メールマガジンバックナンバー

vol.265 サービサーから債権譲渡通知が来た!? 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山(しゅうざん) 事業再生・皇寿経営レポート』
         vol.265 2013年4月23日号    発行部数23,576部
「借金30億円からの逆転コラム」

今回のテーマは、「サービサーから債権譲渡通知が来た!? 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

永遠に存続発展する『皇寿経営』を提唱し、推進する
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」を旗印に、
悩める社長の救世主として、活動している事業再生家・洲山です。

さて、過剰債務の抜本的な解決策の一つである「サービサー=債権回収会社」
との具体的な解決事例を展開します。

本号は、大阪オフィス所属の認定事業再生士(CTP)常務執行役員・宮内正一の
「サービサーから債権譲渡通知が来た!? 特集号」です。

サービサーから債権譲渡通知が来た!?とビックリする社長へのコメントは、
「ご卒業おめでとうございます」なのか?

ターンアラウンド・エキスパート、事業再生家・洲山のもと、
日々クライアントの背中を支えている認定事業再生士の宮内です。

金融円滑化法終わりという世の流れか、
4月に入ってサービサー絡みの案件が数件ありました。

事業再生案件は個々個別とも対応が変わりますが、
今回はサービサーの基本的活用についてのお話を少々。

「サービサー」という言葉を聞くと、多くの方は
「良く判らないけど、何かコワイ…」というイメージを持つようです。

その原因は諸説ありますが、私見としては「ハゲタカ」「外資」
というイメージが被っているからだと思います。

そもそもサービサーの法的根拠が出来たのは平成10年、施行が平成11年、
更に現在の形になったのは平成13年ですから、たった10年程度。
なじみが薄いのも当然です。

法の趣旨としては「不良債権処理の促進」となっていますが、
これを契機に外資系企業が大挙日本に襲来しました。

彼らは不良債権を安値で買い漁り、かなりの利益を上げたはずです。
その結果、サービサー⇒碧い眼の外資⇒ぼろ儲け⇒怖い人たち、という
「風が吹けば桶屋が儲かる」的サイクルの発想が産まれたと思います。

しかーし!!!その発想は大間違い。ぜーんぜん怖いモノではありません。
第一に、法務大臣の許可の下経営されているので、
変な会社はまずありません。
第二に、法律的に
「暴力団等反社会的勢力の参入を排除するための仕組みを講じる」
となっていますので、怖~い人たちや怖~い取立も考えられません。

ですから私は、クライアントから
「サービーサーに債務が売却された」と聞くと、
「おめでとうございます。これで落ち着いて交渉できますよ」と
お答えします。

サービサーとは、有り難い事に一括解決交渉が可能な相手だからです。
簡単な事例で説明しましょう。

◎キボウオオサカ社、シュウザン銀行に1憶のプロパー債務、
代取カンザキ氏連帯保証、不動産担保は無し、という状態を想定します。

シュウザン銀行はキボウオオサカ社からの返済が滞り、
「キボウオオサカからの返済を待ってたら100年かかっても無理やな」と
考え、競争入札で債権をみやうちサービサーに売却しました。

1憶の債権を買い取ったみやうちサービサーは、
早速代取カンザキ社長に連絡、1憶の返済を求めます。

みやうちサービサー
「カンザキ社長、私らは銀行と違うんで
長い取引なんかしたくありまへんねん」

カンザキ社長
「しゃあけど、シュウザン銀行に返されへんかったからこうなったんやで。
約定通りに返せまへんがな」

みやうちサービサー
「社長特別や!2000万一括で支払ってくれたら、
後の8000万はチャラにしたるわ」

さぁ、ここで皆さんはどうするでしょうか?
「8000万もマケてもらえるなら、
そこらじゅうから金借りまくって何とか返そうか」と思う方も多いでしょう。

しかし、カンザキ社長はツワモノです。
みやうちサービサーが一体幾らで1憶の債権を買い取ったかを考えました。
「1憶の債権ゆうたって、何の担保も無いで。
しかもキボウオオサカは何とかやりくりしている会社で儲かってない…
みやうちサービサーも商売やから、せいぜい2~300万で買ったんちゃうか?」

カンザキ社長はみやうちサービサーに提案しました。
「会社はほとんど利益が出てまへんねん。
嫁さんの実家が300万やったら貸してくれるとゆうてくれてる。
これで手ぇうってくれまへんか」

みやうちサービサーは考えます。
「200万で仕入た債権やから、300万で解決したら100万の儲けやな」
「この社長中々ツワモノやから、手間暇かけて長い取引してもかなわんし
・・・よっしゃ、手ぇうったろ」

いやぁ、めでたしめでたし。

みやうちサービサーは100万儲けたんで、担当者も顔が立つ。
キボウオオサカ社は借金が1憶から300万に激減したので、
事業立て直しが可能になる。

代取カンザキ社長の保証債務は、
主たる債務が無くなったのですから当然無くなる。

こうなれば正に「ご卒業おめでとうございます」状態(^。^)y-.。o○
とまあ簡単に書きましたが、現実には以下の注意が必要です。

相手サービサーの特性、保証人の状況、担保の有る無し、譲渡された経緯、
譲渡では無く窓口変更だった?、
債権放棄額は寄付金として課税される

その他諸々の事情がありますので、
絶対にシロウト判断の交渉はお止め下さい。
まずは経験豊富なプロに相談するのが一番です。

※事例の会社名、代表者名、債務額等はあくまでフィクション
である事をお断りしておきますm(__)m

私たち喜望大地のコンサルタントは、
あきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

8周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
 前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「皇寿経営セミナー(永遠に継続発展するコツを伝授)」

私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・為替デリバティブ・事業再生セミナー」です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:5,000円 参加特典:(洲山著「事業再生家」+「事業再生総合病院」
プレゼント)+個別無料相談タイムを用意しています。
また、1社2名までご参加OKです。

日時:5月23日(木)14:00~16:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩5分
   大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

日時:4月24日(水)・5月16日(木)14:00~16:00
場所:東京都港区芝5-16-7 芝ビル3F

問合せ先:大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
            フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■島義夫教授・洲山共著 為替デリバティブ問題解決指南書

PHP刊「ハイリスク金融商品に騙されるな!」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4569804853/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

サービサーもサービサー法の趣旨に則り、不良債権の解消に役立ち、
企業と個人の再生に寄与する良いサービサーとそうではなく、
収益至上主義のサービサー=法の精神に逸脱したサービサーも
残念ながらあります。
そこで、大切なのは、サービサー設立の経営理念を
サービサー法の趣旨に合致したものにして、
行動方針をしっかり定着するトップの意思であると思います。
「世の中にお役に立てる」をキーワードに活動される事を
願っています。

これからも、毎日の仕事に喜び、将来に明るい望みを持ち、
大地に根を生やした企業サポートに邁進します。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.229 製造業の皆様、設備管理は実施されていますか? 特…
  2. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.151 家財が差し押さえられたらどうしよう(;一_一)
  3. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.393 正しい銀行とのモメ方 !? 特集号
  4. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.467 『融資取引』 特集号
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.280 一番になって儲かる方法を伝授します 特集号
  6. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.138 リースのリスケ 特集号
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.111 洲山流会社分割方式による事業再生スキーム! 特集…
  8. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.417 猫も杓子も借金してまで大学に行って何をどうする …
PAGE TOP