メールマガジンバックナンバー

vol.139 都銀が我が社にやって来た 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『借金30億からの逆転!洲山(しゅうざん)レポート』
         vol.139 2010年08月16日号      発行部数28,093部

「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主・洲山
モットー  「明るく!  元気に!!   前向きに!!!」

今回のテーマは「都銀が我が社にやって来た 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

社長に笑顔と勇気を与え続ける! 悩める社長の救世主・洲山です。

お盆は、いかが過ごされましたか?

洲山は、亡祖母50回忌法要と亡父23回忌法要を行いました。
終戦記念日の8月15日に行うので、
前日に奈良にいる姉ファミリーと名古屋にいる妹ファミリーが揃い
久しぶりに阿波踊り見物を楽しみました。

紺屋町の桟敷は、洲山が日本JC経営開発委員会に出向し、
塾長を務めていた折に家族会を企画し、
生まれて初めて、下手な阿波踊りを披露した(汗!)、思い出の桟敷場です。

かれこれ、20年ぐらい前の若かりし頃の楽しい思い出です。

今回は、見るあほうに徹しましたが、見ながら気がつきました。
当たり前ですが、プロの踊り手と素人の踊り手は、段違いですね!!!

そこで、一句 「見るあほう 感動させる プロの技」

洲山も、クライアントの皆様の期待を大きく上回るプロの技を
披露できるように精進しようと決意しました。

さて、本号は、 東京オフィスにて活躍中の鳥倉執行役員が熱く語ります。

『我が社に都銀がやって来た』

都銀(都市銀行=全国展開している大手銀行)との取引を
ステータスに感じる社長がいます。

『都銀の手形帳は気持ちいいねぇ、
 受取先も割り引きやすくて幸せだろう』

と私は社長に話しかけられたことがあります。

果たしてそうでしょうか?
都銀の手形だから割り引きできる訳ではありません。

確かに、都銀との取引は気持ちいいかもしれません。
 ・通帳のデザインも凝ってますよね。
 ・証書貸付の契約書の紙質も心なしかいい気がします。
 ・支店網も厚く、駅ごとにATMがあって便利ですよね。
 ・応接室もきれいです。

でも、本当にメイン行として都銀を選ぶことが良いのでしょうか?

私の簡略的な判断基準ですがメイン行とは、

 ・借入額が一番多い。
 ・預金額が多い。
 ・入金口座として指定している。
 ・手形振出用の当座口座がある。
 ・主要資産(本社土地建物等)の第一抵当権を差し出している。

と考えていただければほぼ間違いないです。

自社の取引金融機関をこのチェックして、
メイン行を判断してみてください。

都銀は売上10億円以下の企業は、
まともに取引先対象として見ていません。

売上規模が低い会社には、
貸し込めないため融資額が増えないからです。

以外に理解されていませんが、10億円貸すのも、
1000万円を貸すのも銀行員の手間は大きく変わりません。

むしろ10億円貸せる会社には、
財務部があり、監査も受けていたり、
資料もきっちりしているので貸しやすいですが、
1000万円貸せるかどうかの会社は、試算表すらない場合もありますし、
企業規模が小さく、体力がないので倒産リスクも高いです。

案件取り上げに手間が非常に掛かかる上に、
事後フォローも必要なやっかいな先扱いなんです。

そのため都銀は1000万円貸せるかどうかの会社への対応は
なるべく避けますし、
どうしてもやる場合は新人行員の勉強用として保証協会付ならやろうか、
大企業の子会社ならやろうか、既存取引先ならやってやるか
という感覚なので対応が悪いケースが多いです。

というわけで、
売上10億円以下の会社が都銀をメインにしても、
実質的なメリットは少ない例が多いです。

私がかけだし金融マンだった平成15年(2003年)頃のことです。
都銀が今まで取引相手と見なしていなかった
『売上10億円以下』の企業へ貸し込み始めたのです。

当時は貸し渋り問題が声高に叫ばれており、
金融庁は地域密着型金融(リレーションシップ・バンキング)の
取り組みを提唱し2003年度から貸し渋り対策のとして、
スコアリングモデル融資を積極的に取り組むように打ち出しました。

