メールマガジンバックナンバー

vol.146 差押えがやってくる!さぁ大変や!どないしょう!!(給料編) 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『借金30億からの逆転!洲山(しゅうざん)レポート』
         vol.146 2010年10月6日号      発行部数28,197部

モットー  「明るく!  元気に!!   前向きに!!!」

今回のテーマは「差押えがやってくる!さぁ大変や!
        どないしょう!!(給料編) 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」ことが天職の
悩める社長の救世主・洲山です。

月曜日は、13:30に緊急TELが入りました。
今日の手形決済を忘れており、不渡りのピンチ(驚!)
あんれまあ!
そこで、対応策を携帯メールにて伝授しました。

結果、不渡り危機を乗り越えられました。(嬉!)

その後、大阪市内の所用を済ませ、九州に新幹線にて向かいました。
九州のクライアントが、急ぎの用事がすむまで現地オフィスにてスタンバイ。
最終的には、込み入った打合せが終了して、
予定外の宿泊でチェックイン25時。

翌日は、5:30起床して、6:00始発の新幹線にて帰阪しました。
あわただしい一日でしたが、
洲山の知識とノウハウで、不渡り回避成功は、嬉しいです。

さて、本号は、大阪オフィスにて、活躍している常務執行役員の神崎和也が、
こてこての大阪弁にて、
差押リスクのある経営者の心情をストーリー化しました。

『差押えがやってくる!さぁ大変や!どないしょう!!(給料編)』
(リアル大阪弁 独白Version)

もっ、もうあかん!!!!!

大阪の片隅で、従業員5名(と言っても、社長(私)、嫁はん、息子、おとん、
35年前から働いてもらっているかずやん)の家族で38年前から肩を寄せ合って
金型工場を経営してきたんやけど、一昨年のリーマンショック以来
全く注文が入ってけえへんようになって、もうわやくちゃになってもうた!

20パーや25パー落ちるンはなんとか気合と根性で乗り切って見せるけど
80パーも落ちたら、もうどうしようもないで!
どないせぇっちゅうねん!! ボケ

A信用金庫からの借入金は『期限の利益の喪失』とかゆうて、
保証協会の代位弁済となってしもたから、
まぁこれはなんとか保証協会に泣きついて負けてもらうとして、
B銀行はなんや『サービサー』たらゆうとこへ債権を売ったから
もう社長とことは関係ありまへんとか担当の宮内さんが
やたら嬉しそうに言いに来よったし、これからどうなんねやろ。
息子も連帯保証人にさせられてるし、家も工場も担保に取られてるし、、、

そうや、自慢のゴールドカードや緑や赤や青やもう何が何か分からんくらい
作って借り倒したカードローン、キャッシングももうこれ以上返されへん。
ていうか借りられへん・・・・・・・・

先月10日になんとかかき集めて返したのに、昨日ATMで出そうとしたら
『このカードはお取り扱い出来ません。係員にお尋ね下さい。』とか
機械の分際で偉そうに指図しやがって、、、、
聞いたがな、横にある電話で、やたら元気で愛想のええ姉ちゃんに、

何!総量規制!そんなもん知るか!聞いてない!
新聞に書いてある? 新聞なんか半年前から取ってないわい!
思いっきり怒ったったけど、どうにもなれへんかった。
たまらんな、、、、、

でも、昨日純喫茶Yで見た夕刊フジにこのサラ金も潰れたって載ってたな。
ざまぁみぃ、そやけどあのダンサーらはどうなんねやろ。
ジャズダンスの先生にでもなったんかな。
ええ仕事見つかったらええんやけど、、、、、、

とか何とかゆうてるうちに、アルファベット3文字や4文字の
カード会社から法的手段に訴えるって通知が来てもうた。
差押えとか何とか書いてあるし、えらいこっちゃ、

これからどうなねやろ、、、、、、、
だれか教えて、、、、お願い、10円やるから、、、、

『大丈夫だよ!社長さん。僕に任せて!』

な、なんやこいつは

『僕は東京の事業再生コンサルタントだよ。
 CTPっていうこじゃれた資格も持っているし、
 事務所も東京駅から徒歩3分なんだよ!僕に任せてくれたら安心さ。
 大丈夫、大丈夫、僕に出来ない事なんて無いんだから。』

