メールマガジンバックナンバー

vol.195 IT化は、進んでいますか? 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山(しゅうざん) 事業再生・経営変革レポート』
         vol.195 2011年10月14日号    発行部数25,242部

「借金30億円からの逆転コラム」

今回のテーマは 『IT化は、進んでいますか? 特集号』
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」 悩める社長の救世主・洲山です。

昨夜は、立命館経営大学院MBA時代の恩師とそのご友人で
為替デリバティブに関する見識のある方と打ち合わせする機会がありました。
手数料の仕組みなど「目からうろこ」の話が盛り沢山でした。
弊社メニューの為替デリバティブ・通貨オプション問題の
ソリューション(問題解決)への解決メニューが増えました。
通貨オプション等でお悩みの社長は、是非ご相談ください。

さて、本号は東京オフィスの常務執行役員坂本利秋のコラムです。

今回のテーマは、
皆さんの会社でのIT化は、どれくらい進んでいますか?

当社東京オフィスの中堅、中小企業のクライアントを対象にすると、
だいたい以下のようになるでしょうか。

1.中小企業のIT浸透度

1)eメールは殆どの会社で導入済、95%程度。
2)EXCEL等の表計算ソフトでの顧客、営業管理導入が、50%~70%
3)ACCESS等のデータベースソフトでの管理導入が、20%
4)2,3のデータを分析し、方針を決める等、
 十分に有効活用していると思われる企業は5%と思われます。
5)市販のERPパッケージ?を導入している企業は、ほとんど0%です。
 ERPパッケージとは、Enterprise Resource Planningの略で、
 企業全体の経営管理を行うためのパッケージソフトです。

2.ERP導入のメリット

1)成功企業と同様の管理手法が手に入る

2)各種制度変更等に伴う自社ソフト手直し不要による、業務負担減

上を始めとするメリットがあるからこそ、年商500億円超の企業では、
実に75%がERPを導入しているのです。
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1103/04/news03.html

3.ERP導入のデメリット
 というより、中小企業が導入する際のハードル

1)そもそもどういうものかわからない
2)今のやり方でどうにかまかなえている
3)高額では?投資回収の見通し立たないのでは。

1,2については、少し勉強するか、無料体験版等を通じて、
導入メリットを実感できるものと思います。

残る問題は、価格です。

実際、私もクライアントへERPの導入を
積極的に勧めることはありませんでした。

しかし、先週SAP社(世界の大企業向けERPで圧倒的なシェアを誇るドイツ企業)
より、廉価版の中小企業向けERPが発売されました。

5ライセンスで、332,700円(税抜)からとの事ですから、
当初のキャッシュアウトあるも、PLでは毎年減価償却分のインパクトで、
効果が期待できるものであり、検討の余地ありと思います。

今回発売の製品ではないようですが、無料トライアル制度もあるようですね。

ご興味ある方は、SAPに限らず、ERPの導入を検討してみては如何でしょうか?

さて、
自分が知らないことでも、
プロに聞けば、さっと解決できる事がたくさんあります。

簡単に諦めずに、プロに相談しましょう!

私たち喜望大地のコンサルタントは、
あきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
 前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、

ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー

私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・為替デリバティブ・事業再生セミナー」です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:5,000円(洲山著「事業再生家」1,500円プレゼント特典付)
セミナー終了後に個別の無料相談タイムを用意しています。
未曾有の危機対策として、1社2名までご参加OKです。

日時:11月15日(火)・12月14日(水):14:00~16:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩3分
   大阪市北区芝田2-4-4 日生ビル新館3F OBS会議室

日時:11月11日(金)・12月16日(金):14:00~16:00
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-7-4矢満登ビル3F ルノアール会議室

主催:株式会社喜望大地
   大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
            フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億701万5千円の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

ご希望の方に無料プレゼント中です。

───────────────────────────────────

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」

紀伊国屋梅田本店ビジネス書週間ベストセラー1位
丸善丸の内本店ビジネス書週間ベストセラ─1位
MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店週間ベストセラー1位
紀伊国屋大阪本町店・週間ベストセラー連続1位
アマゾンランキング投資・金融・会社経営部門1位
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

───────────────────────────────────

■お勧め書籍 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

喜望大地大阪本部オフィス所属常務執行役員であり、認定事業再生士(CTP)の
宮内正一が渾身の力を投入した処女作・1年で資金繰り改善を目指す!
「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
1.銀行交渉成功トーク術   2.正しいリスケの準備と作法
3.事業再生のヒント     4.経営改善計画書の作り方
実践的なノウハウ満載ですから、お勧めします。  洲山
⇒ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記
最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

【洲山の活動報告】
10月3日4日と札幌にてクライアント様の経営相談実施。
その間友人と会い札幌西倫理法人会の
11月22日モーニングセミナー講師を依頼されました。
札幌地区の早起きの方は、6:30からジャスマックプラザでの開催ですから
是非ご参加ください。
5日岡山にて経営相談3件実施。
6日大阪オフィスにて経営相談2件実施後大阪駅から高速バスにて津山移動
7日終日経営相談
8日早朝8時~9:40まで全社研修実施して、ベクトル統一。
「会社の発展と社員の幸福が一致する経営」について熱弁をふるいました。
10時津山発のバスにて帰阪して、関西顧客獲得セミナーに参加。
9日オフィスにてデスクワークに集中

これからも、毎日の仕事に喜び、将来に明るい望みを持ち、
大地に根を生やした企業サポートに邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.48 大災害に対する備えは? サアどうする? 対策号
  2. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.447 『大衆』にはなりたくないよ~! 特集号
  3. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.368 社長はみんな知っている!の巻 特集号
  4. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.200 幻冬舎刊『あなたの会社をお救いします-事業再生総…
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.53 借金30億からの逆転!~事業再生7つの鉄則~ 東京…
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.36 リスクマネージメントノウハウその17 会社が傾いて…
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.66 資金ショートを乗り越える心構えのいろは 特集号
  8. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.506 最近の若者にびっくりした話 その弐 特集号
PAGE TOP