メールマガジンバックナンバー

vol.113 崖っぷち企業を再生する跳び箱理論とは何ぞや? 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『借金30億からの逆転!洲山(しゅうざん)レポート』  発行部数11,295部
                        vol.113 2009年5月2日号

「社長に笑顔とパワーを伝授する」喜望大地経営研究会
モットー  「明るく!  元気に!!   前向きに!!!」

「崖っぷち企業を再生する跳び箱理論とは何ぞや?  特集号」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ターンアラウンド・エキスパート(事業再生家)ブラックジャックこと
洲山(しゅうざん)です。

ターンアラウンドとは、方向転換=「事業再生」の意味であり、
洲山流に解説すると、
「このままの方向で進むと絶望の滝壺に落ちるのを
方向転換して、破綻の崖から安全な方向に方向転換すること」
を見事に表現している言葉だと思います!

本号は、

「崖っぷち企業を再生する跳び箱理論とは何ぞや?  特集号」

です。

つい最近不渡り事故からの復活劇を僅か2週間で実現できた
奇跡的な成功例がありました。

4月4日(土)夜中の22時にK社から緊急相談が入りました。

な、なんと!

「4月6日(月)の支払手形決済資金1億4,500万円が、
 得意先の好意でもって前払いいただき
 不渡り回避のはずが、ダメになった(悲!)」

との由???

なんでやねん?   と尋ねると、

メイン銀行の支店長が、
「売掛債権譲渡による融資しており、来月の手形決済資金を確保出来るか?
 保証能力のある法人の保証無ければ、
 今回の得意先の前払いによる入金は、貸付金の回収に充当する!」
との宣告をして、何度頼み込んでも
聞き入れてくれなかった(怒!)との話でした。

そこで、急遽翌日の4月5日(日)の予定を変更して、
早朝6時過ぎから出かけました。

現地に着いて、状況を把握すると
不渡り事故回避不可能であることがはっきりしました。

その理由は、

1.リーマンショック以降の製造業を襲った在庫調整の大波で、
 受注が急減して、今後の資金目途立たない事。
2.その前の戦略ミスで、大損をこいでしまい、
 赤字補てんの為に目一杯の借り入れをして、限界を超えていたこと。

しかしながら、多くの社長が、
このままではやばいなあーーーとは、思いながらも、
やめられない止まらないーーーの世界の住人ですから、
ぎりぎりまで、会社存続を図り、悪あがきをしてしまいます。

4月6日も、本来4月20日振り出しの120日サイトの約束手形を
135日前払い頂くご支援をいただけたのでした。
しかも、前払い資金を銀行から借り入れまでして、
そのK社を救いたかった訳です。

そこまでして救いたかったK社とは、
確かな技術力があり、
しかも社長のお人柄が実直であり、信頼関係があったからです。

かかる経緯の根本原因は、
小型機械で成功して、少し欲が出て、
分不相応な大型機械にチャレンジしたことです。

少しの背伸びではなくて、それは、高下駄を履いて、
竹馬に乗った状態でんなあ?
具体的には、土地を買い、工場を新築して、新品の機械を購入しました。
更に、人員も増強しました。

しかしながら、フライ級のボクサーが
ヘビー級のボクサーに戦いを挑んだ如くに、
コテンパンにライバル企業に叩かれて、
あっという間にノックアウトされました。

すなわち、粗利がマイナスになる惨敗でした。
設計ミス、歩留まりの悪さ、製造失敗等など  最悪の結果でした。

そのリカバリーのために、極端な安値受注で、墓穴を掘ってしまいました。

悔やんでも悔やみきれない大チョンボでした。

しかし、覆水盆に返らずでありますから、
気持ちを切り替えることにしました。

すなわち、「今日からスタート!」の気持ちで
「事業再生」にチャレンジです。

4月6日は、手形受取人様に緊急FAXによるお詫びをしました。

そして、「洲山流会社分割再生スキーム」による
債権者説明会を4月22日に行いました。

幸い約100名の債権者が参加されましたが、異議なく終了できました。

その際に、大変なご迷惑をおかけした債権者の皆様にお伝えした弁済案は、
10年間で2割配当案でした。

また、分割新会社は資金が不足していますから、
前金取引を要請されると立ちいきません。
そこで、信用補完いただける信用力のあるスポンサー企業を
洲山ネットワークで超短期間に見つけられた事もラッキーでした。

