メールマガジンバックナンバー

vol.114 崖っぷち企業を再生する跳び箱理論とは何ぞや? VOL.2 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『借金30億からの逆転!洲山(しゅうざん)レポート』  発行部数13,548部
                        vol.114 2009年6月4日号

「社長に笑顔とパワーを伝授する」喜望大地経営
モットー  「明るく!  元気に!!   前向きに!!!」

「崖っぷち企業を再生する跳び箱理論とは何ぞや? VOL.2 特集号」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

事業再生ブラックジャック洲山(しゅうざん)です。

ターンアラウンドとは、方向転換=「事業再生」の意味であり、
洲山流に解説すると、
「このままの方向で進むと絶望の滝壺に落ちるのを
方向転換して、破綻の崖から安全な方向に方向転換すること」
を見事に表現している言葉だと思います!

本号は、

「崖っぷち企業を再生する跳び箱理論とは何ぞや? VOL.2 特集号」

です。

前回は、不渡り事故不可避と言う絶体絶命の崖っぷち企業が
僅か2週間で事業再生目途立てた事例をご披露しました。

その際の事業再生実現の決め手となったのが、「跳び箱理論です」

皆さまも幼少のみぎりに、
体育の時間で「跳び箱」にチャレンジしたご記憶があると存じます。

昔に戻って、跳び箱を空想の世界で跳んでみましょう!

ステップ1
目標の「跳び箱」をしっかり見ます。

ステップ2
「跳び箱」を跳ぶぞ! と決意します。

ステップ3
「跳び箱」を見事に跳び越えた成功イメージをしっかり思い描きます。

ステップ4
助走をスタートします。

ステップ5
徐々に加速をします。

ステップ6
思い切って「跳び箱」を跳び越えます。

ステップ7
成功イメージ通りに跳び越えた自分に自信を持ち
達成感と応援いただいた学友に感謝します。

では、おまへんか?

「跳び箱」を見事跳び越えるには、上記7つのステップが必要です。

「事業再生」も同じステップです。

ステップ1
「事業再生」するぞ!と明確な目標設定します。

ステップ2
「事業再生」絶対実現するぞ!断固決意します。

ステップ3
「事業再生スキーム」を見事実現した成功イメージをしっかり思い描きます。

ステップ4
準備・段取りをします。

ステップ5
期限を決めて一気に進めます。

ステップ6
思い切って「事業再生スキーム」を断行し実現します。

ステップ7
成功イメージ通りに「事業再生スキーム」を実現した
達成感とご支援いただいた方々に感謝します。

実際の現場では、債権者の皆様のご理解を得る努力が欠かせませんし、
実際の業務をしていただく社員・パート社員の皆様の
ご協力なくしては、実現できません。

最後は、社長の「覚悟」 に尽きるわけです。

古来より、諺(ことわざ)に曰(いわ)く

「断じて行えば鬼神もこれを避く(だんじておこなえばきじんもこれをさく)」
と言うではありませんか。

*決断して、くよくよためらわず、
 勇敢に行えば恐ろしい鬼神でさえも道をよけて通らせる。
 強い決意と勇気で事に当たれば、どんなこともできるということ。
 秦(しん)の趙高(ちょうこう)の言で、
 本来は、悪事を断行する時にいったもの。

*語:鬼神=神秘的な恐ろしい霊魂。
 趙高=丞相(じょうしょう)の李斯(りし)を殺して丞相となり、
 さらに皇帝も殺した悪人。

また、苦難に立ち向かう言葉として

「心頭滅却すれば火も自ずから涼し」の心境に立てば、
如何なる艱難辛苦も耐えられます。

*山梨県甲州市にある恵林寺(えりんじ)の快川和尚の辞世の句。
 武田信玄の菩提寺で、1582年、戦いに敗れて逃亡する
 武田勢の残党が寺に逃げ込んだ所を織田信長が取り囲み、焼き討ちした。
 その時の和尚、快川は信長に逆らって武田残党をかくまい、
 「心頭を滅却すれば、火もおのずから涼し」と言う、
 あの有名な言葉を残して焼き殺された歴史的な場所である。

危機を乗り越え、

明るく!  元気に!!   前向きに!!!
楽しい人生を過ごしましょう!!!!!

