メールマガジンバックナンバー

vol.194 製造業の皆様、商品・製品別EBITDA管理計表の活用具体例

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山(しゅうざん) 事業再生・経営変革レポート』
         vol.194 2011年10月6日号    発行部数25,328部

モットー「明るく! 元気に!! 前向きに!!!」

今回のテーマは『製造業の皆様、商品・製品別EBITDA管理計表の活用具体例』
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」 悩める社長の救世主・洲山です。

10月3日は、北海道でこの冬一番の寒さを実感しました。
大阪よりも10度も温度が低く、大阪ならば厳冬の寒さ、
流石に地元の道産子も「寒い!」と言われてました。

さて、本号は東京オフィスの上席執行役員石井博のコラムです。

今回のテーマは、
『製造業の皆様、商品・製品別EBITDA管理計表の活用具体例』です。

前回(2011年8月17日)発行のメルマガで披露させていただきました、
『製造業の皆様、商品・製品別EBITDA管理計表を導入していますか?』では、
成果物としての『商品・製品別EBITDA管理計表』を作成して、
PDCA管理サークルを回して改善していけば、
必ず高業績の企業に生まれ変われる旨、記載しました。

今回は、
どのように『商品・製品別EBITDA管理計表』を活用すればよいか、
具体例(事例)を記載したいと思います。

事例1
A商品とB商品があります。
A商品は月次売上高AVで10百万円、売上高EBITDA率は赤字です。
B商品は月次売上高AVで3百万円、売上高EBITDA率で10.0%だと仮定します。

社長から『A商品を月次売上高AV目標として20百万円にしよう。』
という指示が、全営業マンに通達され、
全営業マンは、他の商品の販売活動はないがしろに、
A商品の認知度を上げるため展示会に出展したり、
広告宣伝に注力したりしました。

結果、
目標値である20百万円には到達せずとも
18百万円前後は受注をいただけるようになりました。

売上高が増加し喜ばしいことですが、本当に喜んでよいことなのでしょうか。

A商品について言えば、売上高EBITDA率が赤字ということは、
売ったら売っただけ赤字が広がる、ということです。
戦略的にA商品を販売していくことは間違っています。

ここまで極端な事例は無いかもしれませんが、
明確に商品・製品別の売上高EBITDA率を把握して、
戦略的にどの商品・製品を、いくらで、誰に、どの様にして、
販売するかを決定する必要があります。

商品・製品別の売上高EBITDA率が把握できていれば、
間違った戦略をすることも少なくなるのではないでしょうか。

事例2
新規商品の引き合いを頂戴しました。
毎月リピート性のある商品で、月次売上高で10百万円前後になる商売です。

以前、他の得意先から受注をいただいていた商品と
材質も形状もほぼ同じような商品で、既存設備で製造可能であり、
新規設備投資は必要ないと思われる商品です。

しかし、先方から指値を提示され、以前の商品売値からすると相当安く、
その価格にしてくれれば発注する、と言われています。
受注しようか否か迷っています。

この商品を受注してよいか否かも、以前、他得意先から受注していた商品の
『商品・製品別EBITDA管理計表』が存在していれば、
判断し易くなると思います。

先方からは指値を提示されている訳ですから、
以前、受注していた商品の『商品・製品別EBITDA管理計表』に
その指値をインプットすれば、
どのくらいの売上高EBITDA率が算出されるか、
を明確に把握することができます。

その売上高EBITDA率が仮に赤字であったとしても、
自助努力して売上高EBITDA率が黒字になる確約があれば、
その商売は受注した方がよいですし、
自助努力しても売上高EBITDA率が赤字であれば、
いくらの売値であれば売上高EBITDA率が黒字を確保できるか、
その売上高EBITDA率が黒字を確保できる売値を
先方に提示することも可能だと思います。
(受注いただけるか否かは別ですが。)

要は、いくらの売値が当社として限界か、
を把握することが可能になると思います。

上述した事例のように、『商品・製品別EBITDA管理計表』を作成し、
科学的に計数管理をすることで商品別の赤字受注がなくなり、
結果、高業績の企業に生まれ変われると確信しております。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

さて、
自分が知らないことでも、
プロに聞けば、さっと解決できる事がたくさんあります。

簡単に諦めずに、プロに相談しましょう!