何より嬉しい事は、得意先にお詫びと、
「洲山流会社分割スキーム」にて事業再生するので、
引き続きお取引をお願いしましたところ、
皆様「応援するからがんばれ!」と激励されたこと。
そして、心配をかけた社員も
「社長が事業継続するなら、一緒に頑張りたい!」と言ってくれた事です。

苦楽を共にした社員とその家族を路頭に迷わすことを危惧していましたが、
可能な限りの社員を継続雇用できる事になりました。

正に、「地獄に仏」に仏に近づけ、   
「捨てる神あれば、拾う神あり!」の拾う神に近づけたこと 
が、洲山にとっても嬉しいことです。

危機を乗り越え、

明るく!  元気に!!   前向きに!!!
楽しい人生を過ごしましょう!!!!!

さて、どんな困難な状況でも、
経営者が再生の決意ある限り必ず道は拓けます!

洲山のミッション(使命)は、
中小企業の経営者に笑顔と元気と勇気を与えることですから
何らかの原因で落ちこんだり、
パワーダウンしてる場合はお気軽に相談下さい。

なかなか、他人には相談できない借金・負債の問題でお悩みの方も、
お気軽にご相談ください。
洲山のノウハウ・知識・交渉力プラスいろいろなネットワークパワーで、
あらゆる課題が乗り越えられます。

いかなる問題も洲山が解決できない問題はありませんから、
ご相談はお気軽に!

商工ローンからの借入があろうと、手形が不渡りのピンチでも、
借金が30億円超えてても、競売のピンチでも大丈夫です!

智慧とパワーと交渉力で乗り越えられない大波は有りませんから

「捨てる神あれば、拾う神あり!」

ご相談はお気軽に!

───────────────────────────────────
■洲山セミナー
私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生手法としての、「洲山流会社分割セミナー」です。

日時:平成21年6月10日(水)18:30〜19:30
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩3分
   大阪市北区柴田2-4-4 日生ビル新館3F
   OBS会議室
主催:喜望大地経営株式会社 TEL:06-6372-1313
   担当:阿部
講師:事業再生ブラックジャック 洲山(しゅうざん)
テーマ:「会社分割を活用して不況を乗り切る!」

───────────────────────────────────
■お勧め書籍
事業再生のあるべき姿は、売上を増やし、
経費を削減して、利益を上げる事です。
そのためには、ローコストの販促活動を推進しなければなりません。

どうすればよいのか?
お悩みの社長にぴったりの本があり、
すぐにお勉強されることをお勧めします。
それは、(株)ザッツ 社長の米満和彦(よねみつかずひこ)さんが著者の、
「0円販促」を成功させる5つの法則」 1,470円
自信を持ってお勧めしますので、ぜひご購読下さい。

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億701万5千円の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

ご希望の方に無料プレゼント中です。

───────────────────────────────────

■洲山処女作『銀行にカネは返すな!』発売中!(三刷21,000部)

これから先、多くの企業が倒産する!?
銀行への借金返済で夜も眠れない社長に朗報です。
あなたの会社を再生する方法は無限にあります。
倒産、破産の地獄を見る前にお読みください。
机上の空論は一切ありません!

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

豚インフルエンザが気になりますね!
本号は、ミッションインポッシブル並みの困難な課題を解決しました。
本号で開陳しました「洲山流会社分割再生スキーム」のセミナーを
大阪で6月10日に開催しますから、お気軽にご参加ください。
これからも、喜びと望みを持ち、大地に根を生やした企業育成に邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・借金問題・負債問題に関してはお気軽にご相談下さい。

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。
 ⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

───────────────────────────────────
○知人・友人への転送や回覧は自由です。その際必ず全文を改変せずに転送し
 て下さい。
○転載・引用の際には必ず出典を明記して下さい。
○読者投稿を本メルマガでご紹介させて頂くことがあります。その際著作権は
 本メルマガ発行者に属するものとしますので、ご了承の上でご投稿下さい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.204 日本サイセーケイカク 特集号
  2. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.391 商標と特許の情報リサーチ法 特集号
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.12 『ピンチをチャンスに変える』鉄則!「底なしの借金地…
  4. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.130 世界一わかりやすい?オプション解説
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.120 逆行を乗り越える意識改革を稲盛和夫 京セラ名誉会…
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.85 送金手数料を節約するノウハウ開陳! 特集号
  7. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.147 製造業の皆様、会議は建設的ですか? 特集号
  8. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.278 参議院議員年収3,380万円に値する活動を願って…
PAGE TOP