メールマガジンバックナンバー

vol.126 リース料の支払い猶予 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『借金30億からの逆転!洲山(しゅうざん)レポート』
         vol.126 2010年4月23日号      発行部数25,456部
「社長に笑顔とパワーを伝授する」喜望大地経営
モットー  「明るく!  元気に!!   前向きに!!!」

「リース料の支払い猶予特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ターンアラウンド・エキスパート(事業再生家)のプロとして、
社長に笑顔とパワーを伝授する喜望大地経営を主宰しています洲山です。

ターンアラウンドとは、方向転換=「事業再生」の意味であり、
洲山流に解説すると、

「このままの方向で進むと絶望の滝壺に落ちるのを
方向転換して、破綻の崖から安全な方向に方向転換すること」
を見事に表現している言葉だと思います!

本号は、「リース料の支払い猶予特集号」です。

喜望大地経営の執行役員であり、
元大手リース会社営業出身の鳥倉大介が語ります。

リース料の支払い猶予について

『中小企業金融円滑化法』により、
中小企業の資金繰りを支えるためのリスケジュールに対して
金融機関は誠実に対応するケースが増えました。
それ以前も金融機関との調整は『私的整理のガイドライン』に準じ、
一定のルール下で可能でした。

しかし、リース会社は『中小企業金融円滑化法』が定める金融機関ではなく、
金融庁の指導監督下でもありません。(経済産業省の指導監督下)
そのためリース会社は、
取引銀行全ての総意のもとリスケジュールによる支援を行っても、
基本姿勢は「リース料が払えないのであれば、物件撤去します」
の一本槍でした。
これが再生の大きな障害となることが、多くありました。

製造業における工作機械や、
運輸業におけるトラックなど
営業に欠かすことのできない資産がリースの場合、
リース料の支払いが企業の存亡に係るケースは多々あります。
リース債務残高が金融機関からの借入と同等か、それ以上の会社の場合、
資金ショート危機を回避する鍵はリース会社が握っています。

しかし、リース会社による協力が得られ無いことが多数ありました。
リース会社も再建への協力や理解を示す可能性は低く、
調整が事実上困難でした。

しかし今回、
平成22年4月16日付け経済産業省が下記のプレスリリースを出しました。
我が国経済の基礎を支える中小企業の経営安定化に向けて、
経済産業省は、リース会社に対し、
中小企業からリースに関する支払猶予や
契約期間延長等の申込みがあった場合には、
柔軟かつ適切な対応を行うよう要請することとしました。
具体的には、社団法人リース事業協会に対し、
所属するリース会社に要請を周知徹底することを求めることとしました。

今後は、この申し入れに対して、リース会社をまとめる
社団法人リース事業協会
http://www.leasing.or.jp/がどのような対応策を発表するのかが期待されます。

2008年4月1日以降に始まる事業年度からリース資産とリース債務は
オンバランスされることとなって以来
(中小企業はオフバランスも選択可など例外規定もある)、
リースにメリットを感じないユーザーが増えリース取扱高は減る一方です。

業界は将来のリース資産減少を前提とした合併や親子会社の整理、
金融グループに準じた業界再編等を行ってきました。

業界が先細る中、
経済産業省の要請とは言えリース業界はどのような対応できるのか、
また、監督力が弱いと揶揄される経済産業省の要請が、
リースの支払い猶予についてどの程度効果が発揮されるのか試されます。

