メールマガジンバックナンバー

vol.274 製造業の皆様、現場にてグループ長は作業に従事していませんか? 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山(しゅうざん) 事業再生・皇寿経営レポート』
         vol.274 2013年7月23日号    発行部数23,576部
「借金30億円からの逆転コラム」

今回のテーマは、
「製造業の皆様、現場にてグループ長は作業に従事していませんか?特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

永遠に存続発展する『皇寿経営』を提唱し、推進する
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」を旗印に、
悩める社長の救世主として、活動している事業再生家・洲山です。

日本のお家芸である「モノづくり」である製造業の活躍を願っています。
そこで、6億円の債務超過で、破たんカウントダウン状態から、
食品加工工場の実力利益管理を徹底して、見事に黒字化実現した
製造業に関するプロコンサルタントが、そのノウハウを伝授する
シリーズです。

本号は、東京オフィス上席執行役員・認定事業再生士(CTP)石井博が、
『製造業の皆様、現場にてグループ長は作業に従事していませんか?』
を熱く語ります。

前回のメルマガでは、外部資源の活用も含めた資材調達から顧客満足を
実現させるためのシステムであるSCM(Supply Chain Management)について
ご報告させていただきました。

しかし、我々中堅中小企業の場合は、
MRP(Material Requirements Planning)を使いこなすことは労力を費やし、
思った程の成果を出す事が難しいので、
部品構成マスターだけは常にアップデートすることを心掛ければ、
新規引合い時の原価計算に威力を発揮する旨、ご報告させていただきました。

今回は、現場にてグループ長の役割についてご報告させていただきます。

小職がご支援させていただいている製造メーカー様も、グループ長の方々には
『作業現場(作業ライン)に入り作業者同様な作業をする必要はない』
と述べております。

優秀なグループ長のいる現場では、グループ長を中心に
積極的に改善・改革活動に取組み、品質、コスト、納期等に
大きな成果を上げており、
お客様から信用、信頼され高い評価をいただいております。

その様な現場では、自主管理活動が定着しており、
場当たり的な管理にはなっていないと思われます。

場当たり的な管理になっている要因としては、
グループ長が作業現場(作業ライン)に入り、
『木を見て森を見ず』 現象に陥るからだと思います。

グループ長の本来の役割は、任されたラインをマネジメントすることであり、
品質、コスト、納期等を順守することにつきると思います。

品質、コスト、納期等を順守するためには、
(1)部下を指導、教育する
(2)作業中の部下の監督および指示をする
(3)QC(Quality Control)活動を活発化させる
(4)作業手順を決め、作業方法を常に改善させる
(5)不良率を低減させるためにはどうするか
(6)稼働率を上げるためにはどうするか
(7)時間当たりの出来高を上げるためにはどうするか

等を常に考え、作業者よりも一段も二段も上から、俯瞰する立場で、
物事を考える必要があると思います。

次の事を考えながら余裕を持って対処していくことが
必要ではないでしょうか。
グループ長が現場作業(作業ライン)に従事することで
余裕が失われることになると思います。

仮に不良が発生し、お客様に納品されクレームとなった場合でも、
グループ長の役割としては、なぜ不良になったのか、
なぜ不具合品が流出したのか等、
以前のメルマガでもご紹介させていただきました
『なぜなぜ分析』 をして、真の原因を追求して、
次回生産時までには必ず改善・改革することが
本来の役割ではないでしょうか。

真の原因追求をした後、他商品にも同様な現象が
発生する可能性があるかもしれない、
という疑いの目で横展開していくことが重要だと思います。

上述させていただいた製造メーカー様も半年以上前から、
グループ長の方々には、
『作業者になるな、自ラインをプラプラ歩き回ってくれ』 と
社長から指示し続けていただき、
少しづつ現場作業(作業ライン)から離れていただける様になってきました。

グループ長の方々には作業に従事していただかず、品質、コスト、
納期等を最大限順守する本来の仕事をしていただきたいと思います。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

8周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
 前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「皇寿経営セミナー(永遠に継続発展するコツを伝授)」

私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・為替デリバティブ・事業再生セミナー」です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:5,000円 参加特典:(洲山著「事業再生家」+「事業再生総合病院」
プレゼント)+個別無料相談タイムを用意しています。
また、1社2名までご参加OKです。

日時:8月23日(金)14:00~16:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩5分
   大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

日時:7月24日(水)・8月27日(火)14:00~16:00
場所:JR東京駅八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-4-20 東京八重洲ビル8F
   喜望大地東京オフィス会議室

日時:7月26日(金)14:00~16:00
場所:JR京都駅徒歩1分
   メルパルク京都

問合せ先:大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
            フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■島義夫教授・洲山共著 為替デリバティブ問題解決指南書

PHP刊「ハイリスク金融商品に騙されるな!」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4569804853/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

今週は、大阪・東京・京都と、3会場にてセミナー開催します。
動画を導入しての自己紹介や劇的再生ビフォー・アフター等の
具体的な事例を盛り込み、、分かりやすいセミナー構成となっています。
事業再生についての知識や相談のある方は、お気軽にご参加下さい。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.476 コンサルタントの賢い活用術の巻~ 特集号
  2. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.372 経営者向け 会社売却特別セミナー 特集号
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.91 会社再建か? 事業再生か? の考察 特集号
  4. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.230 札幌の建設業の再生ストーリー MBOと事業承継 …
  5. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.431 久しぶりに見たよ!『超男前の銀行員!』 特集号
  6. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.220 今年は「えーびーえる」が流行るかも…? 特集号
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.15 『ピンチをチャンスに変える』鉄則!「底なしの借金地…
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.118 事業再生成功事例:会社分割で危機からの脱出に学ぶ…
PAGE TOP