メールマガジンバックナンバー

vol.158 断捨離(だんしゃり)のススメ! 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『借金30億からの逆転!洲山(しゅうざん)レポート』
         vol.158 2010年12月29日号      発行部数28,165部

モットー  「明るく!  元気に!!   前向きに!!!」

今回のテーマは「断捨離(だんしゃり)のススメ! 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」 悩める社長の救世主・洲山です。

年末大掃除のシーズンを迎え、「断捨離(だんしゃり)」を読み、
遅まきながらも明日チャレンジします。

詳しくは編集後記参照。

本号は、
東京オフィスにて活躍している若手のホープ
執行役員鳥倉大介からのレポートです。 

タイトル:断捨離(だんしゃり)のススメ!

断捨離ブームがワイドショーを中心に主婦層で話題となっておりますが、
会社の断捨離はいかがでしょうか?

端的に申し上げて、
きれいな会社が必ず儲かっているとは言えませんが、
間違いなく汚い会社は儲からない、
とは経験上言えます。

事業再生のお手伝いに行く会社で、
きれいな会社はほとんどありません。

では、きれいにすると儲かる!とは、
オカルト的な信仰なのでしょうか?
私はそうは思いません。

従業員に対しても、社長は
「きれいにしとけ!」
「5Sだ!」
と、コミュニケーション不足のまま言ってませんか?
スローガンやかけ声を朝礼で確認することが重要ではありません。

こういうコミュニケーションですと、従業員は
「またセミナーに参加でもしたのかな」
「しばらくは、言う通りにしておこう」
位にしか思いません。

5Sとは、言うまでもなく皆さんご存知の通り
整理 seiri
整頓 seiton
清掃 seisou
清潔 seiketsu
躾  shitsuke
です。これを使い古された単なる標語にしていませんか?
5Sの実行度合いは会社の実力を示すものです。
生きた指標として活用していただきたいです。

5Sは、会社という組織を
人間と人間の結びつきにするためのツールなのです。
標語じゃありません。

中小企業は、社長の意識と社員の意識が
大きく乖離していることがままあります。

社長が陣頭指揮をとって、社員と共に計画を立てて実施をしていく、
結果として目に見える形で会社がきれいになっていくことにより、
会社全員がチームとなり、
やりがいを感じ目的意識を共有していくプロセスに価値があります。
また、それを維持管理し、
会社の健康指標として目に見える形にすることが大事です。

売上を上げろと言っても、営業担当の問題。
製品の品質を上げろと言っても、製造の問題。
と、普段会社の話題としてあがる個別の話題では
会社全体の組織作りには不向きです。

そのため、営業も製造も総務も経理も社内横断的に関係がある
5Sをチーム作りの基礎とするのです。

5Sをすることにより、
・ものを探す時間が短くなる →人件費削減
・掲示板に取組を張り出す  →取引先・銀行の評価が上がる
・スペースの有効活用ができる→賃料負担の軽減、家賃収入
 などなど。
5Sをするメリットは、実利にも適(かな)います。

まずは、社長が実践して下さい。

私が再生に入った会社では、
・社長が会社を汚くし、整理整頓できなくしていました。
社員に「社長室が汚いのをどうにかしてほしい」と言うと、
「社長が怖くて勝手に触れない」との回答がありました。
私が社長に了解をとって、社長室の整理整頓清掃を行いました。

