メールマガジンバックナンバー

vol.238 年金機構による最近の回収事例体験談 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山(しゅうざん) 事業再生・皇寿経営レポート』
         vol.238 2012年8月22日号    発行部数24,073部
「借金30億円からの逆転コラム」

今回のテーマは「年金機構による最近の回収事例体験談 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」を旗印に、
悩める社長の救世主として、活動している洲山です。

資金繰りに頭を悩ませている社長・経理部長に朗報です!
東京スター銀行のグループ会社である
東京スター・ビジネス・ファイナンスから
売掛債権を担保に資金調達できる可能性が有ります。

喜望大地からご紹介も可能ですから、お気軽にご相談ください。

東京スター・ビジネス・ファイナンスの『スターABL』は、
売掛債権担保融資のパイオニアとして、
・保証協会枠に余裕が無く、所有不動産も無いため新規借入ができない。
・連続赤字や債務超過など業績悪化により、新規借入ができない。
・返済条件見直しのため、新規借入ができない。
・税金、社会保険料の滞納があるため、新規借入ができない。
・業績好調であるが、業歴が浅いとの理由で新規借入ができない。
などの場面で、中小企業の皆様のお役に立っております。

ファクタリングや手形割引と異なり、取引先が大手企業でなくても
安定して継続性のある取引先を10社以上お持ちであれば
融資検討対象となるとのことです

是非ご相談してみたらいかがでしょうか

●同社の詳細はこちらから確認できます
http://www.tokyostar-bf.co.jp/index.html

さて、
本号は、東京オフィ執行役員・認定事業再生士(CTP)
鳥倉大介の体験談コラム
テーマは、『年金機構による最近の回収事例体験談』です。

年金機構による最近の回収事例体験談

日本年金機構の回収姿勢がきつくなっていると実感しています。
日本年金機構の徴収課で担当を相手に苦戦されている
経営者の方も多いのではないかと思います。

年金機構の方がおっしゃることにはパターンがあります。

1.当年度分を遅滞無く払って欲しい
 当たり前ではありますが、長期化する延滞は回収が困難になります。
 2ヶ月遅れまでは許されると考えもあるかもしれませんが、
 年金機構の方としては大事なポイントとして見ています。

2.過年度分の延滞もいくらか入れて欲しい
 少し前までは、平成22年1月以前(年金機構発足前)の延滞には
 督促が余り厳しくありませんでした。担当にお話を聞くと、
 それ以前の延滞は、社会保険庁が認めた公的な延滞であり、
 年金機構発足後の延滞は、年金業務を受託した機関として
 国に申し訳が立たないので許されないのだと説明を受けたことがあります。
 公務員ギャグとしては笑い所かもしれませんが、
 これで助かる経営者もいます。

3.『未納社会保険料等の納入計画書』を提出して欲しい
 大抵は12月末くらいまでの未払精算と、
 同月分の納付を確約しなさいと言われ、
 書式に記入、捺印し提出することを前提に
 滞納処分を保留すると言われます。
 年金機構は年度の回収を4月に締める関係で
 余裕のある督促をするため12月末に一度ハードルを設けることが多いです。
 それでダメな延滞者については
 3月までの3ヶ月でどう精算するのかを迫ります。
 そして4月末に間に合うように、差押等の最終手段を躊躇無く行います。

4.担保提供をして欲しい
 3ヶ月までの延滞は4.3%、
 3ヶ月超の延滞には14.6%の延滞金利がかかります。
 ただし、督促状による指定期限までに支払えば4.3%は不要です。
 これが2ヶ月遅れまでは許されると経営者が考える理由です。
 担保提供をすれば延滞利息軽減する制度もあり、
 売れない土地などを持っている場合は、
 担保提供による延滞金利の減免を申し込む方法もあります。

5.支払手形を差し入れて欲しい
 『未納社会保険料等の納入計画書』で約束した金額と
 期間分の手形を12枚を一度に下さいと言われるようなケースもあります。
 どんなに厳しく担当に叱責されても資金繰りに困窮した経営者でも、
 手形の交付は避けるべきです。
 銀行は手形貸付の手形で不渡りをださせるようなことはしませんが
 年金機構はあっさりやります。
 一度渡した手形を差し替える依頼は困難を極めます。
 実質ほとんど無理と理解しておいた方が良いほどです。

