メールマガジンバックナンバー

vol.211 製造業の皆様、変化点管理をされていますか? 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山(しゅうざん) 事業再生・経営変革レポート』
         vol.211 2012年2月10日号    発行部数24,961部
「借金30億円からの逆転コラム」

今回のテーマは「製造業の皆様、変化点管理をされていますか? 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」 悩める社長の救世主・洲山です。

生れてはじめて、両国国技館で断髪式と大相撲を観戦しました。
ライブの迫力に感動しながら、引退と第二の人生を考える一日となりました。

詳細は、編集後記にて

また、今月は、定例の大阪・東京以外に名古屋と姫路でも洲山セミナーを
開催しますので、資金調達や経営を良くするヒントを得たい経営者の皆様は、
是非ご参加ください。

さて、本号は東京オフィス上席執行役員で認定事業再生士(CTP)石井博の
メーカーの不良品撲滅運動へのコラムで、
今回のテーマは、『製造業の皆様、変化点管理をされていますか?』です。

前回のメルマガでは、品質管理活動に経営資源を投下して、
安定したモノづくりをし、得意先にご迷惑をお掛けしないことが
製造メーカーとして重要である旨、ご紹介させていただきました。

今回のメルマガも品質を安定させるためには、不良を流出させないためには、
どの様な管理をしていけばよいか、についてご紹介させていただきます。

不良が発生した要因として作業人員の変更があったとか、
製造工程を変更したとか、原材料メーカーを変更したとか、
よく言われることだと思います。

これは、全てモノづくりの中で変化点に値する事項です。

製造現場にてよく言われる変化点とは
4M(Man、Machine、Material、Method)のことを指しています。
4が変化した時は変化点として捉え、

初回ロットの生産時および品質検査には十分注意する必要がある、
と言われております。

Manとは、
人のことであり、作業者、品質検査員、パッキング人員が
変更した場合は変化点となります。

Machineとは、
機械、設備のことであり、
加工を施す機械、設備が変更した場合は変化点となります。
また、修繕を施した後の初回ロットについても変化点と捉えた方がよいと思います。

Materialとは、
材料、部品のことであり、原材料仕入先を変更した、
購入部品の外注先を変更した場合は変化点となります。

Methodとは、
方法、ノウハウのことであり、手作業を機械加工に変更した、
組立作業の順番を変更した場合は変化点となります。

4Mの変化点を軽視していたことから最悪は不良を得意先へ
流出させることになりますが、
これを防ぐためにも4M管理が必要であるということになります。

4M管理を徹底するためには、
現場の方々に対して管理者が指導(教育)、躾をすることだと思います。

何か異常があった場合には、必ず管理者に報告させる仕組みをつくること、
例えば、『加工時の音が通常と違う』とか、『通常と匂いが違う』とか、
現場の方々は常に作業をされていることから、
その辺は非常に敏感なはずです。

変化があった場合は、作業者の判断ではなく、管理者の判断を仰ぐ、
という仕組みが必要であり、
報告する癖をつくることが指導(教育)、躾ということになると思います。

現場の方々に、『作業者が変更するときは報告して』とか、
『機械をいじったら報告して』とか、
『なにか変化があったら報告して』というように
上申する仕組みをつくることが必要かもしれません。

また、その報告をしてくれなかったことにより、
最悪、不良を得意先に流出させることになる可能性を秘めていることも
付け加えた方がよいかもしれません。

モノづくりにおいて不良が0%ということは
正直、非常にハードルが高いことだと思います。

不良が発生しても社内不良に留め、得意先に流出させないことが、
製造メーカーとしては重要なことではないでしょうか。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

さて、
自分が知らないことでも、
プロに聞けば、さっと解決できる事がたくさんあります。

簡単に諦めずに、プロに相談しましょう!

私たち喜望大地のコンサルタントは、
あきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

7周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
 前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー

私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・為替デリバティブ・事業再生セミナー」です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:5,000円(洲山著「事業再生家」1,500円プレゼント特典付)
セミナー終了後に個別の無料相談タイムを用意しています。

未曾有の危機対策として、1社2名までご参加OKです。

日時:2月16日(木):14:00~16:00
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-7-4矢満登ビル3F ルノアール会議室
日時:2月15日(水):14:00~16:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩3分
   大阪市北区芝田2-4-4 日生ビル新館3F OBS会議室
日時:2月18日(土)夕方予定
場所:JR線『名古屋駅』近く
   名古屋丸の内「清風ビル」2階会議室
日時:2月23日(木):13:30~16:00
場所:姫路商工会議所
主催:株式会社喜望大地
   大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
            フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億701万5千円の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

ご希望の方に無料プレゼント中です。

───────────────────────────────────

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
紀伊国屋梅田本店ビジネス書週間ベストセラー1位
丸善丸の内本店ビジネス書週間ベストセラ─1位
MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店週間ベストセラー1位
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

───────────────────────────────────

■洲山著   幻冬舎新書版  経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
分かり易く、問診から内科・外科・ICU・リハビリから退院まで
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987

───────────────────────────────────

■お勧め書籍 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

喜望大地大阪本部オフィス所属常務執行役員であり、認定事業再生士(CTP)の
宮内正一が元金融機関出身のノウハウを開陳・1年で資金繰り改善を目指す!
「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
1.銀行交渉成功トーク術   2.正しいリスケの準備と作法
3.事業再生のヒント     4.経営改善計画書の作り方
実践的なノウハウ満載ですから、お勧めします。  洲山
⇒ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

友人のTさんに誘われて、
2月4日両国国技館にて「土佐ノ海」断髪式に参加しました。
同志社相撲部出身であり、オール同志社の応援と
地元高知からもたくさんの熱心なファンがたくさん来ていました。
11時から始まり、16時過ぎまで興味深く見ていました。
メインエベントの断髪式には、中井貴一はじめ芸能人や著名人と友人など
約300名もがハサミを入れて、何と約2時間近くかかりました。
ご祝儀相場○○万円との由、退職金兼親方としての再スタート資金として、
良きシステムであり、こんなに盛大に引退式と親方披露が出来る関取人生は、
幸せだなあと感銘しました。また、ライブの大相撲は初めて見ましたが、
体重150kgがぶつかり合う迫力は、すざまじく感動しました。
一度高層ビルで花火を見て、すごく綺麗なのに感動がないのは何故か?
それは、あの爆発音が聞こえないからと発見した事を思い出しました。
TVで観戦する大相撲は、高層ビルの窓越しで見る花火と同じで、
迫力が伝わらないのです。やはりライブの迫力は、必見の価値があります。
前から念願だった、横綱の土俵入りも生で見て、感激しました。

次回は、孫を連れて見に来たいと思いました。
読者の方も、ライブの国技「大相撲」を見ましょう!

これからも、毎日の仕事に喜び、将来に明るい望みを持ち、
大地に根を生やした企業サポートに邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.287 策だけではない、魂の経営改善=組織論 特集号
  2. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.469 会社売却支援で選ばれる理由 特集号
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.76 ブリッジとしての機能による、再生支援作戦! 特集号…
  4. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.340 破産覚悟から事業承継し、5千万円の純資産確保し、…
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.429 洲山が解説する「推奨図書『周りが自然に助けてくれ…
  6. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.337 製造業問題解決の8つのステップ!STEP5:対策…
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.36 リスクマネージメントノウハウその17 会社が傾いて…
  8. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.369 実力利益を増加させる奥義を解説する 特集号
PAGE TOP