しました。
本日は、○社の債権者説明会の主役を務めます。
両社とも、再生実現に全力投球しています。

これからも、喜びと望みを持ち、大地に根を生やした企業育成に邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・借金問題・負債問題に関してはお気軽にご相談下さい。

───────────────────────────────────
○知人・友人への転送や回覧は自由です。その際必ず全文を改変せずに転送し
 て下さい。
○転載・引用の際には必ず出典を明記して下さい。
○読者投稿を本メルマガでご紹介させて頂くことがあります。その際著作権は
 本メルマガ発行者に属するものとしますので、ご了承の上でご投稿下さい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.404 『不良品削減ノウハウ』を考察します 特集号
  2. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.172 がんばろう日本! 特集号
  3. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.445 製造業の皆様、仕入予算を現場に落とし込んでいます…
  4. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.406 『仕事と介護の両立支援制度』をしり、活用しましょ…
  5. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.189 製造業の皆様、商品・部品別EBITDA管理計表を…
  6. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.423 製造業の皆様、在庫管理は実施されていますか? 特…
  7. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.447 『大衆』にはなりたくないよ~! 特集号
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.37 リスクマネージメントノウハウその18 倒産社長の告…
PAGE TOP