社長の姿は、会社を映す鏡です。
会社が汚いのを社員の意識の問題にせず率先垂範して動きましょう。

ほかにも、
1.先代社長のものがたくさんあり、
現社長は何があるか理解していない。

2.バブル期に発注単価をさげるために、
大量ロットで発注した梱包資材・印刷物。

3.今にも雪崩(なだれ)を起こしそうな、机の上の書類

私はこれらをきれいにすることにより
1.オフィススペースを広く確保し、全ての部署をワンフロアにまとめた。
 →部署間コミュニケーションの断絶を改善。

2.倉庫を他社に貸出。
 →賃貸収入が新たに計上できるようになった。

3.整理整頓、仕事効率のアップ
 →残業代の節約

を達成したことがあります。

古くて新しい5Sに是非、
社長自ら社員をチームとして取り組んでください。
会社の財産となります。

会社が汚いようですと、
事業再生フェーズに突入してしまいかねないとご覚悟下さい。

只今5周年謝恩無料面談サービスをご用意しております。
ノウハウを知りたいと思われる皆様は、是非ご活用ください。

危機を乗り越え、

明るく!  元気に!!   前向きに!!!
楽しい人生を過ごしましょう!!!!!

さて、どんな困難な状況でも、
経営者が再生の決意ある限り必ず道は拓けます!

なかなか、他人には相談できない借金・負債の問題でお悩みの方も、
お気軽にご相談ください。

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、

ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686
───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー

私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・事業再生セミナー」です。

日時:平成23年1月13日(木)15:00~17:00・1月22日(土)14:00~16:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩3分
   大阪市北区芝田2-4-4 日生ビル新館3F OBS会議室

日時:平成23年1月15日(土)10:00~12:00・1月21日(金)15:00~17:00
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-7-4矢満登ビル3F ルノアール会議室

主催:株式会社喜望大地
   大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:松原・阿部
            フリーコール:0120-59-8686

講師:社長に笑顔と勇気を与え続ける!
   悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)

テーマ:「資金調達・為替デリバティブ対策・事業再生セミナー」

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億701万5千円の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

ご希望の方に無料プレゼント中です。

───────────────────────────────────

■洲山お勧め講演会  鶴ちゃんパワーをチャージしましょう!
関西経営者倶楽部新春例会

タイトル「成功する・夢をかなえるものの見方・考え方」
   -伝説のホテルを創る夢を語り、1600名の株主が集まったのは?
講師:ザ・レジェンドホテルズ&トラスト社長:鶴岡秀子先生
コンテンツ:20人分の売上実現
      3人で創業し、5年で年商14億円
      伝説のホテルの夢を語り、株主1,600名他

1.日時:平成23年1月18日(火) 受付16:30
 講演会:17:00~18:40 交流会:18:40~20:00
2.場所:綿業会館(重要文化財)
 大阪市御堂筋線本町徒歩3分

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。
今朝は、岡山経由博多行きの新幹線にて執筆しています。
緊急対応の仕事が入り、31日昼過ぎまで
スケジュールは、目一杯入っています。
明日こそ、社内の整理整頓をする日と誓っています。
洲山が立命館経営大学院で3年間学び、修士論文のテーマに
したのは、「日本電産永守重信社長の事業再生」でした。
その永守重信経営の根幹は、3Q6S(=5S+1)の徹底です。
永守経営の真髄は、追って小冊子にて披露する予定ですから、
乞うご期待!  とさせて頂きます。

断捨離を徹底し、明日の社内大掃除に活かす所存です。
そして、少しでも尊敬する永守重信社長に近づきたいと
願っています。

今年一年、皆様には大変お世話になりました。
2011年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます!

これからも、毎日の仕事に喜び、将来に明るい望みを持ち、
大地に根を生やした企業サポートに邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。
⇒ 0120-59-8686
執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。
⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.386 部品別実力利益(EBITDA)管理計表をどの様に…
  2. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.282 半沢直樹を斬る 特集号
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.218 破産するのは、ちょっと待った!社長があきらめない…
  4. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.445 製造業の皆様、仕入予算を現場に落とし込んでいます…
  5. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.301 製造業の皆様、7つのムダを意識して生産活動をされ…
  6. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.367 乃木将軍&高輪ランチレポート 特集号
  7. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.267 急激な円安に対するナニワの評論家の考察 特集号
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.230 札幌の建設業の再生ストーリー MBOと事業承継 …
PAGE TOP