メールマガジンバックナンバー

vol.260 3月末の円滑化法期限切れが目の前に迫っています 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山(しゅうざん) 事業再生・皇寿経営レポート』
         vol.260 2013年3月8日号    発行部数23,801部
「借金30億円からの逆転コラム」

今回のテーマは、
「3月末の円滑化法期限切れが目の前に迫っています 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

永遠に存続発展する『皇寿経営』を提唱し、推進する
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」を旗印に、
悩める社長の救世主として、活動している事業再生家・洲山です。

為替デリバティブ問題でお悩みの社長・CFO・財務部長に朗報です。
解決の可能性を説明するセミナーを洲山が開催します。

●海外では、どうなっているかと言うと

・・・ドイツ連邦最高裁判所では、顧客が被った損失及び遅延利息を
過失相殺することなく、全額銀行に賠償を命じた判決がでました。
また、イギリス政府の金融監督局からの発表では、
「4大銀行との間にて、為替デリバティブに関する損失を
すべて顧客に返還する合意が成立した。」との由であります。
すなわち、為替デリバティブに関わる損失は、すべて銀行側が負担するのが
グローバルスタンダードの潮流であると言えます。

●為替デリバティブで悩んでいる方、損を出した方は
まずこちらのセミナーで情報を入手して下さい。

・・・「金融クリニック主催セミナー」・・・

・大阪セミナー
  3月12日(火)14:00~16:00 喜望大地 大阪本部セミナールーム
   会場住所:大阪市北区芝田2丁目8番7号 八木ビル3F
       TEL:06-6372-1313 FAX : 06-6372-2777

・東京セミナー
  3月14日(木)14:00~16:00 喜望大地 東京セミナールーム
   会場住所:東京都中央区八重洲1丁目4番20号 東京八重洲ビル8F
       TEL: 03-5204-1313 FAX : 03-5204-1314

 講師:1.元・伊藤忠商事ファイナンス部長:沖津治夫
    2.事業再生家:喜多洲山
 
 受講料:無料
     希望者の方には別室で無料相談に対応いたします。
    (希望者多数の場合はご予約順で対応させていただきます)

本号は、東京所属の常務執行役員・坂本利秋が時事ニュース
『3月末の円滑化法期限切れが目の前に迫っています。』
を語ります。

皆さんの周りでは、
数年間元本棚上げしていた企業が廃業、破産したとの情報や、
○○社は3月末でつぶれる等の噂が飛び交い、
不安になっている事と思います。
(この手の噂の発信は本当にやめていただきたい!
火の無い所に煙を立てて、本当に火が付いたらどうするんですか!)

金融庁は、4月以降も検査・監督方針は変えませんと、
パンフレット作成しアピールしています。
http://www.fsa.go.jp/news/24/ginkou/20130222-1a/01.pdf

実際の現場では、
残念ながら、極端に悪い会社は支援打ち切りになっていますし、
実抜計画通りに推移する会社は強力支援が継続しています。

これは昨年後半から続く傾向であり、予想通りです。

問題なのが、極端に悪くも無く、かといって実抜通りでも無い
いわばグレー企業です。
グレー企業は、リスケ会社の8割程度でしょうか。

こういった企業へは、再生協への持ち込みを積極的には勧めず、
「自力で、悪くとも「実力力」=償却前営業黒字
(営業利益+減価償却費)を早期に達成し、
どうにか支援を継続してもらいつつ再生を進めましょう」と
言ってきました。

一部の企業は、再生支援協議会へ持ち込みトライするも、
「デューデリ(DD)(専門家による調査)に
5百万円~10百万円もかかるとか、
期間が長すぎてそこまで会社が持たない、規模が小さすぎる」
等の理由でことごとく跳ね返されていました。

つまり、再生協は、ごく一部の選ばれた(?)企業のみが利用できる
非常に使い勝手の悪いスキームでした。

もしかすると、この認識が変わるかもしれません!

先日開催された再生協のセミナー資料を入手しました。

「円滑化法期限到来を受けて再生協が担う新たな役割」という内容で、
グレー企業にも意味のある内容でした。

・暫定リスケの導入(3年間、本格再生に向けた準備期間との位置づけ)
・実抜計画でなく、実現可能な計画の立案
・暫定リスケ中に営業利益黒字が目安
・DD無しの簡易対応も追加

簡単にポイントだけ抜き出しましたが、どうですか。
大分ハードルが下がった印象を持たれたと思います。

これなら、再生協が目標にする年間3,000件の対応も可能でしょう。

リスケ企業が30万社とすれば、3,000と言ってもその1%なので
依然として倍率は高いですが、トライしてみる価値は有りそうです。

当社は、コンサルティング力向上のため、絶えず新しい情報を蓄積しています。

無料面談行っておりますので、お困りの方、情報交換をしたい方は、
ご連絡ください。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
あきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

8周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
 前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「皇寿経営セミナー(永遠に継続発展するコツを伝授)」

私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・為替デリバティブ・事業再生セミナー」です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:5,000円 参加特典:(洲山著「事業再生家」+「事業再生総合病院」
プレゼント)+個別無料相談タイムを用意しています。
また、1社2名までご参加OKです。

日時:3月19日(火)・4月22日(月)14:00~16:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩5分
   大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

日時:3月21日(木)・4月24日(水)14:00~16:00
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-4-20 喜望大地会議室

主催:株式会社喜望大地
   大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
            フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■島義夫教授・洲山共著 為替デリバティブ問題解決指南書

PHP刊「ハイリスク金融商品に騙されるな!」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4569804853/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

いよいよ金融円滑化法=返済猶予法が、終了カウントダウン
となりました。推定30万社が利用して、その内6万社が
倒産リスクが高いと予想されています。
喜望大地でも、リスケ企業の救済に東奔西走の日々です。
私たちは、単なる先延ばしではない、抜本的な変革を勇気を
もってご提案します。
お気軽に、ご相談ください。
これからも、毎日の仕事に喜び、将来に明るい望みを持ち、
大地に根を生やした企業サポートに邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.136 出口戦略は、出来てまっか?を考える 特集号
  2. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.190 為替デリバティブの解決方法が大きく変わる 特集号…
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.203 種籾(もみ)を食べてはいけない! 特集号
  4. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.287 策だけではない、魂の経営改善=組織論 特集号
  5. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.244 『全部おっちゃんとこが引き受けたろ!』おもろい版…
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.21 リスクマネージメントノウハウその3 借入条件変更(…
  7. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.211 製造業の皆様、変化点管理をされていますか? 特集…
  8. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.247 金融円滑化法が終わったら…倒産が増えるのはホント…
PAGE TOP