メールマガジンバックナンバー

vol.241 風雲急を呼ぶ『尖閣諸島』 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山(しゅうざん) 事業再生・皇寿経営レポート』
         vol.241 2012年9月20日号    発行部数24,153部
「借金30億円からの逆転コラム」

今回のテーマは、「風雲急を呼ぶ『尖閣諸島』 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」を旗印に、
悩める社長の救世主として、活動している洲山です。

3連休を使って、大阪オフィスを引越ししました。
洲山の周りは、段ボールの山で、ジャングル状態です(ー_ー)!!
今日明日で、何とか片づけたいと奮闘しています。(^○^)

さて、洲山が弟子入りをした遠藤晃師匠が、
「たった5人集めるだけで年収3,000万円になる」無料動画を公開中です。
士業・コンサルタント・営業マン・経営者必見の動画です。

さて、
本号は、東京オフィス常務執行役員坂本利秋の時事コラム
テーマは、「風雲急を呼ぶ『尖閣諸島』」

尖閣諸島周辺が、緊迫してきました。
報道によると、数日間の動きは以下の通りです。

「直接の要因は、9月9日の野田総理と胡主席会談での、
 尖閣諸島の国有化に対する警告を無視し、11日に閣議決定をしたため。
 中国内で大規模な反日デモ起きるも、
 中国政府への不満のガス抜きもありしばらく黙認。
 17日頃から、逮捕者が出始めた模様。
 現在、1,000隻の中国漁船(武装化しているんでしょう)が
 尖閣諸島を目指している。」

ここで、3点疑問があります。

1.野田総理は、実効支配しており中国に対して
 無視の姿勢でも良いはずの状況下、なぜ国有化を急いだのでしょうか?

石原都知事の動きを抑えるためとしても、急ぎ過ぎの感があります。
アメリカからの助言があったようにも見えませんし、
そもそも、外務省からの助言は無かったのでしょうか?

(一部サイトにおいて、外務省のチャイナスクールが国益よりも、
省益拡大を優先し、あえて国有化を進めさせたとのコメントもありますが、
本当でしょうか?)

2.中国政府は、しばしばデモを黙認しますが、
 コントールし続けることは可能なのでしょうか?

ガス抜きという目的は、分かるんですよ。

今回も、独立運動が活発な地域でのデモは無いようですから、
これまで通り鎮静化に向かうのでしょう。

しかし、ちょっとした中国政府のコントロールミス、偶然等が重なり、
一気にデモがコントロールできなくなるリスクが高いと思います。

全国に広がる前に軍が出動すれば、鎮静化は出来るかもしれませんが、
国際社会での孤立が進み、中国政府の弱体化が進むのでしょう。

3.いま、まさに1,000隻の中国漁船が尖閣を目指しており、
1両日中に尖閣に到着する模様です。

海上保安庁で対応出来るのでしょうか?
保安庁は全国で446隻を保有してますが、
仮に瞬時に尖閣に配置しても(既に現実的でないですが)、
446対1,000で数的に不利であり、
さらに漁船は武装しており装備面でも不利でしょう。

両にらみが続くも、最後は中国漁船が帰っていくのが良いのでしょうが、
最悪の場合は自衛隊が出動し、さらに緊迫感が増してしまうのでしょうか。

経験の少ない民主党には、難しいかじ取りだと思いますが、
行方を見守りたいと思います。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
あきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

7周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
 前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「皇寿経営セミナー(永遠に継続発展するコツを伝授)」

私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・為替デリバティブ・事業再生セミナー」です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:5,000円 参加特典:(洲山著「事業再生家」+「事業再生総合病院」
プレゼント)+個別無料相談タイムを用意しています。
また、1社2名までご参加OKです。

日時:10月23日(火):14:00~16:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩5分
   大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F

日時:9月27日(木)・10月24日(水):14:00~16:00
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-4-20 東京八重洲ビル8F

リスケのプロである宮内正一が
「金融円滑化法の出口戦略ノウハウを伝授する」セミナー開催

日時:9月26日(水):14:00~16:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩5分
   大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F

主催:株式会社喜望大地
   大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
            フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著   幻冬舎新書版  経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987

■島義夫教授・洲山共著 為替デリバティブ問題解決指南書

PHP刊「ハイリスク金融商品に騙されるな!」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4569804853/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

新オフィスは、目の前に「うめきた」第一期再開発のグランフロント大阪の
ランドマークとなる「インターコンチネンタルホテル」とJR西日本本社ビルが
目の前に見えます。

来春4月にはグランフロント大阪の街開きが有り、JR大阪駅中央北口まで、
2階のプロムナードを歩いて5分で歩けますから、便利になります。
少人数のセミナールームやカンファレンスルーム(会議室)も
充実しましたので、お近くにお越しの節は、是非お立ち寄りください。

これからも、毎日の仕事に喜び、将来に明るい望みを持ち、
大地に根を生やした企業サポートに邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.356 喜望大地東京本部の魅力 特集号
  2. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.71 手形不渡りを回避する作戦! 特集号
  3. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.300 『国家経営における債務超過』解消法の考察 特集号…
  4. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.297 神崎和也流正しい目標の立て方 特集号
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー 号外 永遠に存続発展する『皇寿セミナー』-資金調達と事業再生コツ…
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.116 こうなったら会社はたたみなさい!に学ぶ 特集号
  7. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.278 参議院議員年収3,380万円に値する活動を願って…
  8. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.193 「信用保証協会と日本政策金融公庫」について 特集…
PAGE TOP