メールマガジンバックナンバー

vol.156 為替デリバティブで致命傷を負っていませんか? 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『借金30億からの逆転!洲山(しゅうざん)レポート』
         vol.156 2010年12月15日号      発行部数28,159部

モットー  「明るく!  元気に!!   前向きに!!!」

今回のテーマは
「為替デリバティブで致命傷を負っていませんか? 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」 悩める社長の救世主・洲山です。

来週火曜日21日に洲山が代表世話人を務めています関西経営者倶楽部例会で、
東京の観光バスとして有名な、はとバス元社長宮端清次先生を講師に迎え、
「はとバスをV字回復させた社長の習慣」を熱く語っていただきます。

宮端先生は、4年連続赤字で倒産寸前の危機を僅か1年で黒字化実現し、
70億円もの巨額借金を僅か4年で完済すると言う離れ業実現!

この習慣が「瀕死の会社」を「最強軍団」に変えた
1.最初に目標を宣言する
2.目標をシンプルにする
3.朝一番に現場に行く
4.組織を逆ピラミッドにする
5.社内でのNGワードを決める
6.お客様第一主義を徹底する
7.苦情には社長自ら万年筆で返事を書く
8.「選択と集中」よりも「絞込み」

と き:2010年12月21日(火)17:00~20:00
ところ:大阪市中央区備後町2-5-8綿業会館(重要文化財) 7F大会場
    (地下鉄御堂筋線本町より徒歩4分)
会 費:講演会:3,000円・懇親会:5,000円
    講演会・懇親会セット参加:7,000円
館内ツアー:16:00~16:40 重要文化財の綿業会館の館内ツアー開催します。
      例会参加者は無料で参加できます。
      (会員制のため普段は見学出来ません。)
      昭和6年に建築された重要文化財であり、
      大阪城天守閣の3倍の巨費で完成
      太平洋戦争の戦火にも生き残った
      大大阪時代を代表する建築物です。

どなたでもご参加いただけますから、
厳しい経営環境を打破するためのヒントと
宮端先生のパワーを貰ってください。
勿論洲山も参加して、宮端先生の元気を貰います。

本号は、

東京オフィスにて、活躍している常務執行役員坂本利秋より
為替デリバティブ問題の解決のヒントをお話します。

なお、坂本常務は、東京大学大学院で工学修士資格を取得後
大手商社の日商岩井にて、世界中の株式指数、為替、金利を対象とする
デリバティブ運用を行った、デリバティブのプロです。

最近、為替デリバティブの損害に関する記事を
目にすることが多くなってきました。

ざっとリストアップしただけでも、以下の通りです。

「通貨デリバティブで経営難、金融庁が実態調査へ」読売新聞12/4

「中小企業の破綻増加は必至、銀行がはめた為替デリバティブの罠」
週刊ダイヤモンド
http://diamond.jp/articles/-/10258

「ニポロス破産手続き開始決定、為替デリバティブ」帝国データバンク

上の記事は皆さんにとっては、対岸の火事でしょうか?
それとも、まさに今当事者となっているでしょうか?

さて、今回は、為替デリバティブで既に致命傷を負っている方、
及びその予備軍に向けてレポートします。

現状認識の仕方、目標設定(=現状とのギャップ認識)、
解決策の順に展開します。

1.現状認識

 まず、問題の為替デリバティブ取引の書類(契約書、決済通知書)を
 準備の上、3分間熟読して下さい。
  
 ・・・・・・・

 それでは、取引の内容を説明して下さい。
   
 1)回答できない方
  概要を理解していない取引を締結している事になりますね。

  本業分野での売買契約書、業務委託契約書、ライセンス契約書等は、
  隅々まで理解した上で締結しているでしょうから、
  為替デリバティブ取引のみ異常な状態にあるといえます。
 
  すぐに為替デリバティブに詳しい方を見つけて
  取引内容を理解しましょう。
  
  ⇒もしも、適任者がいらっしゃらなければ、
   当社(0120-59-8686)へ連絡ください。
   無料で簡易説明を致します。

 2)回答できる方
  概要を理解していますね。続いて、質問致します。

  このままの為替レートが続いた場合、10%円高に進んだ場合、
  通貨オプション取引であればボラティリティが5%増加した場合
  の全社の今後1年間の資金繰り見込みを説明して下さい。

  正しく回答出来る方は、現状認識レベルが高いと予想します。

  回答出来ない方は、
  会社の生命線である資金繰りが読めないことになります。
  後手を踏んで資金ショートで会社破たんのリスクがありますね。
  
  1)と同様に、すぐに現状認識作業に入ることをお勧めします。

 3)補足
  上は現状認識の一部を紹介したに過ぎません、
  ここでは紙面の関係から全てを記載すること出来ませんが、
  正確な現状認識なくして、解決は出来ないと思われます。

  ⇒お気軽に無料相談もご利用ください(0120-59-8686)

2.目標設定
 これは、1の現状認識の結果に大きく依存致しますので、
 割愛致します。

 必要にして十分な現状認識が出来ている方で、
 それ以降の相談を希望される方は、
 ⇒お気軽に無料相談をご利用ください(0120-59-8686)

3.解決策
 これも、2の目標設定の結果に大きく依存するため、
 画一的な解決策を示す事が出来ませんが、
 解決策を考えるための重要なポイントを幾つか紹介いたします。

 1)金融機関と協調しながら進める    (対立路線は長期的に不利益)
 2)金融機関のデリバティブ管理手法理解 (相互理解が必要)
 3)デリバティブ商品の理論理解     (商品理解が必要)
 4)デリバティブ商品の価格形成の実践理解(実価格の理解が必要)

  いかがですか?