私たち喜望大地のコンサルタントは、
あきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
 前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、

ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー

私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・為替デリバティブ・事業再生セミナー」です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:5,000円(洲山著「事業再生家」1,500円プレゼント特典付)
セミナー終了後に個別の無料相談タイムを用意しています。
未曾有の危機対策として、1社2名までご参加OKです。

日時:10月12日(水)14:00~16:00・11月15日(火)14:00~16:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩3分
   大阪市北区芝田2-4-4 日生ビル新館3F OBS会議室

日時:10月13日(木)14:00~16:00・11月11日(金)14:00~16:00
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-7-4矢満登ビル3F ルノアール会議室

主催:株式会社喜望大地
   大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
            フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億701万5千円の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

ご希望の方に無料プレゼント中です。

───────────────────────────────────

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」

紀伊国屋梅田本店ビジネス書週間ベストセラー1位
丸善丸の内本店ビジネス書週間ベストセラ─1位
MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店週間ベストセラー1位
紀伊国屋大阪本町店・週間ベストセラー連続1位
アマゾンランキング投資・金融・会社経営部門1位
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/
───────────────────────────────────
■お勧め書籍 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

喜望大地大阪本部オフィス所属常務執行役員であり、認定事業再生士(CTP)の
宮内正一が渾身の力を投入した処女作・1年で資金繰り改善を目指す!
「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
1.銀行交渉成功トーク術   2.正しいリスケの準備と作法
3.事業再生のヒント     4.経営改善計画書の作り方
実践的なノウハウ満載ですから、お勧めします。  洲山
⇒ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4495593412/
───────────────────────────────────

■編集後記
最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

【洲山の活動報告】
9月26日昨夜帰阪予定が、3連休の最終日とあり19時からすべて満席のために、
7:58の土成バス停からの始発便にて帰阪。
でも孫の顔を見て結果良かったです。出社後経営相談2件実施。
27日新規面談実施して、その後インクグロウ(旧:ベンチャーリンク)主催の
新規事業比較研究会に参加しました。
今伸び盛りのFC本部からのプレゼンであり、
面白そうなビジネスが多数ありました。
クライアント様にお勧めできるビジネスを発掘の目的で参加ですが、
成果ありました。
ベンチャーリンク時代には、金融機関向けの「企業再生」の基調講演を
オファーいただき、地銀・信金・信組の役員対象を
フォーシーズンホテルの国際会議室にてさせて頂いた良き想い出があります。
インクグロウの創業の理念である中小企業発展に
貢献されますことを祈念します。
「がんばれインクグロウ!!」
28日新規クライアント様の役員説明会実施。
29日東京にてコラボ会議2件・経営相談とM&A研修参加・
30日博多にて経営相談実施。早いもので9月終了です。

これからも、毎日の仕事に喜び、将来に明るい望みを持ち、
大地に根を生やした企業サポートに邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。
⇒ 0120-59-8686
執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。
⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.409 『税金のちょっとした大問題』を熱く語ります 特集…
  2. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.249 製造業の皆様、生産管理体制構築に経営資源を投下し…
  3. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.246 社会保険料延滞問題のソリューション実態調査レポー…
  4. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.53 借金30億からの逆転!~事業再生7つの鉄則~ 東京…
  5. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.316 製造業の皆様、人的要因による凡ミス(ポカミス)を…
  6. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.170 ジーとザー、一字違いで大違い!FCビジネスに気を…
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.61 遅延損害金をどう考えるか?誠意と熱意により道は拓け…
  8. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.452 製造業の皆様、作業報告書を改善・改革するために活…
PAGE TOP