実効性はこれからですが、事業再生の大きな流れとして、
今回の経済産業省の方針は、
リース料負担が重く資金繰り破綻しかねなかった企業には朗報と言えます。

弊社ではリース債務が経営の重大な課題となっている客様に対しても、
これまで様々なソリューションを提案し、
再生に成功した実例を持っております。

今回の経済産業省の要請を根拠とする新たなスキーム構築にも動きます。
リース料負担で資金繰りにお悩みの経営者の方まずはご相談ください。

只今、「5周年謝恩無料経営相談」を実施しています。
東京・大阪の執行役員が丁寧にご相談を承ります。

お気軽に ⇒  0120-59-8686 までご連絡ください。

さて、資金ショートの可能性があり、将来不安な社長には、
一人悩まずに、お気軽にご相談ください。

事業再生に関して、
30億の負債を乗り越えた経験と約300社の事業再生に成功した洲山が、
如何なるご相談にも即決でご回答する面談をお勧めします。

面談は、有料でして、初回面談特典で、31,500円
洲山の著書を読んでいただいた方には、読者特典20,000円です。

また、事業再生スキーム説明する洲山のセミナーを
毎月大阪と東京で開催していますので、
転ばぬ先の杖として、ご参加頂ければ幸いです。
いかなるご質問もお答えする、Q&Aタイムも用意しています。
⇒  https://gmmi.jp/lecture/index.html

洲山が講師を務める「資金調達・経営改革セミナー」です。

最新の事業再生ノウハウを開陳するセミナーですから、
お気軽にご参加下さい。

危機を乗り越え、

明るく!  元気に!!   前向きに!!!
楽しい人生を過ごしましょう!!!!!

「捨てる神あれば、拾う神あり!」

ご相談はお気軽に!

───────────────────────────────────

■洲山セミナー
私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・経営改革セミナー」です。

日時:平成22年5月19日(水)17:30~19:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩3分
   大阪市北区芝田2-4-4 日生ビル新館3F OBS会議室

日時:平成22年5月21日(金)17:30~19:00
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-7-4矢満登ビル3F  ルノアール会議室

日時:平成22年6月9日(水)16:00~17:30
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩3分
   大阪市北区芝田2-4-4 日生ビル新館3F OBS会議室

日時:平成22年6月10日(木)16:00~17:30
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-7-4矢満登ビル3F  ルノアール会議室

主催:喜望大地経営株式会社
   大阪 TEL:06-6372-1313 担当:松原・阿部
   東京 TEL:03-5204-1313 担当:大伴
                  
講師:社長に笑顔とパワーを伝授する事業再生家・洲山(しゅうざん)

テーマ:「資金調達・経営改革セミナー」

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億701万5千円の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

ご希望の方に無料プレゼント中です。

───────────────────────────────────

■洲山処女作『銀行にカネは返すな!』発売中!(三刷21,000部)

これから先、多くの企業が倒産する!?
銀行への借金返済で夜も眠れない社長に朗報です。
あなたの会社を再生する方法は無限にあります。
倒産、破産の地獄を見る前にお読みください。
机上の空論は一切ありません!

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。
今回は、元大手リース会社営業経験者である鳥倉大介執行役員による
実践的なお話を披露いたしました。

今後、旬のネタや経営に生かせるノウハウをどんどん披露しますので、
ご期待下さい!

また、お陰様で5周年を迎えた謝恩の無料経営相談を東京・大阪にて
承りますので、お気軽にご相談ください。
0120-59-8686まで

これからも、喜びと望みを持ち、
大地に根を生やした企業サポートに邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・借金問題・負債問題に関してはお気軽にご相談下さい。

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。
⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 事務局長宛

───────────────────────────────────
○知人・友人への転送や回覧は自由です。その際必ず全文を改変せずに転送し
 て下さい。
○転載・引用の際には必ず出典を明記して下さい。
○読者投稿を本メルマガでご紹介させて頂くことがあります。その際著作権は
 本メルマガ発行者に属するものとしますので、ご了承の上でご投稿下さい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.200 幻冬舎刊『あなたの会社をお救いします-事業再生総…
  2. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.231 とある検察庁に呼び出された物語? 特集号
  3. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.349 資産家の実態とそれに群がる金融マン 特集号
  4. 洲山メールマガジンバックナンバー vo l.44 消費者金融大手の過払い金関連費用は、ナ、ナント1…
  5. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.328 もうはまだなり、まだはもうなり。 特集号
  6. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.165 製造業の皆様、決めたことは、きちっと、ルール通り…
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.187 サービサーをよく知ろう! 特集号
  8. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.176 ABLを知っていれば、資金繰りは廻ります♪♪ 特…
PAGE TOP