メールマガジンバックナンバー

vol.181 社長の家計を見直す 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山(しゅうざん)事業再生レポート』
         vol.181 2011年6月24日号    発行部数25,857部

モットー「明るく! 元気に!! 前向きに!!!」

今回のテーマは『社長の家計を見直す特集号』
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」 悩める社長の救世主・洲山です。

噂の「兄貴」に会いに、バリ島に行ってきました。
元大阪の中学卒暴走族1,800名の総長が、バリに渡り大成功して、
資産4,000億円との噂は、本当か?
本当ならば、その成功の秘訣とは、なんぞや? を、探求してきました。
追って、詳細報告しますが、
写真のみ、アメブロとフェイスブックにて事前披露します。

さて、本号は、東京オフィス所属の若きホープ鳥倉大介執行役員から、
「社長の家計を見直す・特集号」です。

社長、収入はしっかりと見直しましょう。

「利益が出なくても役員報酬は取っておいた方が良い」と
アドバイスされました。
と、何年前にされたかわからない税理士の助言を守っている社長がいます。

確かに、役員報酬額が高いと、
将来的には年金の受給額も多くなりますし、
役員退職金の算定基準額も高くなります。

また、会社になくて現金が無くて支払いが受けられなかった分は、
“役員借入金”として、
会社に貸しているという処理をすることになります。

会社に貸している訳ですから、
会社から金利収入が得られます。

役員借入金の返済を受ければ所得税がかからない。
(既に支払い済みのため)

会社に貸している役員借入金が増えると、
それを株式に転換するDES(デット・エクイティ・スワップ)に
使うことにより、資本金を増やすことができ、
過小資本に悩みがちな中小企業の社長の悩みを解決する方法も採れます。

・役員報酬がたくさんもらえて幸せ。
・年金が保証されて幸せ。
・税特典の多い役員退職金がたくさんもらえて幸せ。
・会社に貸して、役員借入金から金利がもらえて幸せ。
・役員借入金の返済を受ければ、所得税のかからないお金がもらえる。
・DESにより資本金を大きくすることができて幸せ。
と6重の意味でメリットがあります。

このように良いことずくめのようですが、
会社が好調の時は良いのですが、
会社が不調に陥ると逆回転を始めます。

社員の給料支払いもやっとこなせたぐらいで
ギリギリの資金繰り、社長の自分の給料は
業者支払いに充てなければいけないから到底もらえそうにないな。

給料もらえてないのに、所得税、住民税、社会保険料は高いまま。
延滞したら、サラ金並みの14.6%の利息がかかります。

60才を超えたのにまだ年金もらえてないな。
給料が高いともらえないんだ。

仕事が忙しく、疲れて病に倒れました。
※高所得者の医療費負担は高くしようという相談を
政府はしています、いずれ負担が大きくなるでしょう。

社長は、
・未払役員報酬の苦しみ
・租税公課延滞の苦しみ
・年金が減額になる苦しみ
・医療費負担の苦しみ(※将来導入の可能性大)
の4重の苦しみによって亡くなられました。

これで終わりかと思いきや、
社長が会社に貸し付けたことになっている役員借入金は、
相続時には資産として課税対象となります。

相続放棄をするのであれば構いませんが、相続するのであれば、
業績の悪い会社から、借入金返済を受ける見込は全く立ちませんが、
同じく資産としてみられてしまいます。
相続時の基礎控除を無駄に食いつぶしてしまいます。
4重の苦しみの上、更に相続問題まで残すのです。

数多くの会社と社長を見させていただきましたが、
支給できない金額の役員報酬を計上されて幸せになった会社を知りません。

もらえる金額をもらうというのが幸せです。
分不相応、維持不可能な役員報酬は危険です。
一度上げた生活レベルを落とすことは容易ではありません。

奥様と家計については、しっかりと話すべきです。
家賃やローン支払い、生活費、教育費、食費、保険代いくら払っているか、
社長は答えられますか?
「たくさん家計に入れているのだから任せている」では通用しません。

いざ、役員報酬を下げようとしても
家計の出費が大きく下げるに下げられないと言ったケースもあります。

事業再生をはじめるに当たっては、
まずは“隗よりはじめよ”です。

社長の役員報酬を下げるからこそ、
銀行もリスケジュールに納得し、
社員も賃下げに応じてくれます。

社長の本気の覚悟で回りを巻き込むことから
事業再生は始まります。

役員報酬の見直しは年1回、決算月より三ヶ月以内が原則です。
増額の変更ではなく、減額の変更の場合は変更が認められケースもあります。
顧問税理士の先生とご相談下さい。

自分が知らないことでも、
プロに聞けば、さっと解決できる事がたくさんあります。

簡単に諦めずに、プロに相談しましょう!

