メールマガジンバックナンバー

vol.218 破産するのは、ちょっと待った!社長があきらめない限り、会社は再生、復活できます。 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山(しゅうざん) 事業再生・経営変革レポート』
         vol.218 2012年3月29日号    発行部数24,709部
「借金30億円からの逆転コラム」

今回のテーマは「破産するのは、ちょっと待った!
 社長があきらめない限り、会社は再生、復活できます。 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」 悩める社長の救世主・洲山です。

ここ最近の話題として、社内役員会での「破産」を決議した後に、
諦めきれずに、洲山に相談されて、再生の道を歩みだした企業が立て続けに
2社ありました。(驚!)

両社とも、破産のレベルではなくて、洲山の目から見れば「軽傷」でした。

軽傷の根拠は、
1.銀行へのリスケもせず、延滞もしていない
2.租税債務の延滞がない
3.仕入先への支払い遅れがない
などなどです。

本号は、事業再生家洲山の
「破産するのは、ちょっと待った!
 社長があきらめない限り、会社は再生、復活できます。特集号」
です。

A社は、東日本に本社があり、卸業態です。
約100名の雇用により地域貢献しながら、全国に何拠点かあります。
3年前までは、健全な財務体質であったのに、
新規事業にチャレンジして、大失敗をしました。
そして、4年間で4名も経理部長が変わるほど
混乱していたことも要因の一つです。
破産を申立てる事を幹部会で決定しましたが
その後、社長があきらめきれずにネットサーフィンで、
事業再生コンサルを研究して3社に絞り込み、
その流れで、翌日喜望大地にTELされました。

そのTELがあった折に、
幸い洲山が珍しく大阪オフィスにおり、対応しました。

そして、即日面談に来社いただき、再生の可能性を説明しました。

結果、依頼を受けましたので、即アクションプランを実行しました。

まずは、資金ショートを回避する為に、止血措置実行。
あらゆる支払い停止実行。

その後、多額な資金ショートから、止血だけでは間に合わず、
輸血(=借入金)も、洲山人脈で動き、資金調達に成功しました。

そんな中で、有力仕入れ先からは、
温かい支援のメッセージを多数いただきました。

心より感謝申し上げます。

そんな中、仕入れ先の1社から前金要請がありました。

本要請は、信用不安が起こった折には日常茶飯事に起こりうる事です。
が、再生するべく懸命な努力をしている会社にとっては、
許しがたい暴挙です。

されど、商品を納入するメーカーや問屋側からは、当然とも言えます。

本件は、神学論争と同じで、正解はありません。

たとえ、結果が吉と出ようと、凶と出ようと許容できるかどうか?
が、回答と洲山は思います。

そんな悩ましい与信取引(信用を供与する取引=売掛で納品する事)
の事例を一つ披露します。

それは、歴史上に残る倒産事件である「マイカル」の出来事です。

マイカルとは、旧社名ニチイから社名変更し、
「サティ」「ビブレ」の店舗名で、大型店を日本中に展開し、
拡大策に失敗し破綻後イオンをスポンサーにして、再生した企業です。

どれくらい巨大だったかは、正社員:7,000名・契約社員:3,100名
パート社員:35,800名であり、グループ負債:約2兆円でした。

そのドロドロした倒産劇の内幕と、倒産後の品切れによる悲哀と
再生に至る過程をドキュメントタッチで本になっています。

その本のP247のエピソードです。

そんな中で、真っ先に取引打ち切りを宣言してきたのが、
ある大手食品卸会社だった。

マイカルのスポンサーに決まったイオンは、マイカルの取引先を集めて
支払い条件の緩和を要請した。
同時に、イオンがスポンサーになっても、
従来のマイカルの取引先を一社たりとも切らないことを約束し、
かたくなにそれを守り続けた。
頃合いを見計らって、イオンの大手取引先でもある同社の役員が
岡田(イオン社長であり、マイカル管財人の岡田元也)を訪ねてきた。

「ああいう形で引いたけれど、イオンさんがスポンサーに決まったと
 なれば、状況は変わった。
 マイカルとの取引も再開したいので、よろしくお願いします。」

しかし、岡田は即答した。

「申し訳ないが、それは出来ません」

申し出を、ピシャリとはねつけたのだ。

「経営者としての判断は正しいと思うし、自分もそうすると思います。
 でも、取引停止により、マイカルの不良債権を抱えてしまうと言う
 リスクを、彼は外したことになる。
 しかしその一方で、マイカルが再建した暁には、
 その商権を失ってしまうリスクも当然あったはず。
 その両方を考えたはずです。
 その結果、全社のリスクを嫌ったのだから仕方がない。
 まして私は、最後まで取引に応じてくれた零細業者まですべてに対して、
 支払いの日延べをお願いしました。
 その後協力の下で、マイカルはやっていけた訳だから恩義があります。
 御社に戻っていただくスペースはございませんと、
 お断りするしかなかった。」

