メールマガジンバックナンバー

vol.244 『全部おっちゃんとこが引き受けたろ!』おもろい版コラム

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山(しゅうざん) 事業再生・皇寿経営レポート』
         vol.244 2012年10月11日号    発行部数24,006部
「借金30億円からの逆転コラム」

今回のテーマは、
『全部おっちゃんとこが引き受けたろ!』おもろい版コラム
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」を旗印に、
悩める社長の救世主として、活動している洲山です。

万策尽きて、もうだめだと天仰いでる人を、傍(はた)から見ると、
何でそんな事で深刻になっているのですか?
的な事が、日常茶飯事です。
悩める社長の救世主ですから、お悩みの事があれば、お気軽にご相談ください。

では、、
本号は、大阪オフィス常務執行役員・認定事業再生士(CTP)神崎和也の
肩の力を抜いて楽しんでいただく、時事ネタおもろい版コラムです。

今回の内容も、直接事業再生には関係ありませんし、
何の役にも立たない話かもしれませんが、
皆さん聞いてやって下さい。笑ってやって下さい。

題して、  『全部おっちゃんとこが引き受けたろ!』

東北大震災によって発生したがれきの処理は、遅れに遅れている。

以前読んだ毎日新聞記事によれば、
岩手県・宮城県・福島県で発生したがれきの総量は2252万8000トン。

このうち処分が済んだのは、わずか6.7%の150万8000トンに過ぎない。
残ったがれきは、2252万8000トン-150万8000トン=2102万トンだ。

『絆』とか何とか、耳触りのよい言葉だけが先行し、
いざ、震災がれきの受け入れとなると、どこの新聞かは言いませんが、
『処理の促進には徹底した「可視化」が不可欠だ。
 がれきの状態を詳細に把握し、受け入れ時の混乱を防ぐ必要がある。
 運搬や処理段階での監視体制を強め、搬入時や焼却後、
 埋め立て前・後のデータ、さらに他県の状況も逐一開示し、
 住民参加による冷静な判断も求めたい。』
とか何とか小賢しい言葉を弄し、
知らんぷりを決め込んでいる日本人のなんと多いことか!あぁ嘆かわしい。

大阪市の橋下市長が可燃瓦礫の受入を表明し、説明会を開催したときも、
明らかに市民運動家と呼ばれる人々が大挙して押し寄せ、
騒然とした雰囲気であった。

どこが『絆』?
自分の所さえ良ければそれでいいと言うエゴ丸出しで、
同じ大阪人として非常に恥ずかしい。

そうや、おっちゃんにええ考え閃いた!!!!!! 

中途半端な事を言うからあかんねや。
いっそのこと 2,102万トン全部大阪市が引き受けたろ。
生活保護受給者が18人に一人(大阪市)とか、4人に一人(西成区)とか、
散々悪口を言われてんねんから、
この辺で大阪人の意地を見せたらなあかんやろ。

せや、どうせやったら西成区の真ん中に大きな山を作って、
観光名所にしたらええねん。

ノーだ総理から相談を受けた、神崎経済研究所は急遽、
『ニシナリニュークリアマウンテン計画』略して(NNM)に向けての
ロードマップの作成に取り掛かりました。

神崎所長
『瓦礫の総重量が2,102万トンという事は、
 多分300m位の高さに積み上げたら何とかなるやろ。
 通天閣が高さ103mやし、来年できる、
 日本一の高層ビル【あべのハルカス】が300mやから
 何とか西成区内に収まるやろ。』

宮内研究員
『所長!そんなにアバウトでは困ります!
 ちゃんと計算しましょうよ。』

神崎所長
『そんなんどないやって計算すんねん。難しい事言われてもなぁ。』

宮内研究員
『確か、円錐の体積の求め方ってあったと思いますが、、、、
 少し調べてみましょう。
 あっ所長、息子の教科書に書いてありました。
 半径×半径×円周率×高さ×1/3らしいです。』 

神崎所長
『そやからなんやねん。もっと分かりやすうに説明せんかい!』

宮内研究員
『ですから、瓦礫の比重が2.0として、
 約1,050万立方メートルになりますから、逆算すると、
 それに3を掛けて、高さを○mとして、円周率は3.141592、
 すると半径は、、、、、√が、、、、、』

神崎所長
『はよせぃ!ええかっこすな!もったいぶってたらあかんど。』

宮内研究員
『えっ~、なんやこれ。計算間違いちゃうか。
 もっかい検算してみましょ。、、、、、
 やっぱり合ってるな。
 所長、所長の勘は全く当たっていません。
 な、なんと、高さ50mの山にするとして、半径はたったの447.925mです。
 直径にしたら、895.85mです。
 これは、南海本線の天下茶屋駅から岸里玉出駅間と全く同じ距離です。』

神崎所長
『それやったらあいりん地区に収まるやんけ。
 新今宮駅からNNMの頂上までロープウェイを掛けよか。
 せや、頂上にはやっぱり、ビリケンさんや、引越してもらお。』

宮内研究員
『何をアホな事言うてまんねん。
 新今宮駅は高架やから元々高さ15m位はあるし、
 NNMの半径は447.925mですから、サインコサインタンジェント、
 学の無い所長では計算でけへんと思いますが、
 めっちゃしょぼいロープウェイになりまっせ。』

