メールマガジンバックナンバー

vol.261 金融円滑化法終了! 次の目玉は『暫定リスケ』? 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山(しゅうざん) 事業再生・皇寿経営レポート』
         vol.261 2013年3月18日号    発行部数23,576部
「借金30億円からの逆転コラム」

今回のテーマは、
「金融円滑化法終了! 次の目玉は『暫定リスケ』? 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

永遠に存続発展する『皇寿経営』を提唱し、推進する
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」を旗印に、
悩める社長の救世主として、活動している事業再生家・洲山です。

お陰様で、風雪に耐えて、還暦を迎えました(^○^)
還暦とは、「本卦還り」といって十干十二支が60年で一回りし、
生まれた年の干支に戻ることからつけられたもので、
「赤ちゃんに還る」という意味と「赤は魔よけの色」ということから、
「赤いずきん・赤いちゃんちゃんこ・赤い座布団」等を贈り、
生まれ変わった気持ちでますますお元気にという願いを込めて祝いました。
だそうであり、長寿の第一歩です。

そこで、長寿のチャンピオンである『皇寿経営』のセミナーを
お勧めします。
3月19日大阪・3月21日東京で、14:00~16:00開催します。

本号は、大阪オフィス所属の常務執行役員・認定事業再生士(CTP)
宮内正一が、時事ニュース
「金融円滑化法終了! 次の目玉は『暫定リスケ』? 」
を語ります。

ターンアラウンド・エキスパート、事業再生家・洲山のもと、
日々クライアントの背中を支えている認定事業再生士の宮内です。

いよいよ今月で「金融円滑化法」が終了しますね~
新聞各紙には、「金融円滑化法終了で倒産が増加?」系論調が目立ちます。
本件について私は以前から、「法律が終わっても基本は変わらない」
という論者です。
…以前のメルマガと少々カブる事をお許し下さいm(__)m

そのココロは、「金融円滑化法」以前からリスケは存在したからです!!!
と言ってしまうと身も蓋も無いので、具体的に説明します。
私の目線は、常に中小零細企業です。

ですからほとんどの中小零細企業の再生に、まーったく寄与しない、
「事業再生ファンド」「企業再生支援機構」「DDSやDES」等の話はパスします。
売上ひとケタ億円の中小零細企業が、
これらの恩恵に浴する事は考えにくいからです。

では金融円滑化法終了後、金融機関はどのような態度を取るでしょうか?
金融庁のHPには、次のように書かれています。
⇒ http://www.fsa.go.jp/policy/chusho/enkatu/danwa121101.pdf 
(金融機関の役割)
・金融機関が、貸付条件の変更等や円滑な資金供給に努めるべき
ということは、円滑化法の期限到来後においても何ら変わりません。

ななな、なんと!
何も変わらないのなら、
金融円滑法は何だったの?と言いたくなる表現です。
これもアベノミクスの一端でしょうか?
金融当局は、金融円滑化法終了後、何が合っても企業倒産を増やさない。
増やすとしても徐々にしか進めない、という方針のようです…
自民党?政治の臭いがプンプンしますが…

なんでこんな曖昧な事をするのでしょうか?
私見ですが、「中小金融機関保護」の側面が強いと思っています。
仮に中小零細企業の倒産が多発すれば、
最も被害を受けるのは地域金融機関です。
金融当局も全国で3-40万社というリスケ先企業の内、
事業再生が必要な中小企業は5-6万社と見込んでいるようです。
これら企業が破綻すれば、経営の成り立たないところ金融機関が
続出すると考えるのは不思議ではありません。
と考えると、金融庁のHPにも納得できます。
特に地域中小金融機関は、法律が終了しても、
極端に姿勢を変えたりしないでしょう。

しかし、問題はメガバンクです。中小零細企業が少々破綻しても、
大きな痛みは感じないですし、
逆に財務健全化の為に積極的に回収に動く可能性すらあります。

リスケ企業がそんなメガバンクに対抗する為には、
何度も申し上げる通り「実現可能性の高い抜本的な経営改善計画」、
いわゆる「ジツバツ計画」が必須です。
そもそも金融円滑化法前には、
ジツバツ計画を立ててリスケを勝ち取っていましたから、
以前に戻るだけです。と前向きに考えましょうか。

ところがここにきて、大きな目玉が飛び出しました。
あの中小企業再生支援協議会(以下、協議会)が、
金融円滑化法出口の受け皿になるべく、本気の取組みを始めたのです。
その名も「暫定リスケ!」。

