メールマガジンバックナンバー

vol.133 窮境状態を乗り越える家族会議 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『借金30億からの逆転!洲山(しゅうざん)レポート』
         vol.133 2010年06月30日号      発行部数28,027部
「社長に笑顔とパワーを伝授する」喜望大地経営
モットー  「明るく!  元気に!!   前向きに!!!」

今回のテーマは  「窮境状態を乗り越える家族会議 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

企業の七転び八起きをサポートするスマイルダルマ・洲山です。

本号は、「窮境状態を乗り越える家族会議の特集号」です。

東京オフィスにクライアントサポートの第一線で活躍している
執行役員の鳥倉大介が熱く語ります。

ターンアラウンド・エキスパート事業再生家・洲山のもと、
日々クライアントの背中をサポートしている喜望大地経営の鳥倉です。

東京オフィスに在籍し、北海道東北関東甲信越で、
現在アクティブな11件の案件をクライアント様と共に
ターンアラウンドすべく日々奮闘しています。

今回は事業再生に取り組む上で、
まず最初におススメしたい『家族会議』がテーマです。

事業再生には、様々な方法論があります。
多くの専門家がそれぞれの立場で、これから事業再生へ挑む社長に対して、
それぞれの方法がベストだとおススメします。

私もコンサルタントとして、
最良のソリューションをご提供したく日夜作戦立案を致しますが、
社長にはそういったスキームの選択以上に
重要な仕事があると私は思うのです。

それが『家族会議』です。
家族と一緒に、社長の会社と社長の人生、
家族の人生設計について大いに打ち合わせてみませんか?

事業再生の経験の多い私も『家族会議』を開いて、
事業再生を決断されてらっしゃる社長は皆無です。

しかし、私が『家族会議』をおススメして
『家族会議』を開いたことは多々あります。

ではなぜ、『家族会議』なんでしょうか。

例え話を1つしてみましょう。

喉頭ガンになり、余命1年です。
手術をすれば声が出なくなりますが、完治する可能性があります。

ただし、転移する可能性もあり根治を約束するものではありません。

父「しゃべれなくなるくらいなら1年を思う存分生きて死にたい」

母「あんた何馬鹿なこと言ってるの、手術して1年でも多く生きて」
(真逆の価値観)

息子「しゃべれなくなったって、筆談やパソコンがあるじゃないか」
(新たな方向性)

娘「新薬が研究されているという話もあるみたいよ。あきらめるのは早いわ」
(将来への希望)

これを事業再生の話にしてみましょう。

資金繰りは持ってあと1年。
今商売をたためば、取引先への迷惑は最低限で済みそうです。

しかし、商売をたたんだ後に、
どのように生活を成り立たせればよいか不安です。

社長「銀行もお金を貸してくれない、商売の調子も悪いし破産を考えている」

母「最後まで頑張ってみなさいよ。
  ダメだったら私のへそくりで
  1年くらいあんたのメシ代くらい出して上げますよ。」

息子「親父はプライドが高いから、
   銀行へリスケジュールをお願いしに行くこともできないんだ。
   頭を下げて返済の見直しをしてもらえば
   1年以上商売が続けられるよ。」

娘「取引先の社長が、
  ジョイントベンチャーで新しくできるショッピングモールに
  出店しないかと言ってるわ。
  うちだけじゃ費用が出ないけど二社で力を合わせて、
  商品力や資本力を補完すればまだ新しい手だって打てるわ。」

経営が行き詰まった社長は孤独な存在です。
創業時は、無尽蔵に湧いた発想の泉も枯渇してしまい、
未来が遮られています。

家族の何気ないアドバイスは、ふっと問題解決の核心をつくことがあります。

家族以外に相談するのは大変なことです。
経営幹部ですら、「社長が悪くてこうなったんですよ」と自分を責める。

従業員に「月末資金ショートしそうだから給料を先延ばししてくれ」
なんて本音は話せない。

銀行にも、「経営をあきらめてしまいそうです」
なんて弱気な発言はできません。

一人孤独に悩んで、弊社にご相談に見える方が多くいらっしゃいます。

弊社としては、豊富な実績から、
貴社の現状に即した貴社だけの再生案を立案し、社長を応援致します。

弊社は社長の参謀役として、
歴戦の財務部長として事業再生のためにありとあらゆる策で支援致します。

しかし、それは仕事においてのパートナーとして側面が強いです。

まず、弊社のアドバイスを元にご自身が決断できたなら、
家族への相談と事業再生の方針説明をしてみませんか?

家族には恥ずかしくて相談できない、
会社に出ると従業員、取引先、銀行など、
全てが敵に見えるようでは、内憂外患もいいところで
そんな状況から事業再生という一大事を成し遂げることは適いません。

まずは、家族くらい説得できないでどうするんですか。

家族も説得できないようでは、
外にあふれる難題を誠意と合理性を武器に解決していくというのは困難です。

家族と向き合うことで
思わぬ支援を得られた社長を私はたくさん知っています。

・実家を助けに帰ってくると、息子や娘が帰ってきた。
・家計にお金が入れられないほど行き詰まったが、
 息子が月々の住宅ローンを払ってくれた。
・これで最後と妻が虎の子と蓄えを出してくれた。
・家計を支えると専業主婦の妻が勤めに出てくれるようになった。
・自分たちにできることは、何かないかと考えてくれた。
・家に帰ると家族が優しく接してくれるようになった。
・離婚の危機が解消した。

