メールマガジンバックナンバー

vol.262 『選挙無効判決』を真摯に受け止め、民主国家確立を提案する 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山(しゅうざん) 事業再生・皇寿経営レポート』
         vol.262 2013年3月27日号    発行部数23,576部
「借金30億円からの逆転コラム」

今回のテーマは、
「『選挙無効判決』を真摯に受け止め、民主国家確立を提案する 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

永遠に存続発展する『皇寿経営』を提唱し、推進する
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」を旗印に、
悩める社長の救世主として、活動している事業再生家・洲山です。

4月12日(金)と13日(土)久しぶりに札幌に出張しますので、
北海道の企業を元気にする無料面談を先着3名様限定で、
お受けしますので、会社経営における課題解決を望まれる
社長・会長のご相談をお申し込みください。
⇒ ご相談はお気軽に!

TEL:06-6372-1313 事務局:阿部宛 

本号は、大阪オフィス所属の常務執行役員・認定事業再生士(CTP)
神崎和也が、時事ニュース
「『選挙無効判決』を真摯に受け止め、民主国家確立を提案する」
を熱く語ります。

『やったね!じゅんちゃん!!』

われらがじゅんちゃんがやってくれました。
えっ、じゅんちゃんってだれのことだって!
順子ちゃんにきまってるじゃん!
我らが筏津順子さんですよ。 広島高裁裁判長の!

今月に入ってから、東京、札幌、仙台、名古屋、福岡、金沢の6つの裁判所
で判決が言渡されましたが、その結果は、『憲法違反』4件と
『憲法違反の状態』2件でした。

憲法(けんぽう)とは、国家権力の組織や権限、統治の根本規範(法)となる
基本原理・原則を定めた法規範をいう(「法的意味の憲法」)と
ウィキペディアにありますように、全ての法に優先されるべき法です。
しかしながら、憲法違反としながらもその選挙結果については、
「選挙の無効は「無効になった選挙区の議員が不在の状態で、
区割り見直しのための法改正を行う必要があるなど、
憲法の予定しない不都合が生まれる」などとしていずれも
認めませんでした。 

どんだけ屁理屈やねん。

【憲法違反】 とした裁判所、裁判長 
やるんやったらとことんやらんかい!

東京高裁  難波 孝一 裁判長
札幌高裁  橋本 昌純 裁判長
仙台高裁  宮岡 章 裁判長
名古屋高裁 金沢支部 市川 正巳 裁判長

【憲法違反の状態】とした裁判所、裁判長 中途半端!根性無し。
名古屋高裁  加藤 幸雄 裁判長
福岡高裁    西 謙二 裁判長
そして、安部首相の
『判決をよく精査していきたいと思います。適切に対処していきます。』
 との、形骸化されたコメントと、
『驚いた。違憲の状態は早く是正すべきだが、選挙無効にまで裁判所が
踏み込むべきなのか、首をかしげる。議論を尽くすべきだ。』
広島2区 平口 洋 議員 ⇒ お前が言うな!

裁判所が決めな誰が決めんねん!首をかしげんでもええから、
その首ちゃんと洗っとかんかい! 

そもそも2009年8月の衆議院選挙について2011年3月23日に
最高裁判所大法廷で違憲状態と判断されているのに、
昨年12月の衆議院選挙まで漫然と放置しているセンセー達に
もうこの件を任せてはおけない。 

おれがやらねば誰がやる。順子ちゃん任せといて!
先ず、国会議員のセンセー方一人一人にこの件に関して
インタビューしてみると面白いでしょう。
なんせ【憲法違反】についてのコメントなんですから、、、、、
これはNHKにお願いして、全国ネットで配信してもらいましょう。
各党首には政党の代表者として、原稿は見ずに、
自分の言葉で、『わが党の考える正しい選挙制度』についてを
60分間でスピーチしていただく。

そのスピーチで盛り込まねばならない具体的な数値も事前に決めておこう。
下記の5点について、具体的な数値の提示とその根拠を話してもらうのである。
1.二院制を維持するかどうか。
2.議員定数
3.議員報酬、手当について
4.選挙区割
5.選挙区の見直しの基準、時期、方法について

私たち国民も真剣にそれに対峙しなければならない。
民主国家の基本は多数決である。
その根幹をなす選挙方法を再定義するのであるから、斎戒沐浴は当然のこと、
3日前から肉、魚を断ち、20歳以上の日本国民は全員正装のうえ、
TVの前に正座をしてセンセー達のお言葉を拝聴しよう。 

当然その日は『正しい選挙の日』として、国民の休日にし、保育所、幼稚園、
小学校、中学校、高校、大学、専門学校、予備校、塾、全法人、全役所、
警察、消防署、なんせ職業、性別、年齢の如何を問わず、
日本国民全員が見なければならない。

その後、各家庭で最低2時間、学校もしくは所属団体で8時間以上、
彼、彼女と3時間以上、不適切な男女関係間では1時間以上の議論を義務付け、
『正しい選挙の日』から3か月後に行われる国民投票により、
日本国の選挙制度を制定するのです。

この国民投票は、原則として全国民に投票義務を課し、
棄権は許さないでおこう。
ITを駆使し、最低でも90%以上の投票率を確保すべきである。
それが達成されてこそ、日本は本当の意味での民主国家になるのである。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
あきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

8周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
 前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「皇寿経営セミナー(永遠に継続発展するコツを伝授)」

私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・為替デリバティブ・事業再生セミナー」です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:5,000円 参加特典:(洲山著「事業再生家」+「事業再生総合病院」
プレゼント)+個別無料相談タイムを用意しています。
また、1社2名までご参加OKです。

日時:4月22日(月)14:00~16:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩5分
   大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

日時:4月24日(水)14:00~16:00
場所:JR線『東京駅』八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-4-20 喜望大地会議室

主催:株式会社喜望大地
   大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
            フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■島義夫教授・洲山共著 為替デリバティブ問題解決指南書

PHP刊「ハイリスク金融商品に騙されるな!」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4569804853/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

北海道は、多いときはクライアント様が15件も有り
広い北海道を走り回っており、おいしい食事と豊かな自然環境が
大好きでした。
最近は、帯広出身の鳥倉大介が北海道担当になり、洲山の出番は
ほとんどなくなり、久しぶりの北海道で嬉しいです。
好きな北海道の地元企業の課題解決のヒントを与えられれば
嬉しいので、是非お気軽に、ご相談ください。
これからも、毎日の仕事に喜び、将来に明るい望みを持ち、
大地に根を生やした企業サポートに邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.286 人手不足の実感 特集号
  2. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.414 赤字の会社でも、売却可能なノウハウ 特集号
  3. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.309 ナニワの評論家が、子供の教育問題を斬る! 特集号…
  4. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.21 リスクマネージメントノウハウその3 借入条件変更(…
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.42 事業再生の絶対条件とは何ぞや?
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.39 リスクマネージメントノウハウその19 ヤミ金6人逮…
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.59 事業再生を成功するには、信念を持ってお願いすれば道…
  8. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.357 金融庁ニュース解説と銀行との付き合い方 特集号
PAGE TOP