神崎所長
『しょぼいからええんやんけ。
 そや!どうせやったら麓にあるスパワールドを原子力でやったらええねん。
 こりゃうけるで。これがホントのラドン温泉や!』

宮内研究員
『そんなアホなこと言うてたらまた問題になりまっせ。
 明日起きたら、○○太郎がプラカード持って家の前に立ってまっせ。』

とかなんとかアホな事も言いながら、真面目に経済効果も計算してみました。

1995年の阪神淡路大震災時の瓦礫処理料は1トンあたり22,000円でしたが、
今回の東北大震災の瓦礫処理料は6-70,000円となっているみたいです。

しかし、そこは商売上手の大阪人ですから、
トン当たり、20,000円で引受けまひょ。
それでも総額4,200億円にも上ります。
大阪市の税収は年間約6,000億円、生活保護費は約2,900億円ですから、
大変な収入です。

NNMやその周辺整備はどのようにすればいいのでしょう。
また、また、神崎経済研究所長に聞いて見ましょう。

宮内研究員
『所長。そこに住んでる西成区民は何処へ行けばいいんですか?』 
神崎所長
『それはちゃんと考えたぁる。夢洲(ゆめしま)や夢洲!
 広いど!全部埋め立てたら390haやで!』

宮内研究員
『390haってさっきと単位がちゃうから分かりにくいんですが、、、
 これやから学の無い人を所長にしたらあかんねん。』

神崎所長
『五月蠅(うるさ)いな。100haが1平方キロメートルや。
 西成区が7.35平方キロメールやから、まぁ半分ちょいってとこよ。
 そこに20階建くらいの区民住宅を50本くらい建てたら何とかなるやろ。』

宮内研究員
『くらい、、くらい、っていつも適当ですね、所長は。
 でも、区民住宅ですから坪40万円もかけたら上等ですから、
 一戸80平方メートルとしても969万円、
 1000億円突っ込んだら、10,320戸作れますね。
 一棟あたり206戸×50棟、結構ええ線いってますね所長。
 不動産の事なら私に任して下さい。悪い様にはしませんから、、、』

神崎所長
『それだけやないで、宮内君。
 関西電力に原子力発電の継続を認める代わりに、
 NNM頂上に本社を移転させるんや。
 ビリケンさんには屋上にしてもらお。
 勿論関連会社も含めて全部来てもらい、
 放射能の影響は軽微であるとあんなけ言ってんねんから、
 身をもって示してもらわなあかん。
 ほんで、特別区民税を0.1%課税するんや。
 関電グループの連結売上は2兆8,000億円位あるはずやから、
 年間280億円にはなるで。』

宮内研究員
『所長、みみっちい事言わんと1%位取ったりまひょ。
 どうせ儲かってんねんから。』 

神崎所長
『アホ!そんな無茶な事言たらアカン。
 関西電力が自棄になって原子力発電を止めたらどうすんねん。
 ○○太郎が喜ぶだけやんけ。
 生かさず、殺さずが商の基本やろ。』

そんなこんなで、NNM計画は橋下市長の強力なリーダーシップのもとで、
実行されることになりました。

勿論、あいりん地区の労働者は最優先で雇用される事になり、
生活保護を受給する人は激減しました。
誰でも、働いてお金を稼ぐ方がいいのに決まっています。

また夢洲のマンション群の建設は、大阪駅北ヤード開発が終了し、
仕事の無くなった関西の建設業界にとって、正に干天の慈雨となり、
関西経済の活性化に寄与しています。

関西電力グループ全社が本社を構えるNNM周辺の変貌も
目を見張るものがあります。
あいりん地区は元々南海本線、南海高野線、JR、地下鉄の4線が乗り入れる、
非常にポテンシャルの高い新今宮駅に隣接していましたら、
NNMが出来てから周辺の時価はウナギ登りです。

今じゃ『西成区』は東京の港区に匹敵する高級住宅街になろうとしており、
天下茶屋や萩之茶屋に住み、
あべのハルカスの大阪マリオット都ホテル57階のレストランで
ランチを楽しむ『ニシナリーゼ』が関西経済の牽引役です。

神崎所長と宮内研究員はこの功績により、イグイグノーベル賞を貰ったとさ。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
あきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

7周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
 前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「皇寿経営セミナー(永遠に継続発展するコツを伝授)」

私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・為替デリバティブ・事業再生セミナー」です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:5,000円 参加特典:(洲山著「事業再生家」+「事業再生総合病院」
プレゼント)+個別無料相談タイムを用意しています。
また、1社2名までご参加OKです。

日時:10月23日(火):14:00~16:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩5分
   大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F

日時:10月24日(水):14:00~16:00
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-4-20 東京八重洲ビル8F

主催:株式会社喜望大地
   大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
            フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著   幻冬舎新書版  経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987

■島義夫教授・洲山共著 為替デリバティブ問題解決指南書

PHP刊「ハイリスク金融商品に騙されるな!」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4569804853/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

暑かった夏もようやく終わり、朝晩は秋風の香りを感じる
今日この頃となりました。
東京オフィスと大阪本部オフィスの引越しを完了し、
クライアント様にゆっくご相談いただける環境が整いました。
JR東京駅八重洲北口徒歩2分とJR大阪駅中央北口徒歩5分
の便利なロケーションですから、お近くに腰の節は、
是非お気軽にお立ち寄りください。

これからも、毎日の仕事に喜び、将来に明るい望みを持ち、
大地に根を生やした企業サポートに邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.36 リスクマネージメントノウハウその17 会社が傾いて…
  2. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.76 ブリッジとしての機能による、再生支援作戦! 特集号…
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.223 春のチームNO.1祭り! in大阪 特集号
  4. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.249 製造業の皆様、生産管理体制構築に経営資源を投下し…
  5. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.407 出口戦略の主導権を握ろう!の巻 特集号
  6. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.357 金融庁ニュース解説と銀行との付き合い方 特集号
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.129 スコアボード見ながら経営しましょう!前期の月次決…
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.1 創刊記念号
PAGE TOP