メールマガジンバックナンバー

vol.190 為替デリバティブの解決方法が大きく変わる 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山(しゅうざん) 事業再生・経営変革レポート』
         vol.190 2011年9月1日号    発行部数25,436部

モットー「明るく! 元気に!! 前向きに!!!」

今回のテーマは『為替デリバティブの解決方法が大きく変わる 特集号』
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」 悩める社長の救世主・洲山です。

8月が終わり、いよいよ9月が始まりました。
洲山は、先週北海道を訪問しましたが、実に快適な気候でした。
灼熱地獄の避暑は、北海道が最高ですね。
また、不思議なことに沖縄も夏は快適なのです。
大阪・東京のように35度を越えることはなく、
受ける風が快適です。
よって、結論として、盛夏のシーズンは、
北海道か沖縄のお仕事があれば嬉しいです。

さて、本号は東京オフィスの常務執行役員坂本利秋のコラムです。

今回のテーマは、『為替デリバティブの解決方法が大きく変わる』です。

『為替デリバティブ』取引で
大きな損失を被っている中小企業経営者に朗報です。
これまで、折返し融資にほぼ限定されていた解決策ですが、
ここにきて、銀行による損金の一部免除の動きが出てきています。

今回のメルマガを通じて、読者の皆さんが上に該当する可能性があるのか?
該当した場合の対応方法等につきお話したいと思います。

1.相場勘は、あてにしてはいけない。

今後の為替市場は、どのように動くのでしょうか。
結論は、『分からない』が最も妥当な回答だと思います。

古い話になりますが16年前の1995年4月に79.75を記録した当時、
私はディーラーをしており、画面にくぎ付けになっていました。
通常、$/\は売り手も買い手も十分な数がおり(流動性が高い等と言います)
連続的なチャートを描く事が多いのですが、
このときは、あれよあれよという間に、
ひゅるひゅるっと買い手が全くつかないまま、ほぼ垂直に落下(円高)し、
79.75をつけた事を鮮明に覚えております

現在は相場から離れておりますが、8月19日のNY市場で$/\が75.95まで
上昇した時もそのような動きだったのかもしれませんね。

このような為替ディーラーでも、一流証券会社のアナリストでも、
為替相場を当てることは、非常に難しいものです。
雑誌等で企画する年末のアナリストによる為替相場予想で、
大きく外れている方が多いことを皆さん経験上知っているはずです。

政府も、財務省も、日銀にもコントロールが効かない
モンスターのようなものかもしれません。

よって、為替デリバティブで苦しんでいる経営者の中で、
『自分の相場観ではこれから一気に円安に行く』という方が
いらっしゃるかもしれませんが、
実需以上のデリバティブ取引を抱えているならば解約を
検討した方が賢明だと思います。

2.これまでの為替デリバティブ損失への対処方法

2011年1月に、メガバンクが、金融庁の行政指導により、
為替デリバティブで多額の損失を抱えた中小企業への折返し融資を
積極的に行うとの報道があったことは記憶に新しいと思います。

現場では、報道の前から折返し融資による解決が行われていたと思われます。

この解決方法は、損金の一括返済よりは
資金繰りの負担が軽いとはいう利点があるものの、
取引実施の経緯を考えると、
損金の免除をしてほしいというのが経営者の本音だったと思われます。

しかし、『説明義務』の明確な違反行為が無い限り
免除等は出来なかったわけです。

3.損金の8割を銀行負担とするような和解案も。

2011.8.22 金融財政事情によると、(一部抜粋)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

『解約金+損失額のうち5割を銀行の負担とする』
あっせん委員より出された和解案。

ある銀行幹部は、『為替デリバティブの金融ADRで銀行が負担する割合は、
よくても5対5の痛み分け、銀行側が7~8割を負担するケースもある』

『説明義務』が問われるケースもあるが、
ほとんどの場合で問題になっているのが『適合性の原則違反』である。


つまり、実需を大幅に上回る取引を行うケースや、
大半がユーロ建て決済にも拘わらず$/\のデリバティブ取引を行うケースが、
上に該当すると思われます。

読者の会社でも当てはまるケースが多いのは無いでしょうか。

興味ある方は、下記URLにてバックナンバーを購入する事が出来ます。
http://store.kinzai.jp/magazine/search.html?search=backnumber&code=AZ&year=2011

