メールマガジンバックナンバー

vol.173 3月の売上が続くとして、あと何ヶ月耐えられますか? 対策号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『借金30億からの逆転!洲山(しゅうざん)レポート』
         vol.173 2011年4月25日号    発行部数26,214部

モットー  「明るく!  元気に!!   前向きに!!!」

今回のテーマ
「3月の売上が続くとして、あと何ヶ月耐えられますか? 対策号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」 悩める社長の救世主・洲山です。

信じるものは救われる!
叩けよさらば開かれん!
と動いた結果、ゲームオーバーまでカウントダウン状態から、
見事に再起が、実現しました。
ミラクルの事業再生ストーリーは、後日披露したいと考えています。

さて、本号は、東京オフィスの坂本常務執行役員から、
「3月の売上が続くとして、あと何ヶ月耐えられますか? 対策号」です。

少し前ですが、4月8日に3月の景気ウォッチャー調査結果が発表されました。

震災が与える景気への影響について、インパクトがある数字が並んでいます。
現状DIは前月比20.7ポイント低下の27.7ポイント。
これは下げ幅としては過去最大、
つまりリーマンショック以上のインパクトがあったという事です。

http://www5.cao.go.jp/keizai3/2011/0408watcher/bassui.html

このような世の中ですが、皆さんの会社の状況は如何でしょうか?

おそらく一握りの企業を除き、前月比もしくは前年同月比で
10%~70%程度の減少になってしまっていると思います。

景気も、未だ収束が見えない福島原発、夏の電力需給ギャップ、
消費自粛ムード等不安材料は山積しており、
しばらくはフォローの風は吹きそうにありません。

そしてこの震災は、過去の業績回復の経験則が当てはまらない程、
大きな転換期だと私は見ています。

よって、少なくとも数ヶ月は売上は戻らないという前提で、
企業としての生き残りを図る必要があると思います。

「3月の売上が続くとして、あと何ヶ月耐えられますか?」

少なくとも6ヶ月程度、出来れば12ヶ月欲しいところですが、
3ヶ月がやっという社長も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

短期的には、以下施策を組み合わせ資金繰りを確保すべきです。

1.原価(仕入)引き下げ交渉
2.支払サイトの延長
3.賃料の引き下げ交渉
4.追加融資
5.金融負債(含むリース)の返済条件緩和
6.助成金、補助金の適用

策は他にもたくさんあります。

1.元利金の緊急一時停止支援依頼
2.リース料の緊急一時停止支援依頼
3.取引先への緊急支援依頼

「打つ手は、無限!」です。

これまで順風満帆であったものが、この震災で突然目の前が真っ暗になり、
何から手をつけて良いかわからないという社長もいらっしゃると思います。

これまでトップの孤独を感じつづも、
全て社長自身で解決してきたものと思います。

しかし、千年に一度という危機に際しては、
外部のコンサルタントを利用するというのは賢明な選択だと思います。

危機から脱出し、その後の健全な成長を支援できるのが、
当社であれば、最高の幸せです。

解決策に考えあぐねた場合は、未曾有の大震災に対する
無料経営相談を承ります。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
 前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、

ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー

私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・為替デリバティブ・事業再生セミナー」です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。
会費:5,000円 (洲山著「事業再生家」1,500円プレゼント特典付)

日時:5月12日(木)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩3分
   大阪市北区芝田2-4-4 日生ビル新館3F OBS会議室

日時:5月13日(金)15:00~17:00
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-7-4矢満登ビル3F ルノアール会議室

主催:株式会社喜望大地
   大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
            フリーコール:0120-59-8686
───────────────────────────────────
■「事業再生家」出版記念セミナーは、ご購入者様ご招待で開催します。

日時:5月17日(火)17:00~18:00
交流会:セミナー後参加希望者との交流会開催します。会費:5,000円
場所:綿業会館(重要文化財)
 大阪市御堂筋線本町徒歩3分

日時:5月20日(金)18:00~19:00 会議プロ沖本るり子さんとのコラボ
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-7-4矢満登ビル3F ルノアール会議室
交流会:セミナー後参加希望者との交流会開催します。会費:5,000円 

事前参加申し込みの方には、参加証をメールします。
これから参加希望の方は、info@gmmi.jpにお申し込み下さい。

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億701万5千円の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

ご希望の方に無料プレゼント中です。

───────────────────────────────────

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!
洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」

紀伊国屋梅田本店ビジネス書週間ベストセラー1位
丸善丸の内本店ビジネス書週間ベストセラ─1位
アマゾンランキング投資・金融・会社経営部門1位

───────────────────────────────────
■関西経営者倶楽部5月例会

タイトル:「事業再生家」出版記念講演会
講師:喜望大地・会長:洲山

1.日時:平成23年5月17(火) 受付16:30
 重要文化財「綿業会館」の見学ツアー16:00~16:45:セミナー参加者は無料

 講演会:16:00~17:30 参加費:5,000円 (読者は無料ご招待)
 交流会:17:40~19:00 参加費:5,000円
 講演会・交流会セット 参加費:10,000円
2.場所:綿業会館(重要文化財)
 大阪市御堂筋線本町徒歩3分

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。
大阪オフィスの窓からは、大阪駅北ヤードの再開発が、見えます。
ついこの間まで、貨物列車やコンテナの基地だったのが、
地鎮祭が終わった途端にどんどん進行し、
大きな鉄骨が毎日伸びつつあります。
JR大阪駅も見違えるように変身しました。
「ステーションシテイ」の出現です。
時を経過と共に進化発展するのは嬉しいですね。
東日本大震災も戦後の焼け野原の復興のように、
大和魂で短期間の復興を願っています。

これからも、毎日の仕事に喜び、将来に明るい望みを持ち、
大地に根を生やした企業サポートに邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。
⇒ 0120-59-8686
執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。
⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.396 I-Cバランスについて―やる気を醸成する組織論 …
  2. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.3  『ピンチをチャンスに変える』鉄則! 「自分の城は自…
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.106 一年の計は、元旦にあり! 特集号
  4. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.407 出口戦略の主導権を握ろう!の巻 特集号
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.131 キャッシュフロー経営による脱どんぶり宣言! 特集…
  6. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.449 製造業の皆様、ジョブローテーション、多能工化を実…
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.11 『ピンチをチャンスに変える』鉄則!「自分の信用情報…
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.23 リスクマネージメントノウハウその5 商工ローン借入…
PAGE TOP