資料には、「一定期間返済条件等を維持緩和する」とあり、
一定期間とは最大3年をイメージしているようです。
しかも、従来協議会案件では、専門家による手間暇とコストをかけた
デューデリジェンス(事業、財務等の詳細な調査であり、、
場合によって○百万の費用負担)のもと、半年も時間をかけたものが、
このスキームではデューデリを経ず、
2ヶ月で決着をつけるというものですから、かなり意味画期的な変化です。

協議会の資料には、更にこうあります。
「暫定計画初年度は従来の債務者区分を維持」
「暫定リスケ中に真の『本格的な再生計画』を模索」
「ポイントは単なる『先送り』ではないこと」
早速私のクライアントも、某再生支援協議会で、
暫定リスケを受付けていただきました。

驚くべきは、その際の経営改善計画の数値です。
当初私が社長と作り上げた計画より、売上は10%ダウン、
経費は逆に5%アップ…つまり利益・CFが当初計画より大きくダウンする
計画になっていたからです。
私のクライアントも「そんな甘い計画はともかく、
何があっても当初計画を達成する」と誓っている方ですので、
まぁ良いと言えば良いのですが…
正直「そんな甘い計画でいいのかな?」と思ったのは事実です。

ともかく協議会が、やっと本当に中小零細企業の側に立ってくれそうです。
良かった良かった。
「で、どれくらいの企業に対応してくれるか?」って。
「協議会はこの10年かけて3000社をサポ―トしましたが。
今回は10倍、年間3000社です」
「ふーん。金融円滑化法によるリスケ企業は4-50万社やから…
1%にも満たないのね(;一_一)…」

くさしても仕方ないので、「それでも宝くじよりはましな確率」
と前向きに考えましょうか。
リスケの出口が見えない中小零細企業の社長は、
一度メインバンクに「協議会・暫定リスケ」を相談すべきかもしれません。
ここで注意点です。
協議会は企業が単独で相談に行った場合でも、
話は聞いてくれますが、取り上げてはくれないでしょう。
協議会案件になる為には、
メインバンクが積極的に持ち込む事が事実上の条件になっているからです。
「それでもラチがあかない場合はどうすれば…」

そんな時は弊社の出番です。
喜望大地が社長を支えます。お気軽にお声かけ下さい。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
あきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

8周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
 前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「皇寿経営セミナー(永遠に継続発展するコツを伝授)」

私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・為替デリバティブ・事業再生セミナー」です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:5,000円 参加特典:(洲山著「事業再生家」+「事業再生総合病院」
プレゼント)+個別無料相談タイムを用意しています。
また、1社2名までご参加OKです。

日時:3月19日(火)・4月22日(月)14:00~16:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩5分
   大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

日時:3月21日(木)・4月24日(水)14:00~16:00
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-4-20 喜望大地会議室

主催:株式会社喜望大地
   大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
            フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■島義夫教授・洲山共著 為替デリバティブ問題解決指南書

PHP刊「ハイリスク金融商品に騙されるな!」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4569804853/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

早いもので、シニアといわれてもおかしくない年を迎えました。
長寿の祝いは、還暦で始まり、古希・喜寿・傘寿・米寿・卒寿・白寿・
紀寿・百寿・茶寿・皇寿と続きます。
父が64歳・祖父が67歳の短命家系なので、祖父の記録を更新して、
喜寿の77歳まで現役を公言しています。
晩節を穢(けが)したと言われないように、精神的にも肉体的にも
若さを保ちながら、60歳×7掛け=42歳の積りで頑張ります。
孫が祝ってくれましたが、長寿を祝ってくれる爺さん人生を目指します(^○^)

お気軽に、ご相談ください。
これからも、毎日の仕事に喜び、将来に明るい望みを持ち、
大地に根を生やした企業サポートに邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.107 読売新聞東京版朝刊に洲山の記事が掲載されました!…
  2. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.63 無担保借入金で、資金ショートを救う!ノウハウ 特集…
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.252 リスケ中の投資について 特集号
  4. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.328 もうはまだなり、まだはもうなり。 特集号
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.475 どん底から脱した経営者たちの物語 月刊復活 第一…
  6. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.417 猫も杓子も借金してまで大学に行って何をどうする …
  7. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.393 正しい銀行とのモメ方 !? 特集号
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.51 銀行の元金・利息のビジネス的意味の考察
PAGE TOP