4.相談先

取引銀行 :まずは各行の担当者又は、各行の相談窓口へご連絡
弁護士  :上で納得いかなかった場合は、弁護士に相談
全銀協ADR :弁護士でも解決まで長引きそう、
      和解条件に納得がいかない場合に
      相談してみたら如何でしょうか。
http://www.zenginkyo.or.jp/adr/

経営者の悩みは今回の為替デリバティブに限らず多岐にわたることでしょう、
上に相談される前に、当社へ相談されることも、手前味噌ながらお薦めです。

ご連絡お待ちしております。

さて、
自分が知らないことでも、
プロに聞けば、さっと解決できる事がたくさんあります。

簡単に諦めずに、プロに相談しましょう!

私たち喜望大地のコンサルタントは、
あきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
 前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、

ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー

私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・為替デリバティブ・事業再生セミナー」です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:5,000円(洲山著「事業再生家」1,500円プレゼント特典付)
セミナー終了後に個別の無料相談タイムを用意しています。
未曾有の危機対策として、1社2名までご参加OKです。

日時:9月14日(水)・10月12日(水)14:00~16:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩3分
   大阪市北区芝田2-4-4 日生ビル新館3F OBS会議室

日時:9月15日(木)・10月13日(木)14:00~16:00
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-7-4矢満登ビル3F ルノアール会議室

主催:株式会社喜望大地
   大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
            フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億701万5千円の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

ご希望の方に無料プレゼント中です。

───────────────────────────────────

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」

紀伊国屋梅田本店ビジネス書週間ベストセラー1位
丸善丸の内本店ビジネス書週間ベストセラ─1位
MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店週間ベストセラー1位
紀伊国屋大阪本町店・週間ベストセラー連続1位
アマゾンランキング投資・金融・会社経営部門1位

───────────────────────────────────
■お勧めセミナー 「鈴木栄美子VS栢野克己の売上UPセミナー」

洲山の友人で、素晴らしい実績のある鈴木絵美子先生のセミナーです。
2ヶ月間で売上550%アップの実績がある鈴木先生が
中小企業の社長のために、売上アップのセミナーを開催します。
女性客向けの1分間プレゼンが創れるセミナーです。

“女性感情マーケティングによる利益アップ戦略”セミナー
“やずや の秘密にみる小さな会社が勝つルール”セミナー
こちらは、葉茶目茶ながら実に面白く且つ為になる講師である
栢野克己先生のお得意のセミナーです。超お勧めですね。
2つのセミナーと対談が、9月6日(火)に開催
名刺交換会もついて4時間30分、8大特典つき!

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

【洲山の活動報告】
8月18日京都市内経由倉敷日帰り出張19日東京セミナー開催
20日NO1集合セミナー参加して、感動DVDの制作を決意
21日大阪での経営相談後、博多に出張して会議参加
22日も終日博多にて会議参加後20時から大阪にて緊急相談
23日新大阪始発にて東京出張し会議参加後・羽田から岡山空港へ
岡山空港からは、乗り合いタクシーにて津山国際ホテルまで送って貰い、
1時間乗車して3,000円とお得でした。夜中まで会議参加
24日11時まで経営会議参加後JRにて帰阪し、セミナー開催
25日26日と北海道に出張しました。いやあ実に快適な気候です。
27日大阪にて開催のNO1セミナーにオブザーバー参加して、
チーム大阪のプレゼンを拝聴、合間に遠藤晃節が炸裂して、
すごく勉強になりました。
28日倒産回避の重要会議参加

これからも、毎日の仕事に喜び、将来に明るい望みを持ち、
大地に根を生やした企業サポートに邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。
⇒ 0120-59-8686
執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。
⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.429 洲山が解説する「推奨図書『周りが自然に助けてくれ…
  2. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.363 49期連続黒字の滋賀ダイハツの後継者育成に学ぶI…
  3. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.387 人材紹介会社活用についての特別ノウハウ 特集号
  4. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.108 富めるときも、貧しきときも、これを愛しーーー! …
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.187 サービサーをよく知ろう! 特集号
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.86 元・産業再生機構COO富山和彦著「会社は、頭から腐…
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.255 金融円滑化法終了対策=『実力利益』をUP 特集号…
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.59 事業再生を成功するには、信念を持ってお願いすれば道…
PAGE TOP