都銀も金融庁の打ち出しに呼応するようにして
スコアリングモデル融資を開始しました。
いわゆる『ビジネスローン』と言われる商品を打ち出しました。

融資スコアリングモデルとは、
・決算書三期分あれば貸出先の財務情報に基づいて、
 貸出の返済の信用を評価。
・財務情報や定性情報を組み合わせた企業情報データベースを駆使し
 コンピューターにより倒産リスクを推定し自動的に与信判断を行う。
・与信に要する時間の短縮や、正確さ向上を図る。一週間程度で返答可能。
・プロパー融資最大3,000万円。その後5,000万円に拡大。
・金利は6%前後
機械的にミドルリスクミドルリターンのビジネスを行おうとしたものです。

日本の中小企業の多くは、粉飾決算といわれかねない、
ギリギリの決算内容のところが多いですが、
そんなギリギリの決算書でも
3,000万円(その後5,000万円)まで借りられたのです。

皆さんもご存知のように
これにより都銀も大きな不良債権の山を築くことになりました。

スコアリングモデル融資の失敗の代表例として、
『新銀行東京』の事例はご記憶にあるのではないでしょうか。

健全な企業も不要な借入をすることにより、
急に方向転換し加速度を上げて倒産にひた走ることがあります。

この都銀の積極的な営業活動によるスコアリングモデル融資で
必要の有る無しにかかわらず貸し込まれた会社は多く、
この融資がきっかけで関連性のない新規事業を興したり、
過大な設備投資をした企業も非常に多かったです。

しかも原則3年返済の短期融資ですから、
返済負担が相当重荷になる例が多かったようです。

結果として、少なくない会社が潰れ、
不良債権となりました。

地銀や信金はたまったものではなくて、
自分たちが丁寧に育てて健全な財務内容を維持していた先が、
どんどん都銀に攻略され、メインだった自行を超える
融資残高の都銀がどんどん出始めました。

しかも、都銀はその会社へは
コンピューターによる自動審査で思い入れもなく、
元来収益性から見ると間尺に合わない先であり、
どんどん不良債権としてサービサーに債権を転売したり、
事務手間削減のため対応拠点を一元化したり処理モード全開になりました。

金融円滑化法前は、スコアリングモデルによる融資先へは
リスケジュールの依頼にも適当な対応だったり、拒絶したり、
与信リスク見合いと強烈に金利上げを行ったりしました。

現在も、
売上10億円以下の中小企業なのに都銀と取引がある会社は、
だいたい過去のスコアリングモデル融資の置き土産であり、
返済や利払いが多額で苦しんでいることが多いです。

既にサービサーに回されて、
サービサーとの話し合いに苦しんでいることも多いです。

弊社では、過去のスコアリングモデル融資により、
経営が傾いた企業や、不良債権として扱われている企業の
お手伝いをすることも多いです。

2008年4月に金融庁は、スコアリング融資を積極的に推奨することをやめ、
現在、同様の商品があるという話は聞きません。

弊社は財務の立て直し戦略を立案し、
経営改善を志す社長のお手伝いが得意です。

さて、資金ショートの可能性があり、将来不安な社長には、
一人悩まずに、お気軽にご相談ください。

事業再生に関して、
30億の負債を乗り越えた経験と約300社の事業再生に成功した洲山が、
如何なるご相談にも即決でご回答する面談をお勧めします。

面談は、有料でして、初回面談特典で、31,500円
洲山の著書を読んでいただいた方には、読者特典20,000円です。

但し、有料面談の前に、お気軽にご相談いただける
5周年謝恩無料経営相談を承っています。
お気軽に ⇒  0120-59-8686 担当:阿部・松原にご相談ください。
所定の相談フォームにご記入いただいて、その後大阪と東京にて、
経営コンサルタント(弊社執行役員)が相談に応じています。

また、資金調達と事業再生スキーム説明する洲山のセミナーを
毎月大阪と東京で開催していますので、
転ばぬ先の杖として、ご参加頂ければ幸いです。
いかなるご質問もお答えする、Q&Aタイムも用意しています。

洲山が講師を務める「資金調達・事業再生セミナー」です。

最新の事業再生ノウハウを開陳するセミナーですから、
お気軽にご参加下さい。

危機を乗り越え、

明るく!  元気に!!   前向きに!!!
楽しい人生を過ごしましょう!!!!!

さて、どんな困難な状況でも、
経営者が再生の決意ある限り必ず道は拓けます!