以上はその身でご経験になった経験者の社長も多いと思います。
プラス今後の注意点を少し書き記したいと思います。

・年金機構は気軽に差押をし、倒産の引き金を引くことを躊躇しません。

支払意思の有無と言うだけでなく
社長が呼出に応じないという理由だけでも差押をします。

銀行口座の差押は、反対債権(借入のある銀行にある口座の場合)があるので
実質的な債権回収効果はありませんが、年金機構は気軽に実施します。

滞納処分(差押)をする権限が国から与えられており、
裁判によらず強制的に差押を実行する権利があるからです。

また、銀行口座の差押となれば、差押を解除しない限り、
銀行との銀行取引約定書違反となり、銀行取引停止、口座凍結となるため
年金機構の要求を全て飲んだとしても差押解除しなくてはいけません。

そのため、挨拶代わりと言うか呼出代わりに差押を実行します。

ある事例で、反対債権があり口座が凍結されたため
差押に失敗した年金機構担当と打ち合わせると
「銀行に差押解除したと通知するので、同行しますので一緒に銀行へ行き
 口座の凍結が解除されたら、その場で年金機構に現金で支払って下さい。」
と言われ、そんな馬鹿な話を銀行が飲むのかと聞いたところ、
「よくやっていることなので大丈夫です」と言われました。

実際にその対応をしました。銀行も応じました。

悪辣な回収方法と憤りを感じますが、
現実に起こったことですのでご注意下さい。
年金機構が強気なのは、債権の優先順位が租税債権と
同等であるということに由来します。

ただし、これは破産申立後や事業停止後の話であって、生きている企業
雇用を生み出している企業に対する在り方として相応しいとは思えません。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
あきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

7周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
 前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「皇寿経営セミナー(永遠に継続発展するコツを伝授)」

私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・為替デリバティブ・事業再生セミナー」です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:5,000円 参加特典:(洲山著「事業再生家」+「事業再生総合病院」
プレゼント)+個別無料相談タイムを用意しています。
また、1社2名までご参加OKです。

日時:9月18日(火):14:00~16:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩5分
   大阪市北区芝田2-4-4 日生ビル新館3F OBS会議室

日時:9月27日(木):14:00~16:00
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-4-20 東京八重洲ビル8F

リスケのプロである宮内正一が
「金融円滑化法の出口戦略ノウハウを伝授する」セミナー開催

日時:9月26日(水):14:00~16:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩5分
   大阪市北区芝田2-4-4 日生ビル新館3F OBS会議室

主催:株式会社喜望大地
   大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
            フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著   幻冬舎新書版  経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987

■島義夫教授・洲山共著 為替デリバティブ問題解決指南書

PHP刊「ハイリスク金融商品に騙されるな!」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4569804853/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

資金繰りは、経営者にとって永遠のテーマです。
赤字で会社はつぶれませんが、黒字でも資金ショートすると
会社は、KOされて倒産します。
リスケ中でも、保証協会に代位弁済されていても資金調達の可能性が
有りますので、お気軽に喜望大地の無料経営相談にて、
ご相談ください。

これからも、毎日の仕事に喜び、将来に明るい望みを持ち、
大地に根を生やした企業サポートに邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.137 掛け算と足し算で粗利アップ↑
  2. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.219 ビジネスバックダイジェストの勧め! 特集号
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.95 糖質制限 幸楽食(こうらくしょく)にて、世の中にお…
  4. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.79 決断と実行で、手形不渡危機を乗り越える! 特集号
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.361 49期連続黒字の滋賀ダイハツの後継者育成に学ぶI…
  6. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.251 中小零細企業の社長・事業再生士が見る!!総選挙の…
  7. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.396 I-Cバランスについて―やる気を醸成する組織論 …
  8. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.127 ギントリって読んだ事あります?
PAGE TOP