  独力で上のポイントを押さえながら解決していく
  明確なイメージを持てるでしょうか?
  おそらくは、皆さんの不得手な分野で、
  解決への自信が持てないと思います。

  そのような方は、為替デリバティブに精通しながら
  部分最適の解決策でなく、全社最適と整合性のあるプランを
  構築できる方に相談すべきです。

  ⇒不幸にもそのような方が回りにいないという方も、ご安心を。
   当社がおります!ぜひ、一度ご相談ください。(0120-59-8686)

   現状認識から、目標設定、解決策の提示まで
   皆さんのパートナーとしてお手伝い致します。

さて、いかがでっか?

洲山からの質問です。
為替デリバティブ問題・通貨オプション問題を解決するキーワードです。
「適合性の原則  「説明義務」  「指導助言義務」

「知らない」 「知らないことを知っている(無知の知)」
「分かってるが、どうすればよいか分からない」
「分かってるが、解決策を実行出来ない」
「分かってるし、解決策も実行できる」

ご自身は、課題に関してどのレベルでっか?

ご心配事は、年内に目途をつけて、佳い年を迎えましょう!

危機を乗り越え、

明るく!  元気に!!   前向きに!!!
楽しい人生を過ごしましょう!!!!!

さて、どんな困難な状況でも、
経営者が再生の決意ある限り必ず道は拓けます!

なかなか、他人には相談できない借金・負債の問題でお悩みの方も、
お気軽にご相談ください。

いかなる問題も洲山が解決出来る可能性がありますから、

ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686
───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー

私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・事業再生セミナー」です。

日時:平成23年1月13日(木)15:00~17:00・1月22日(土)14:00~16:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩3分
   大阪市北区芝田2-4-4 日生ビル新館3F OBS会議室

日時:平成23年1月15日(土)10:00~12:00・1月21日(金)15:00~17:00
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-7-4矢満登ビル3F ルノアール会議室

主催:株式会社喜望大地
   大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:松原・阿部
            フリーコール:0120-59-8686

講師:社長に笑顔と勇気を与え続ける!
   悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)

テーマ:「資金調達・為替デリバティブ対策・事業再生セミナー」

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億701万5千円の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

ご希望の方に無料プレゼント中です。

───────────────────────────────────

■洲山お勧め講演会
関西経営者倶楽部12月例会
東京の観光バスで有名なはとバスの危機を救った社長の習慣に学ぶ
はとバスをV字回復させた元社長宮端清次先生が、
会社再生の秘訣を語ります。

4年連続の赤字を1年で黒字化実現
70億円もの巨額借金を4年で完済
瀕死の会社を最強軍団に変えた社長の習慣とは?

1.日時:平成22年12月21日(火) 受付16:30
 講演会:17:00~18:40 交流会:18:40~20:00
2.場所:綿業会館(重要文化財)
 大阪市御堂筋線本町徒歩3分

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

洲山の友人のでっかい好男子・月収一万倍男である大坪勇二さんが、
「月収1850万円を稼いだ勉強法~
 伝説の営業マンはどう学び何を実践したのか』」
を上梓されました。

いやあ、実に面白く且つ有益なコンテンツでした。
目からうろこのノウハウ満載であり、参考図書のリストとその解説が秀逸。
習いたいことがたくさんあり、本を通して弟子入りさせていただきます。

なんてったって、手取り1655円が1850万円になった伝説の営業マンが、
いかに誕生したかは、普通話してくれません。
それを惜しみなく開陳し、その理屈が再現性がありますから、
今よりも努力して豊かになりたいビジネスパーソンは、読みましょう!

洲山も負けずに本を書いています。来年2月発売目標、乞うご期待!

これからも、毎日の仕事に喜び、将来に明るい望みを持ち、
大地に根を生やした企業サポートに邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。
⇒ 0120-59-8686
執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。
⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.136 出口戦略は、出来てまっか?を考える 特集号
  2. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.41 三浦紀夫著「倒産社長、復活列伝に学ぶ・特集号!」
  3. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.287 策だけではない、魂の経営改善=組織論 特集号
  4. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.309 ナニワの評論家が、子供の教育問題を斬る! 特集号…
  5. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.275 『一般派遣労働事業』に関する審査状況の考察 特集…
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.112 事業再生の実現に必要な資質は、素直な心で学び、決…
  7. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.366 歓迎光臨 マイナンバー 特集号
  8. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.190 為替デリバティブの解決方法が大きく変わる 特集号…
PAGE TOP