私たち喜望大地のコンサルタントは、
あきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
 前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、

ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────
■洲山のお薦め書籍

洲山の友人である小池真由美さんが、3冊目の本を上梓されました。

【中学3年間の英語でTOEICテスト630点を取る本】
著者 小池真由美

中学3年間の英語でTOEICテスト630点を取る!? 
そう!中学の英文法の理解で大丈夫なんです!
そんな対策本が出ました。 
6/23,24  Amazonキャンペーンを開催致します。
<2時間で中学英語を復習できるセミナービデオ付!>

特典が一杯ですから。この機会にお求め頂くと幸いです。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー

私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・為替デリバティブ・事業再生セミナー」です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:5,000円(洲山著「事業再生家」1,500円プレゼント特典付)
セミナー終了後に個別の無料相談タイムを用意しています。

日時:7月12日(火)15:00~17:00・8月24日(水)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩3分
   大阪市北区芝田2-4-4 日生ビル新館3F OBS会議室

日時:7月14日(木)15:00~17:00・8月19日(金)15:00~17:00
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-7-4矢満登ビル3F ルノアール会議室

主催:株式会社喜望大地
   大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
            フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億701万5千円の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

ご希望の方に無料プレゼント中です。

───────────────────────────────────

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」

紀伊国屋梅田本店ビジネス書週間ベストセラー1位
丸善丸の内本店ビジネス書週間ベストセラ─1位
MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店週間ベストセラー1位
紀伊国屋大阪本町店・週間ベストセラー連続1位
アマゾンランキング投資・金融・会社経営部門1位

───────────────────────────────────
■関西経営者倶楽部7月例会

タイトル:「柴田秋雄のホテル再生物語」
      「日本一幸せな社員」をつくる
講師:元名古屋ターミナルホテル代表取締役専務 総支配人

⇒ 奇跡のホテルと謳われた、破綻寸前からの復活物語を
大家族主義で、見事に蘇った奇跡の物語です。

1.日時:平成23年7月2日(土) 受付15:30~
 重要文化財「綿業会館」の見学ツアー15:00~15:45 セミナー参加者は無料

 講演会:16:00~17:30 参加費:3,000円 
 交流会:17:30~19:00 参加費:4,000円
 講演会・交流会セット 参加費:6,000円

2.場所:綿業会館(重要文化財)
 大阪市御堂筋線本町徒歩3分

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

【洲山の活動報告】
6月13日:京都方面・その後関空20時発にて那覇空港へフライトし
22:05着後打ち合わせ実施
14日:沖縄にて経営相談2件他
15日:7:25那覇空港から関空へフライト帰阪
今回は旅行会社のパックツアーでしたが、
往復の飛行機代より2泊の宿泊代込みでいてなお安いのには、びっくり!
往復宿泊ならば、パックツアーを利用しましょう。
帰阪後関西ビジネスサテライト主宰のパワーランチに参加し、
大阪オフィスにて自主開催セミナー実施
16日:東京出張し、経営相談3件 自主開催セミナー実施
17日:午前11時発にてバリ島へフライトし、
兄貴との濃密な怒涛の4日間を過ごす。
21日:午前8時30分フラフラになりながら、無事関空へ帰国し、
そのまま岡山移動して再生スキームプレゼン。

バリツアーは、たくさんの気づきがありました。
追って披露します。乞うご期待!

これからも、毎日の仕事に喜び、将来に明るい望みを持ち、
大地に根を生やした企業サポートに邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。
⇒ 0120-59-8686
執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。
⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.154 製造業の皆様、会議は建設的ですか?part2 特…
  2. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.13 『ピンチをチャンスに変える』鉄則!「底なしの借金地…
  3. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.278 参議院議員年収3,380万円に値する活動を願って…
  4. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.491 製造業の皆様、生産管理体制構築に経営資源を投下し…
  5. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.140 私の財務諸表 特集号
  6. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.469 会社売却支援で選ばれる理由 特集号
  7. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.373 ナニワの社会評論家として、顧客サービスの重要性を…
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.68 いかなる窮境企業でも、道は開ける 特集号
PAGE TOP