突然、俺の夢枕に立った変に爽やかな男が喋り出した。
俺の頭おかしなったんちゃうやろか。
そやけど、取り敢えず最後まで喋らしてみよ。

『銀行のカードローンや、クラサラのキャッシングは無担保融資だから
 あまり気にしなくていいよ。電話が何度も何度もかかってきたり、
 督促状なんかが沢山来るけど、その段階ではまだ大丈夫だよ。
 社長さん、お元気ですかの挨拶程度に考えておいていいよ。』

『そんなん放っておいたら、ややこしい事になんのんちゃうの?
 この前も面倒臭いから電話に出えへんかったら電報打って来よったで』

『電話には出てくださいね。何も悪い事をしてるんじゃないんだから、
 ただ借りたお金が返せなくなっただけの純粋な経済行為ですから
 正々堂々と誠意を持って借りた金は返せん!と言ったほうがいいよ。』

『給料とか差押えされへん?』

『社長の役員報酬は給料と違って全額差し押さえられちゃうよ。
 正確には総支給額から、社会保険料、税金関係を控除した残額を
 全部差押えられちゃうんだよね。残念。』

『えぇっ! ほんだらどないやって生活したらええねん。』

『だから、僕に任せてって言ったでしょ。
 色々と方法はあるからさ。
 先ずはお父さんや奥さん、息子さんの状況を教えてよ。』

『おとんと嫁が役員で息子はただの従業員。
 連帯保証人には全員がなってる。』

『給料は幾ら?』

『俺は月40万円 おとん15万円 嫁15万円 息子25万円やったと思う。』

『先程も言ったけど、役員報酬は全額差し押さえられちゃう可能性が
 あるから、お父さんと奥さんは役員から外した方がいいよ。』

『でも、連帯保証人として追っかけてけえへんの?』

『話は最後まで聞いてよ。
 勿論それだけでは不十分だよね。
 先ず、社長の役員報酬は経営責任を取って【0円】にして下さい。
 お父さんと奥さんは役員から外して従業員として働いて頂きます。
 息子さんは現状通り従業員でいいでしょう。
 そして、給料の額をお父さん、奥さん、息子さん3人とも
 同額の33万円にしちゃいましょう。
 これで世帯収入は以前とほぼ同じになるよね。』

『そんなことして何が変わるン!一緒ちゃうの。』

『民事執行法152条により、給与から社会保険、税金等を控除した額の
 3/4(3/4が政令で定める額(現在33万円)を超える場合は越えた分全額)が
 差押え禁止になってるんだよ。
 具体的に言うと、今のままでは社長分50万円
 その他3人で13万円の合計63万円が差し押さえられるけど
 社長の役員報酬を0にして他3人の給料を変更したら最高でも
 差押えられる金額は25万円程度と38万円位も低くなるんだよ。
 すごいでしょ。

(実際の差押え額は、社会保険料、税金の控除の額によって
もう少し低くなります。)

 その金額でも差押されると生活できない場合は、
 「縮減の訴え」を裁判所に提訴して、差押額を減額する可能性もあります。
 裁判に関する事は、弁護士か司法書士のアドバイスを受けて行動してね!

