メールマガジンバックナンバー

vol.161 会社の健康診断のお話 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『借金30億からの逆転!洲山(しゅうざん)レポート』
         vol.161 2011年1月28日号      発行部数26,618部

モットー  「明るく!  元気に!!   前向きに!!!」

今回のテーマは「会社の健康診断のお話 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」 悩める社長の救世主・洲山です。

費用を一切かけずに、みるみる会社の業績が良くなる秘訣とは?
経営が厳しそうな低単価のお菓子卸とお菓子専門小売店のFC本部運営で、
年商123億・利益2億の高収益企業に育てた秘密とは?

その秘訣を生ライブで身近にお聞きできるチャンスは、⇒ 編集後記で

さて、今回のテーマは「会社の健康診断のお話」です。

本号は、

東京オフィスにて、活躍している常務執行役員坂本利秋より
「会社の健康診断のお話」です。

今週、都内某所へ半日ドックへ行く予定です。
ヒトの体も、会社も年に1回くらいは健康診断を受けた方が良いですね。

さて、今回は1分でできる会社の健康診断方法について述べます。

1.準備すべきもの
 3期分の決算書、電卓、鉛筆をご用意ください。

2.直近1期分の貸借対照表の修正
 1)左側の資産の中で、実際には大きく価値が毀損している科目3つを選択し
  鉛筆で現在の価値を記入下さい。(概算値で構いません)
  
  *売掛金、商品、土地建物、各種在庫、ソフトウエア、有価証券あたりが
  対象になることが多いように思います

 2)毀損額(資産が目減りした額)を、株主資本へ加えてください。
  株主資本が減るはずです。

3.チェックシート
 早速、問診を始めましょう!
 1)から10)の設問に対して、a),b),c)から最も妥当思われるものを
 選択して下さい。

 1)直近決算の当期利益が
  a)2期以上連続赤字、b)直近の1期のみ赤字、c)直近は黒字

 2)資金繰りが、
  a)1か月先も目処立たず、b)6カ月以内は問題無し、
  c)6ヶ月超でも問題無し

 3)金融機関からの新規借り入れが、
  a)出来ずにリスケ中、b)出来ない可能性あるもリスケはしていない、
  c)可能な状況

 4)実態純資産が、
  a)赤字(債務超過)である、b)なし、c)黒字である
  *実態純資産額は、2.2)で算出した金額を用いてください。

 5) 有利子負債/自己資本の割合が、
  a)2倍以上、b)1倍以上2倍未満、c)1倍未満

 6) 勝負をしている市場の規模は将来的に
  a)縮小傾向である、b)ほぼ変化なし、c)拡大傾向である。

 7)社員の退職(出産、結婚退職等は除いて考えましょう)
  a)増加傾向、b)特に変わらず、c)減少傾向

 8)社長の現場回り
  a)多忙により現場回りが減少気味、b)あまり変化なし、
  c)増加傾向又は以前から現場主義徹底

 9)当社の噂
  a)悪いうわさが増えてきたように感じる、b)特に変わらず、
  c)悪いうわさが減ってきた

 10)当社の強み
  a)特になし、b)品質、納期(スピード)、価格の内、1つか2つが該当、
  c)左記の3つ全て

4.診断
 a)を3点、b)を2点、c)を1点として合計点を算出ください。
 2)のみは、a)を10点、b)を5点、c)を1点として下さい。

=====================================
合計点 10点~15点 短期的には問題ないと思われますが、油断は禁物です。
    16点~20点 短期的にも問題ありと思われます。早めの対応が必要です。
    21点~   いますぐの緊急対応が必要と思われます。
=====================================

上の診断は、「ひと」、「もの」、「カネ」のうち、
カネに重きを置いたもので、必ずしも正確性、妥当性のあるものとは
限りませんが、一つの目安としてご利用戴ければ幸いです。

5.処方箋

 医師であれば、健康診断結果及び問診の後、必要な精密検査を行い、
 『完治可能と思います、治療方法はこの新薬か、この手術が必要と思われます。
 それぞれのメリット、デメリットは○○です。』となるでしょう。