出所:加藤鉱著 ビジネス社刊
「再生したる」―ドキュメント「マイカル復活」1,500日

いやあ見事な対処であり、筋が通った取引方針ですね。

洲山もその昔、小売業の社長時代に風評被害で、商品が入荷困難となり、
往生したほろ苦い思い出があります。

仕入れ先の説得に、TELしたり、FAXしたり、訪問しました。

よって、結論:「信用なくせば、商売成り立たず」

社長のミッション(=使命)の一つに、
社員に心配かけずに、商品が安定供給される事があります。

常日頃から、仕入れ先の経営陣とは、信頼関係を構築しましょう。

また、与信リスクが高まる手形取引は避けて、
いつもニコニコ現金払いを当月末締め、
翌月末銀行送金決済にしましょう。

自分が知らないことでも、
プロに聞けば、さっと解決できる事がたくさんあります。

簡単に諦めずに、プロに相談しましょう!

私たち喜望大地のコンサルタントは、
あきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

7周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
 前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「皇寿経営セミナー(永遠に事業継続発展するコツを伝授)」

私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・為替デリバティブ・事業再生セミナー」です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:5,000円(洲山著「事業再生家」1,500円+「事業再生総合病院」
プレゼント特典付)+個別無料相談タイムを用意しています。
また、1社2名までご参加OKです。

日時:4月11日(水)・5月16日(水):14:00~16:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩3分
   大阪市北区芝田2-4-4 日生ビル新館3F OBS会議室

日時:4月13日(金)・5月18日(金):14:00~16:00
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-7-4矢満登ビル3F ルノアール会議室

日時:4月14日(土)14:00~16:00
場所:JR静岡駅ビル
   パルシェ7F C会議室

日時:5月17日(木)14:00~16:00
場所:JR仙台駅前
   ヒューモスファイブ 9F会議室20

主催:株式会社喜望大地
   大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
            フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億701万5千円の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

ご希望の方に無料プレゼント中です。

───────────────────────────────────

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
紀伊国屋梅田本店ビジネス書週間ベストセラー1位
丸善丸の内本店ビジネス書週間ベストセラ─1位
 http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

───────────────────────────────────

■洲山著   幻冬舎新書版  経営状態をよくしたい社長にお薦めです。
「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
分かり易く、問診から内科・外科・ICU・リハビリから退院まで
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987
MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店週間ベストセラー1位

───────────────────────────────────

■お勧め書籍 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に
喜望大地大阪本部オフィス所属常務執行役員であり、認定事業再生士(CTP)の
宮内正一が元金融機関出身のノウハウを開陳・1年で資金繰り改善を目指す!
「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
1.銀行交渉成功トーク術   2.正しいリスケの準備と作法
3.事業再生のヒント     4.経営改善計画書の作り方
⇒ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記
最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

洲山から見れば、軽傷なのに「破産」と言うすべてを清算する決定を
簡単に下す意思決定を立て続けに受けて、「ちょっと待った」と、
大相撲で言う。『物言い』を言ってみました。

会社は、そんなに簡単につぶしてはいけません。

ましてや、大勢の社員が生活の糧に懸命の努力をしてるのに、
経営者たる者、「雇用を守る」重みをしっかり噛みしめる必要があると
考えています。

洲山は、2030年ビジョンの100万名の雇用を守り、創造する事に、
命を懸けて取り組む所存です。

これからも、毎日の仕事に喜び、将来に明るい望みを持ち、
大地に根を生やした企業サポートに邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.401 『金融庁のレポートと方針』を分かりやすく解説 特…
  2. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.174 小さな会社のための正しいリスケの進め方 特集号
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.114 崖っぷち企業を再生する跳び箱理論とは何ぞや? V…
  4. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.471 P生命保険 VS JRA 仁義なき戦い 特集号
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.158 断捨離(だんしゃり)のススメ! 特集号
  6. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.305 住民税に関するナニワの評論家の声『返せ!俺の住民…
  7. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.437 製造業の皆様、現場グループ長の役割とは? 特集号…
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.48 大災害に対する備えは? サアどうする? 対策号
PAGE TOP