メールマガジンバックナンバー

vol.276 『ソンかトクかっていう問題ちゃうんや!!』 事業再生と『経済合理性』のお話 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山(しゅうざん) 事業再生・皇寿経営レポート』
         vol.276 2013年8月8日号    発行部数23,576部
「借金30億円からの逆転コラム」

今回のテーマは、
「『ソンかトクかっていう問題ちゃうんや!!』
事業再生と『経済合理性』のお話 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

永遠に存続発展する『皇寿経営』を提唱し、推進する
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」を旗印に、
悩める社長の救世主として、活動している事業再生家・洲山です。

交渉事は、自分の立場ばかり主張していては、
話がまとまりません。
「経済合理性」では解決できない場合が結構あります。

そこで、

本号は、大阪オフィス常務執行役員・宮内正一が、
「ソンかトクかっていう問題ちゃうんや!!」
事業再生と「経済合理性」の考察を実務家の立場で展開します。

浪速の体育会系ターンアラウンドマネージャー、宮内です。
事業再生コンサルには多様なスキルが求められます。実践経験だけでなく、
経営・法務・財務等の専門知識を補完する意味で、
私もCTP・事業再生士という「資格」を取得しています。

資格を取る為にそれなりに勉強したのですが、
教科書には「経済合理性」というキーワードが
重要な意味でとして登場します。

まぁー軽いノリで言えば、「金銭的にソンかトクか??」という
「あたりマエダのクラッカー」な話です。

事業再生コンサルタントは、その事業が再生するか否か厳しい状況の中で、
各ステークホルダー(金融機関や取引先等)に対し、
「経済合理性から考えて、そちら様にもメリットがあります」を
殺し文句として、納得していただく職業かもしれません。

しかし世は神羅万象。ナカナカ一筋縄では行きません。
「トクやねんからええやん!!」という当たり前が、
なぜか当たり前に通らない局面に、多々遭遇します。
という事で、
私が経験した「ソンかトクとかっていう問題ちゃうんや!!」のお話。

その1
「70ん歳の社長が経営する不動産賃貸業」「事業承継者不在」
「所有不動産のテナント減少で、銀行返済が遅延」
「やむなく事業清算を決意」
「担保不動産の任意売却で借入返済を金融債権者に申し入れ」
「無事市場実勢よりやや高めの価格での買い主出現」
「残債務については、社長が高齢かつめぼしい財産も無いので事実上棚上げ」
…という事業再生の世界ではありがちな交渉を行いました。

話がトントン進む中、突如債権者の担当者から、「過去の決算書がおかしい」
「今後の支払いはどうするのか」という、そもそも論の蒸し返しがスタート。
あげくの果てに「誠意が無い」
「別にこっちは任意売却から不動産競売に切り替えてもええんやで!!」
という強硬話を持ち出す始末…

「どう考えても、この任意売却は経済合理性が高い」
「なぜ担当者は急に態度を変えたのか」といぶかしんでいると、
社長から「今の担当者は居丈高で態度が悪いので、TELを無視して、
必要な連絡は直接支店長に取っていた。
そんな事に腹を立てているのでは…」との事。

「そんなアホな!」とは思ったものの、
担当者は顔を潰されたと感じたことへの意趣返しである事が判明。
あの手この手で担当者の機嫌をとりなすと、支店長はあっさり了承し、
無事任意売却が完了しました。

反省…担当者の立場とメンツを潰してはいけません(^▽^;)

その2
「食品製造業社」「輸入品に押され第二工場閉鎖」
「幸いスポンサーが現れ、オーナーチェンジ」
「社長は代表者としてとどまり、社員の雇用も継続」
「資金繰り不安払しょく」
「社長による株式の将来買戻しもOK」…というオプション付のHappyシナリオ

ところがスポンサー契約の基本合意に達し、
本契約調印目前でひと悶着が発生。
スポンサーに利のある契約にも関わらず、
契約書文言の随所に「社長は全てオーナーに従え」文言の列挙。

「これでは話が違う」と社長はスポンサー会社の担当役員にクレーム。
侃々諤々の協議の末、スポンサー会社を持ち上げる文言を採用しつつ、
内実はほぼ平等な契約に変更する事に合意。

スポンサー会社の担当役員曰く
「経済合理性ちゃいますねん。ウチの社長のメンツなんですわ~」

とまあ二つの例の例ですが、「経済合理性」だけでは解決せず、
「相手の立場とメンツを立てる事が成否を決する事がある!」というおハナシ

若い時はイケイケドンドンな私ですが、こんな経験で円くなりました。
以前は、「経済合理性」を強硬にステークホルダーに
主張した事もありましたが、今は反省。
交渉のスタート時点では「そちらのお顔とお立場もありますもんねー」と
柔らかく始めるようにしています。

別に私のメンツはいりません。クライアントに再生していただくのが目的です。

そういえば最近、某国と某国が仲悪いですねー・・・
あんまり経済合理性だけでハナシせず、
まずは「互いのメンツと立場を理解する」ように努めれば、
結構円く収まるようにも思いますけどねー。
依頼があればお手伝いしようかな(笑)

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

8周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
 前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「皇寿経営セミナー(永遠に継続発展するコツを伝授)」

私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・為替デリバティブ・事業再生セミナー」です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:5,000円 参加特典:(洲山著「事業再生家」+「事業再生総合病院」
プレゼント)+個別無料相談タイムを用意しています。
また、1社2名までご参加OKです。

日時:8月23日(金)14:00~16:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩5分
   大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

日時:8月27日(火)14:00~16:00
場所:JR東京駅八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-4-20 東京八重洲ビル8F
   喜望大地東京オフィス会議室

問合せ先:大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
            フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■島義夫教授・洲山共著 為替デリバティブ問題解決指南書

PHP刊「ハイリスク金融商品に騙されるな!」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4569804853/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

お盆が近づき、お墓参りに田舎に帰省すべくバスの予約をネットで見ると
あんれまあ、満席ばかり(@_@)
一番便利な池田行バスは諦めて、
何とか徳島駅行きをやっとこさGETしましたが、
JRローカル線経由になりました。
物事は、やはり早め早めに段取りしないと時間ロスと経費増になります(涙!)

そういえば、過去には徳島駅から気楽に大阪行きに乗ろうとして乗れず、
なあんと3時間もキャンセル待ちがNGにて、一旦帰省先の自宅に引き返して、
翌朝5時起きで始発に乗った「悪夢」が甦りました。

いつもは、がら空きが、
ゴールデンウイーク・お盆・年末年始は、特需があり、
通常の思考パターンで考えるとえらい目に合います。

すべて、「段取り八分に、仕事二分」を実践しようと再度誓ったのでした。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.380 『製造業V字回復の軌跡(実力利益率20.0%超の…
  2. 洲山メールマガジンバックナンバー 号外 実践的な経営戦略セミナーのお知らせ
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー 号外 「事業再生家――会社が蘇った奇跡の物語」出版記念セミナー
  4. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.263 製造業の皆様、外部資源の活用をされていますか? …
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.88 鬼塚喜八郎 失敗の履歴書に学ぶ! 特集号
  6. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.354 問題解決8つのステップに学ぶ 特集号
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.230 札幌の建設業の再生ストーリー MBOと事業承継 …
  8. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.398 助成金の情報入手ノウハウ 特集号
PAGE TOP