 コンサルも同様で、各種資料及びヒアリングにより現状把握を行い、
 『この目標達成は可能と思います。目標達成の実現方法は、
  A,B案のいずれかです。』

 また、より効果的な治療(=コンサルティング)を行うためには、
 症状(=各社の状況)に応じた対応が必要です。

 精密検査(=個別のコンサルティング)を希望される読者が
 いらっしゃいましたら、お気軽に0120-59-8686までお電話願います。

只今6周年謝恩無料面談サービスをご用意しております。
ノウハウを知りたいと思われる皆様は、是非ご活用ください。

危機を乗り越え、

明るく!  元気に!!   前向きに!!!
楽しい人生を過ごしましょう!!!!!

さて、どんな困難な状況でも、
経営者が再生の決意ある限り必ず道は拓けます!

なかなか、他人には相談できない借金・負債の問題でお悩みの方も、
お気軽にご相談ください。

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、

ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー

私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・為替デリバティブ・事業再生セミナー」です。

日時:平成23年2月9日(水)15:00~17:00・2月23日(水)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩3分
   大阪市北区芝田2-4-4 日生ビル新館3F OBS会議室

日時:平成23年2月17日(木)15:00~17:00・2月24日(木)15:00~17:00
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-7-4矢満登ビル3F ルノアール会議室

日時:平成23年2月16日(水)14:00~16:00
場所:JR線『名古屋駅』桜通口徒歩4分
   愛知県名古屋市中村区名駅3-13-31 名駅モリシタビル7階 第4会議室

主催:株式会社喜望大地
   大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:松原・阿部
            フリーコール:0120-59-8686

講師:社長に笑顔と勇気を与え続ける!
   悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)

テーマ:「資金調達・為替デリバティブ対策・事業再生セミナー」

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億701万5千円の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

ご希望の方に無料プレゼント中です。

───────────────────────────────────

■洲山お勧め講演会
経費をかけずに高収益企業を創る秘訣を学びましょう!
関西経営者倶楽部2月例会

タイトル:必ず成功する「早起き力」
   -お菓子を売って年商123億・利益2億
講師:吉寿屋(よしや)会長:神吉武司先生
コンテンツ:業界トップの利益率と在庫回転率実現
      阿波踊り「武秀連」で、故郷に恩返し
      すべては「早起き力」による成功実現

1.日時:平成23年2月15日(火) 受付16:30
 重要文化財「綿業会館」の見学ツアー16:00~16:45:セミナー参加者は無料
 講演会:17:00~18:40 参加費:5,000円
 交流会:18:40~20:00 参加費:5,000円
 講演会・交流会セット 参加費:10,000円 
 *セット参加特典:神吉先生サイン入り本プレゼント

2.場所:綿業会館(重要文化財)
 大阪市御堂筋線本町徒歩3分

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

経費をかけずに高収益企業を創る秘訣を生ライブにて聞けるチャンスを
洲山が代表世話人を務める関西経営者倶楽部にて、開催します。
洲山も神吉先生のように成功を志して、5時起きをはじめました。
すこぶる快調です。

毎週木曜日は、5時起床して、新大阪駅6:00始発の新幹線にて、
東京に移動していましたから、それを思い切って毎日にしました。
早起きからスタートして、如何なる手を打つかのライブは見逃せません。
大阪本町の綿業会館で開催します。
より多くの方にご参加いただきたいと願っています。

これからも、毎日の仕事に喜び、将来に明るい望みを持ち、
大地に根を生やした企業サポートに邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。
⇒ 0120-59-8686
執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。
⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.371 破綻危機から、奇跡の復活レポート 特集号
  2. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.440 中小企業にこそチャンスの話 特集号
  3. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.220 今年は「えーびーえる」が流行るかも…? 特集号
  4. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.377 製造業V字回復の軌跡 特集号
  5. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.427 初心者先生?そらあかんで~! 特集号
  6. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.382 東京マラソン応援レポート 特集号
  7. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.414 赤字の会社でも、売却可能なノウハウ 特集号
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.370 ヤミ金対策 特集号
PAGE TOP