メールマガジンバックナンバー

vol.225 注目のスポーツ選手 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山(しゅうざん) 事業再生・経営変革レポート』
         vol.225 2012年5月15日号    発行部数24,567部
「借金30億円からの逆転コラム」

今回のテーマは「注目のスポーツ選手 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」 悩める社長の救世主・洲山です。

共著ながらも洲山4冊目となる本がPHPから発売しました。

55歳の手習いで通いました、
立命館大学経営大学院MBA時代の恩師島教授の力を借りて上梓しました。

為替デリバティブ問題にてお悩みの社長に解決の可能性を伝授する本です。

タイトル
「ハイリスク金融商品に騙されるな!
 損失を取り戻して解約を進めるノウハウ」です。

大手書店中心に並び始めていますので、
目に触れると手に取ってご笑覧賜れば幸いです。
赤の派手目のカバーです。

⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4569804853/  

著者PR文です。

「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」を旗印に、
悩める社長の救世主として活動している事業再生家:洲山(しゅうざん)です。
本書では、為替デリバティブという難解な金融商品を
内容をほとんど理解せずに金融機関からは「お付き合い」の一言で契約し、
円高による巨額の損失で悩んでおられる中小企業の社長に向けて
「自己責任」と諦めずに解決の可能性があることを解説して書いております。
具体的には、契約の解除方法や損失後の企業再建の方法、
危険な金融商品に騙されないための事前防止策なども
詳しく解説されていますので、ハイリスクな金融派生商品でお困りの方には、
きっとお役立ちいただけるかと思います。

本号は、東京オフイス所属の常務執行役員坂本利秋による
スポーツ時事ネタコラムです。

いやあ、今週末はダルビッシュ、香川が大活躍でした。
こんな時は、ネットで記事を検索するのが楽しい。

1回表を抑えて、自軍が1死満塁のチャンス!という時に豪雨により中断。

日本だとこのまま試合中止かな?という雨でしたが、
ホームのレンジャースが大量得点のチャンスだったからか、
そもそもMLBの過密日程では簡単に中止にできないのか、
中止するそぶりなし。

所用をすませテレビをつけると、ちょうど試合再開のタイミング。

自軍のハミルトンの2ホームラン等で大量得点。
(コンパクトにかるーく振っているように見えるんですが飛びます)

投げるダルビッシュは、
6回途中で3失点、被ホームラン2本という内容でした。

ピリッとしないなあ。勝ち星はつくのは間違いないだろうけど。というのが、
降板時の率直な感想で、実際にダルビッシュは5勝目を挙げました。

へえ~と思ったのは、試合後のインタビュー。
監督、2ホームランのハミルトンらがダルビッシュを絶賛していたこと。

通常、中断後は投手は交代するのが、MLB流だそうです。

肩を温め続けるために、結果的に百球位?投げたとすると、
確かに1日の投球上限を超えていたかもしれない。

しかし、ダブルヘッダー+深夜移動後の試合で投手陣が疲労していたため、
続投を志願したという背景があるそう。なるほど、そういうこと。

「I liked his guts」(私は、彼のガッツが好きだ)
ワシントン監督の言葉です。
なにか、日本の監督のコメントのようでもあります。

まだシーズン序盤ですが、
サイヤング賞(リーグNo1ピッチャーの称号)を期待してます。

続いて、サッカーの香川選手です。

既に国内リーグでの優勝を決めておりましたが、
2冠をかけてドイツ杯でバイエルンと激突、
1ゴール、1アシストで、見事2冠を達成しました。

今年の香川は、見事でした。

歴代の日本人サッカー選手の中で、No1の活躍でしょう。

中田、本田らと比べると、スター性で劣るものの、
成績、ピッチ内での存在感が抜群です。

172センチ、63キロと、一般人と変わらぬ体格なんですけど。

噂通り、イングランドのマンチェスターユナイテッドに移籍して、
大活躍してほしいものです。

自分が知らないことでも、
プロに聞けば、さっと解決できる事がたくさんあります。

簡単に諦めずに、プロに相談しましょう!

私たち喜望大地のコンサルタントは、
あきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

7周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
 前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「皇寿経営セミナー(永遠に事業継続発展するコツを伝授)」

私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・為替デリバティブ・事業再生セミナー」です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:5,000円(洲山著「事業再生家」1,500円+「事業再生総合病院」
プレゼント特典付)+個別無料相談タイムを用意しています。
また、1社2名までご参加OKです。

日時:5月16日(水):14:00~16:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩3分
   大阪市北区芝田2-4-4 日生ビル新館3F OBS会議室

日時:5月25日(金):14:00~16:00
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-7-4矢満登ビル3F ルノアール会議室

日時:5月18日(金)14:00~16:00
場所:高松商工会議所・生駒学税理士事務所主催

主催:株式会社喜望大地
   大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
            フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億701万5千円の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

ご希望の方に無料プレゼント中です。

───────────────────────────────────

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
紀伊国屋梅田本店ビジネス書週間ベストセラー1位
丸善丸の内本店ビジネス書週間ベストセラ─1位

 http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

───────────────────────────────────

■洲山著   幻冬舎新書版  経営状態をよくしたい社長にお薦めです。
「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」

分かり易く、問診から内科・外科・ICU・リハビリから退院まで
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987
MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店週間ベストセラー1位

───────────────────────────────────

■お勧め書籍 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に
喜望大地大阪本部オフィス所属常務執行役員であり、認定事業再生士(CTP)の
宮内正一が元金融機関出身のノウハウを開陳・1年で資金繰り改善を目指す!
「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
1.銀行交渉成功トーク術   2.正しいリスケの準備と作法
3.事業再生のヒント     4.経営改善計画書の作り方
⇒ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記
最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

昨日は、札幌にてバンクミーティングに参加して司会及び社長の補佐役を
務めました。老舗の事業継続を願っています。
今日は、大阪駅から高速バスにて岡山県津山入りしました。
明日は、大阪にて永遠に存続発展する「皇寿経営セミナー」開催します。
17日は東京、18日は四国での初セミナー開催です。
高松の生駒学税理士事務所様の主催で「皇寿経営セミナー」開催します。
四国地区の皆様にお会いできるのが楽しみです。
一般の方も参加できるようですから、ご都合つけばご参加ください。

これからも、毎日の仕事に喜び、将来に明るい望みを持ち、
大地に根を生やした企業サポートに邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.492 製造業の皆様、品質管理チェックシートを活用されて…
  2. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.16 『ピンチをチャンスに変える』鉄則!「底なしの借金地…
  3. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.183 製造業の皆様、管理会計を導入していますか? 特集…
  4. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.151 家財が差し押さえられたらどうしよう(;一_一)
  5. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.134 事業の目的は?を考える 特集号
  6. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.292 グルメ坂本レポート『八重洲のおすすめランチ』 特…
  7. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.420 チェリーピッカーにご用心! 特集号
  8. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.242 不動産の価格は一つではないという話 特集号
PAGE TOP