逆に何にこだわっていたんだろうと身軽になった社長も知っています。

・親父から引き継いだ会社はつぶせない!と思っていたが
 親父さんはつぶしても良いと言った。
・息子に絶対会社を継がせるんだ!と考えていたが、
 息子は継ぐ気はないと言った。
・おまえたちを誰がくわせてるんだ!と怒鳴ると、
 身内から借金するくらいなら会社をたたんで勤めに行ってと言われた。
・自己破産すると娘が嫁に行けないと気にかけていた。
 娘はそんな小さい事、気にする男は選ばないと笑った。
・仕事が生き甲斐だから続けたいと言ったら、
 もう年金で生活できるだし健康が心配だから商売を止めてと言われた。

こういう話だけでなく、現実は奥様、息子、娘全てが
連帯保証人に加わっている借入をしている会社もあります。

そういう状態では、コミュニケーションができなくなると終わりです。
意志決定ができず、守るも攻めるも、引くも進むも適わなくなります。

末期の社長は、家族には「とにかく俺の言う通りにやればいい」と繰り返し、
破産に向けてひた走るしかありません。

さて、『家族会議』してみたくなりましたでしょうか?

私は、中堅中小企業の事業再生には必須な要素だと思います。

会議室ではなく、居間や、こたつ、台所で固まる絆がそこにはあります。
その絆が事業再生を実現する真の原動力となります。

只今、「5周年謝恩無料経営相談」を実施しています。
東京・大阪の執行役員が丁寧にご相談を承ります。

お気軽に ⇒  0120-59-8686 までご連絡ください。

さて、資金ショートの可能性があり、将来不安な社長には、
一人悩まずに、お気軽にご相談ください。

事業再生に関して、
30億の負債を乗り越えた経験と約300社の事業再生に成功した洲山が、
如何なるご相談にも即決でご回答する面談をお勧めします。

面談は、有料でして、初回面談特典で、31,500円
洲山の著書を読んでいただいた方には、読者特典20,000円です。

また、事業再生スキーム説明する洲山のセミナーを
毎月大阪と東京で開催していますので、
転ばぬ先の杖として、ご参加頂ければ幸いです。
いかなるご質問もお答えする、Q&Aタイムも用意しています。

洲山が講師を務める「資金調達・経営改革セミナー」です。

最新の事業再生ノウハウを開陳するセミナーですから、
お気軽にご参加下さい。

危機を乗り越え、

明るく!  元気に!!   前向きに!!!
楽しい人生を過ごしましょう!!!!!

「捨てる神あれば、拾う神あり!」

ご相談はお気軽に!

───────────────────────────────────

■洲山セミナー
私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・経営改革セミナー」です。

日時:平成22年7月6日(火)or7月14日(水)いずれも16:00~17:45
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩3分
   大阪市北区芝田2-4-4 日生ビル新館3F OBS会議室

日時:平成22年7月15日(木)or7月22日(木)いずれも16:00~17:45
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-7-4矢満登ビル3F  ルノアール会議室

主催:喜望大地経営株式会社
   大阪オフィス TEL:06-6372-1313 担当:松原・阿部
   東京オフィス TEL:03-5204-1313 担当:大伴・鳥倉

講師:社長に笑顔とパワーを伝授するスマイルダルマ・洲山(しゅうざん)

テーマ:「資金調達・経営改革セミナー」

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億701万5千円の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

ご希望の方に無料プレゼント中です。

───────────────────────────────────

■洲山処女作『銀行にカネは返すな!』発売中!(三刷21,000部)

資金繰りが心配で夜眠れない社長に
安心して、熟睡できる物の見方・考え方・ノウハウ満載です。
あなたの会社を再生する方法は無限にあります。
倒産、破産の地獄を見る前にお読みください。
机上の空論は一切ありません!

───────────────────────────────────

■お勧め書籍  小池真由美著「スピーキング英文法」

洲山の目標設定の一つに「英会話を話せる」があります。
そんな目標達成に近づける素晴らしい本が
フォレスト出版から発刊されました。

著者は、友人の小池真由美さんです。「スピーキング英文法」1,500円税別
-あなたが離せないのは、話す英文法を知らないから!

小池さんは、24歳にて通訳者となり、イベント通訳者・建設会社
現場通訳者として勤務。また29歳より、東京大学研究員等の経験豊富です。
スピーキング英文法のCDもついています。

30日中にアマゾンで購入されると特典が満載です。

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

尊敬する福島正伸先生に弟子入りして、「究極のコンサルタント養成講座」
のファイナル研修が今夜開催されます。

6回15時間の濃密な学びを今後のコンサル活動に活用し、
域経済の発展に寄与したいと願っています。

ご質問あれば、お気軽に本メールに返信ください。

また、お陰様で5周年を迎えた謝恩の無料経営相談を東京・大阪にて
承りますので、お気軽にご相談ください。 ⇒ 0120-59-8686まで

これからも、毎日の仕事に喜び、将来に明るい望みを持ち、
大地に根を生やした企業サポートに邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。
⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.382 東京マラソン応援レポート 特集号
  2. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.155 破産覚悟から人生逆転し、資産1億円作った男に学ぶ…
  3. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.449 製造業の皆様、ジョブローテーション、多能工化を実…
  4. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.160 製造業の皆様、会議は建設的ですか?part3 特…
  5. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.135 製造業の皆様、予算を作成していますか?を考える …
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.200 幻冬舎刊『あなたの会社をお救いします-事業再生総…
  7. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.140 私の財務諸表 特集号
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.18 『ピンチをチャンスに変える』鉄則!「連帯保証債務地…
PAGE TOP