さて、どんな困難な状況でも、
経営者が再生の決意ある限り必ず道は拓けます!

洲山のミッション(使命)は、
中小企業の経営者に笑顔と元気と勇気を与えることですから
何らかの原因で落ちこんだり、
パワーダウンしてる場合はお気軽に相談下さい。

なかなか、他人には相談できない借金・負債の問題でお悩みの方も、
お気軽にご相談ください。
洲山のノウハウ・知識・交渉力プラスいろいろなネットワークパワーで、
あらゆる課題が乗り越えられます。

いかなる問題も洲山が解決できない問題はありませんから、
ご相談はお気軽に!

商工ローンからの借入があろうと、手形が不渡りのピンチでも、
借金が30億円超えてても、競売のピンチでも大丈夫です!

智慧とパワーと交渉力で乗り越えられない大波は有りませんから

「捨てる神あれば、拾う神あり!」

ご相談はお気軽に!

───────────────────────────────────
■洲山セミナー
私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生手法としての、「洲山流会社分割セミナー」です。

日時:平成21年6月10日(水)18:30〜19:30
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩3分
   大阪市北区柴田2-4-4 日生ビル新館3F
   OBS会議室
主催:喜望大地経営株式会社 TEL:06-6372-1313
   担当:阿部
講師:事業再生ブラックジャック 洲山(しゅうざん)
テーマ:「会社分割を活用して不況を乗り切る!」

───────────────────────────────────
■お勧め書籍

今日は【プレゼント】があります。

まぐまぐでコーチング部門日本一の日刊メルマガ
「魔法の質問」のマツダミヒロさんが新しい本を出版したのですが、
出版記念でプレゼントを用意してくださいました。

本を買わなくても「特典」がもらえてしまいます!

「やめる力。」マツダミヒロ著(中経出版)
出版感謝プレゼント

やめようと思っていても、
なかなかやめられないことはありませんか?

やめること、が
うまくいく為の第一歩のようです。

やめるための54のヒントが盛りだくさんです。

私も本を読みましたが、あれこれしたいしたいと思いながら
出来ない事がピラミッドになり、
そのうち手がつけられない事態に立ち至りギブアップの数々(悲!)
出来事が多かっただけに、目から鱗の世界を学びました。
要するに、順番を間違ってたわけです。
すなわち、やめる事を先に決める合理的且つ効率的なのですよ!

ぜひ、プレゼントを受け取ってくださいね。

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億701万5千円の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

ご希望の方に無料プレゼント中です。

───────────────────────────────────

■洲山処女作『銀行にカネは返すな!』発売中!(三刷21,000部)

これから先、多くの企業が倒産する!?
銀行への借金返済で夜も眠れない社長に朗報です。
あなたの会社を再生する方法は無限にあります。
倒産、破産の地獄を見る前にお読みください。
机上の空論は一切ありません!

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

本号は、北陸からの帰阪中のサンダーバードの車中にて書いています。
本日は、10行と1公社によるバンクミーティングを開催しました。
前回で開陳しました「洲山流会社分割再生スキーム」のセミナーを
大阪で6月10日に開催しますから、お気軽にご参加ください。
これからも、喜びと望みを持ち、大地に根を生やした企業育成に邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・借金問題・負債問題に関してはお気軽にご相談下さい。

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。
 ⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

───────────────────────────────────
○知人・友人への転送や回覧は自由です。その際必ず全文を改変せずに転送し
 て下さい。
○転載・引用の際には必ず出典を明記して下さい。
○読者投稿を本メルマガでご紹介させて頂くことがあります。その際著作権は
 本メルマガ発行者に属するものとしますので、ご了承の上でご投稿下さい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.430 Next to aisle 特集号
  2. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.178 諦めなければ、事業再生は出来るものです 特集号
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.35 リスクマネージメントノウハウその16 M&…
  4. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.296 新春の決意新たな坂本利秋コラム 特集号
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.126 リース料の支払い猶予 特集号
  6. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.307 外国人労働者受け入れの機会を活かすには 特集号
  7. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.338 ターゲットとなる潜在顧客がどこにどれだけいるかわ…
  8. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.450 宮内正一著「会社を守りたければ売上は上げるな! …
PAGE TOP