洲山のミッション(使命)は、
中小企業の経営者に笑顔と元気と勇気を与えることですから
何らかの原因で落ちこんだり、
パワーダウンしてる場合はお気軽に相談下さい。

なかなか、他人には相談できない借金・負債の問題でお悩みの方も、
お気軽にご相談ください。
洲山のノウハウ・知識・交渉力プラスいろいろなネットワークパワーで、
あらゆる課題が乗り越えられます。

いかなる問題も洲山が解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

商工ローンからの借入があろうと、手形が不渡りのピンチでも、
借金が30億円超えてても、競売のピンチでも大丈夫です!

智慧とパワーと交渉力で乗り越えられない大波は有りませんから

「捨てる神あれば、拾う神あり!」

ご相談はお気軽に!

───────────────────────────────────

■喜望大地経営 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー
私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・事業再生セミナー」です。

日時:平成22年8月18日(水)or9月15日(水)16:00~17:45
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩3分
   大阪市北区芝田2-4-4 日生ビル新館3F OBS会議室

日時:平成22年8月19日(木)or9月9日(木)16:00~17:45
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-7-4矢満登ビル3F  ルノアール会議室

主催:喜望大地経営株式会社
   大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:松原・阿部
               フリーコール:0120-59-8686

講師:社長に笑顔と勇気を与え続ける!事業再生家・洲山(しゅうざん)

テーマ:「資金調達・事業再生セミナー」

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億701万5千円の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

ご希望の方に無料プレゼント中です。

───────────────────────────────────

■洲山処女作『銀行にカネは返すな!』発売中!(三刷21,000部)

資金繰りが心配で夜眠れない社長に
安心して、熟睡できる物の見方・考え方・ノウハウ満載です。
あなたの会社を再生する方法は無限にあります。
倒産、破産の地獄を見る前にお読みください。
机上の空論は一切ありません!

───────────────────────────────────
■洲山お勧め書籍のアマゾンキャンペーンのお知らせ

真の事業再生とは、人財を育成し、
売上を上げ利益を増やし、借金を返済する事。
そこで、洲山はマーケティング・販売促進のお勉強をしています。
経費をあまりかけずに飛躍的に売上UPして、しっかり儲けたい社長に、
具体的なお勧めの新刊が、
中山マコト先生著書であさ出版から販売されました。
表紙は、武田双雲さんの書による「名前買いを起こせ」 定価1,400(税別)
この書は、お勧めです。
バカ売れシリーズに次ぐベストセラ―になるでしょう。
なぜならば、劇的に売上をUPさせるノウハウ満載だからです。
8月19日(木)20日(金)の二日間アマゾンキャンペーンで、特典一杯です。

特典は、下記の3点です。

◆中山マコトの名前論!あなたの名前は大丈夫ですか?(30分完全語り下ろし)

◆中山マコトの読書術!読んだ本は閉じるな!(30分完全語り下ろし)

◆『中山マコトの個人アドヴァイスが受けられます!』(抽選により)

───────────────────────────────────
■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

本年5月から地元関西での中小企業経営の活性化策を模索していましたが、
この度世話人・運営スタッフの参画を得て、
関西経営者倶楽部を発会する運びとなりました。

その記念すべき発会式セミナーを
来る9月13日(月)17:00~20:00開催します。
場所は、大阪市本町にある重要文化財「綿業会館」です。
⇒ http://www.mengyo-club.or.jp/ 
講師は、本会の会長であり、
10億円の赤字企業を僅か5年間で5億円の黒字企業に再建した
体験談を熱く語る滋賀ダイハツオーナー兼ゴトウ経営社長の後藤昌幸です。
先が見えにくい経済状況の中で
しっかり儲かる秘訣を惜しみなく開陳します。
是非ご参加ください。

さて、北海道から沖縄まで全国区でサポートしています。
ご質問あれば、お気軽に本メールに返信ください。

これからも、毎日の仕事に喜び、将来に明るい望みを持ち、
大地に根を生やした企業サポートに邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。
⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.315 事業経営における『失敗学』を考える 特集号
  2. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.157 預金解約のススメ 特集号
  3. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.349 資産家の実態とそれに群がる金融マン 特集号
  4. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.427 初心者先生?そらあかんで~! 特集号
  5. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.407 出口戦略の主導権を握ろう!の巻 特集号
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.88 鬼塚喜八郎 失敗の履歴書に学ぶ! 特集号
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.106 一年の計は、元旦にあり! 特集号
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.92 大事な不動産を如何に守るか?の考察 特集号
PAGE TOP