 日本憲法第25条全ての国民は文化的で
 健康的な最低限度の生活を営む権利を有する。
 って書いてあるんだから国が保証してくれているんだよ。
 安心していいよ。』

『それやったら何とか生活していけるな。
 でも、家や工場はどうなんねやろ。競売とかになんねやろな。』

『それは、また今度話をしようよ。大丈夫だよ!何とかなるよ。
 いや、僕達が何とかするよ。出来ない事なんて無いんだから!
 今、無料相談を受け付けているから遠慮なく申し込んでね。
 じゃ、頑張ってね。』

『せやな!何とかなるわな。って言うか悩んでてもしょうないし、
 成る様にしかならん、明るく、元気に、前向きにって誰か言うてたし、、』

さて、資金ショートの可能性があり、将来不安な社長には、
一人悩まずに、お気軽にご相談ください。

事業再生に関して、
30億の負債を乗り越えた経験と約300社の事業再生に成功した洲山が、
如何なるご相談にも即決でご回答する面談をお勧めします。

面談は、有料でして、通常52,500円ですが、
洲山の著書を読んでいただいた方には、読者特典20,000円です。

但し、有料面談の前に、お気軽にご相談いただける
5周年謝恩無料経営相談を承っています。
お気軽に ⇒  0120-59-8686 担当:阿部・松原にご相談ください。
所定の相談フォームにご記入いただいて、その後大阪と東京にて、
経営コンサルタント(弊社執行役員)が相談に応じています。

また、資金調達と事業再生スキーム説明する洲山のセミナーを
毎月大阪と東京及び各地で開催していますので、
転ばぬ先の杖として、ご参加頂ければ幸いです。
いかなるご質問もお答えする、Q&Aタイムも用意しています。

洲山が講師を務める「資金調達・事業再生セミナー」です。

最新の事業再生ノウハウを開陳するセミナーですから、
お気軽にご参加下さい。

危機を乗り越え、

明るく!  元気に!!   前向きに!!!
楽しい人生を過ごしましょう!!!!!

さて、どんな困難な状況でも、
経営者が再生の決意ある限り必ず道は拓けます!

なかなか、他人には相談できない借金・負債の問題でお悩みの方も、
お気軽にご相談ください。

いかなる問題も洲山が解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー
私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・事業再生セミナー」です。

日時:平成22年10月13日(水)と20日(水) 16:00~17:45
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩3分
   大阪市北区芝田2-4-4 日生ビル新館3F OBS会議室

日時:平成22年10月8日(金) 16:00~17:45
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-7-4矢満登ビル3F ルノアール会議室

日時:平成22年10月21日(木) 16:00~17:45
場所:JR線『名古屋駅』桜通口徒歩2分 ウインクあいち
   名古屋市中村区名駅4-4-38
   TEL:052-571-6131

日時:平成22年10月27日(水) 16:00~17:45
場所:JR『仙台駅』中央改札徒歩2分
   仙台市情報・産業プラザ(仙台駅中央改札徒歩2分)
   仙台市青葉区中央1丁目3番1号(AER5階、6階)
   TEL:022-724-1200

主催:株式会社喜望大地
   大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:松原・阿部
               フリーコール:0120-59-8686

講師:社長に笑顔と勇気を与え続ける!
   悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)

テーマ:「資金調達・事業再生セミナー」

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億701万5千円の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

ご希望の方に無料プレゼント中です。

───────────────────────────────────

■洲山処女作『銀行にカネは返すな!』発売中!(三刷21,000部)

資金繰りが心配で夜眠れない社長に
安心して、熟睡できる物の見方・考え方・ノウハウ満載です。
あなたの会社を再生する方法は無限にあります。
倒産、破産の地獄を見る前にお読みください。
机上の空論は一切ありません!

───────────────────────────────────

■洲山お勧めセミナー
関西経営者倶楽部主催
「交流会で売上を2倍にする社長の営業法」
人脈を収益に変えるノウハウ伝授!

