メールマガジンバックナンバー

vol.255 金融円滑化法終了対策=『実力利益』をUP 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山(しゅうざん) 事業再生・皇寿経営レポート』
         vol.255 2013年1月17日号    発行部数23,801部
「借金30億円からの逆転コラム」

今回のテーマは、「金融円滑化法終了対策=『実力利益』をUP 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

永遠に存続発展する『皇寿経営』を提唱し、推進する
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」を旗印に、
悩める社長の救世主として、活動している事業再生家・洲山です。

リスケ(リスケジュール)にて、厳しい資金繰りを何とか繰り回しながら
年を越えた社長も多いと思います。

リスケジュールとは、スケジュールをやり直す事であり、
銀行取引上は、借入金の返済条件を変更する事です。
その場合、たいがいは資金繰り事情で、当初の約定弁済が出来なくなり、
元金返済を棚上げするか、大幅な減額をお願いする場合がほとんどです。

本号は、洲山が、
「金融円滑化法終了対策=『実力利益』をUP作戦」を熱く語ります。

金融円滑化法(返済猶予法=銀行の元金棚上げ支援)が、
本年3月末にて終了する事より、出口戦略が大きく取り上がられています。

現状は、推定40万社が金融円滑化法によるリスケジュール(リスケ)による
返済猶予支援を得ており、借入金の口数は、300万口・借入額82兆円もの
大きな数字となっています。

以前ならば、相当ハードルの高かった
リスケジュール=リスケ=返済条件変更依頼が、一気にやり易くなりました。
それは、民主党に政権交代した折の亀井大臣が主導して実現した
「金融円滑化法案(別名=返済猶予法)成立」による効果です。

しかしその法律が終了する事より、生かすべき企業と
マーケットから退場を命じられる企業との選別が進むと思われます。

では、何を持って生かすべき企業と言えるかと言いますと、
収益を上げられるかどうか?

が、決め手であり、その数字を洲山は、「実力利益」と名付けました。

実力利益=営業利益 + 減価償却費 です。

営業利益とは、本業で稼いだ儲けであり、
減価償却は、設備投資の償却経費ながらも資金が流出しない経費ですから、
実力利益とは、借入金の返済財源をおおよそ把握できるのと、
その企業の実際に稼ぐ力を表します。

この実力利益が、赤字であり、改善の見込みがない場合は、
一刻も早く、その商売からは勇気ある撤退をすべきと
腹をくくる必要が有ります。

でも、実力利益は、しっかり稼げているのにも拘らず、
資金繰りが苦しい場合は、資金が在庫に化けていないか?
売掛金と言う名の無金利での貸付金に化けていないか?
を調査する必要が有ります。

そではなく、借入金の返済が重すぎる場合は、
それこそ、リスケをすべきであり、
資金ショートが甚だしい場合は、
元利金の一時停止要請等の緊急対応が必要です。

実力利益さえ上がっている企業は、生きる価値のある企業です。

胸を張って、銀行への依頼を堂々としましょう!

もしも、銀行との話の仕方などが心配な社長は、
洲山のセミナーにご参加ください。

毎月大阪と東京にて開催していますので、
心配なことは何でもお答えします。

1月22日19:00~21:00東京の
ダイヤモンド社会議室でのセミナーは、

私たち喜望大地のコンサルタントは、
あきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

8周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
 前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「皇寿経営セミナー(永遠に継続発展するコツを伝授)」

私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・為替デリバティブ・事業再生セミナー」です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:5,000円 参加特典:(洲山著「事業再生家」+「事業再生総合病院」
プレゼント)+個別無料相談タイムを用意しています。
また、1社2名までご参加OKです。

日時:1月23日(水)・2月19日(火):14:00~16:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩5分
   大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

日時:2月22日(金):14:00~16:00
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-4-20 喜望大地会議室

主催:株式会社喜望大地
   大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
            フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■島義夫教授・洲山共著 為替デリバティブ問題解決指南書

PHP刊「ハイリスク金融商品に騙されるな!」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4569804853/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

今日は、東京からメルマガを配信します。
窓の外からは、鉄鋼ビルの解体が終わり、更地となっている風景が見えます。
不思議な風景です。
ついこの間までは、でっかいビルがあり、大勢の人々が働いていた空間が
忽然と無くなり、2年後には最新鋭の耐震対策を講じた立派なビルが完成し、
何事もなかったように大勢の人々が働くのでしょう。
生き証人として、鉄鋼ビルの再生を見守りたいと思います。
『再生』とは、実に意義のあるビジネスと考えて、
様々な難関を乗越えるソリューションのスキルを高めます。

これからも、毎日の仕事に喜び、将来に明るい望みを持ち、
大地に根を生やした企業サポートに邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.79 決断と実行で、手形不渡危機を乗り越える! 特集号
  2. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.440 中小企業にこそチャンスの話 特集号
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.42 事業再生の絶対条件とは何ぞや?
  4. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.159 さぁ日繰り表をつけてみよう! 特集号
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.68 いかなる窮境企業でも、道は開ける 特集号
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.70 映画(ありがとう)に感動し、笑顔と勇気と希望を貰っ…
  7. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.380 『製造業V字回復の軌跡(実力利益率20.0%超の…
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.175 家賃引き下げ作法 特集号
PAGE TOP