日時:2010年10月19日(火曜日) 16:30受付 17:00~20:00(交流会含む)

第1部(60分) 講師:早川周作先生 プロFP JAPAN社長

日本最大の規模を誇るベンチャー記号交流会
「ベンチャーマッチング交流会」を主宰。
2年間で、全国10カ所延60回以上の交流会を開催。
約5,500社の参加企業と語る中で、交流会を活用してマッチング成功し、
結果として売上を大きく伸ばす社長の共通点を発見。
今回、その成功する心構えと行動ルールを惜しみなく開陳します。

第2部(120分) 交流会
講師:早川先生・後藤昌幸会長と参加メンバーとの名刺交換会

参加メンバーの特徴を記載した名簿を基に、
運営スタッフが積極的な交流を推進します。
参加料 6,000円です。
紹介者欄に、洲山メルマガとご記入ください。

───────────────────────────────────
■お勧め新刊 東川仁著 「90日で商工会議所からよばれる講師になる方法」

今日は、商工会議所のセミナー講師になりたい方に是非読んで
頂きたい本のご紹です。

「90日で商工会議所からよばれる講師になる方法」

この本の著者の東川(ヒガシカワ)さんは、洲山の友人であり
「ノウハウの囲い込みは絶対しない!」という強い信念の持ち主でして、
いつも「こんなノウハウを教えて貰っていいの?」って思っちゃうほど、
全てを教えてくれます。

東川さんは、勤めていた金融機関の破綻で、「カネなし」「資格なし」
「人脈なし」「経験なし」の状況で経営コンサルタントとして独立。

独立当初は、東川さんのことを知っている人は皆無でした。
彼は、ないないづくしのハンデを埋め、
当時の自分の能力をアピールするために
毎週1回以上の自主セミナーを1年以上実施し続けました。
そういった地道な活動が実を結び、まず講師としてリクルートの
「アントレ」という雑誌から呼ばれたのです。
それからだんだんと、多方面よりセミナー講師の依頼が入り始めました。

そこから、依頼される講師のメリットを知り、
「いかに講師としてオファーをもらえるようになるか」を研究し、
アプローチのノウハウや企画書のブラッシュアップを続けた結果、
年間20回程度だった「依頼による」セミナー・研修・講演が、
3年で年間150回以上に増えるといったノウハウを確立されたのです。

東川さんは言います。
「私も独立してはじめの3年は、100円のジュースを買うのにも
「もったいない」と思うような生活をしていました。
自分の資金が尽きるギリギリのところで、何とか間に合いましたが、
同じような苦労を、これから志をもって頑張ろうとしている
士業・コンサルタント・コーチ・講師等専門家の方たちに
経験してほしくない、という想いで、この本を書いたのですよ。」
と。

そんな東川さんの【想い】と【ノウハウ】の詰まった、この
「90日で商工会議所からよばれる講師になる方法」をお勧めします。

本日6日(水)中にアマゾンで購入すると、お得な特典つきの
アマゾンキャンペーン実施中です。
この本にご興味のある方は、
この期間に買われるとすごいメリットがついてます。

「90日で商工会議所からよばれる講師になる方法」(同文舘出版)

───────────────────────────────────
■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

今週は、8日に東京セミナー皮切りに、
大阪2回と名古屋開催と仙台開催をします。

毎回セミナー内容は、バージョンアップを繰り返して、
より分かりやすい内容に工夫しています。

再受講を御希望の方には、
1,000円の再受講特典を設けますので、復習兼ねてご参加ください。

近隣の本メルマガ愛読者の方とお目にかかれる事を楽しみにしています。

さて、北海道から沖縄まで全国区でサポートしています。
ご質問あれば、お気軽に本メールに返信ください。

これからも、毎日の仕事に喜び、将来に明るい望みを持ち、
大地に根を生やした企業サポートに邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。
⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.453 祝増刷!!!宮内正一著『会社を守りたければ売上は…
  2. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.357 金融庁ニュース解説と銀行との付き合い方 特集号
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.288 政治が動き、金融庁が動き、銀行が走る 特集号
  4. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.123 資金調達と経営改善セミナー 特集号
  5. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.264 ネット上の風評被害対策 特集号
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.91 会社再建か? 事業再生か? の考察 特集号
  7. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.327 そろそろ保証人から外してよ大作戦の巻~(^^)/…
  8. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.311 『中小企業生支援協議会』活用のススメ 特集号
PAGE TOP