メールマガジンバックナンバー

vol.279 製造業の皆様、現場グループ長の役割ってなに? 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山(しゅうざん)事業再生総合病院・皇寿経営レポート』
         vol.279 2013年8月26日号    発行部数23,576部
「借金30億円からの逆転コラム」

今回のテーマは、「製造業の皆様、現場グループ長の役割ってなに?特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

永遠に存続発展する『皇寿経営』を提唱し、推進する
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」を旗印に、
悩める社長の救世主として、活動している事業再生家・洲山です。

『皇寿経営』とは、人生の長寿のチャンピオンである
111歳を祝う『皇寿』から、
永遠に存続発展する事を願い洲山が命名しました。

紅白歌合戦での美輪明宏の「ヨイトマケの唄」が凄かったとの噂は
聞いていましたが、残念ながら見そびれていました。
たまたま、8月21日の宿泊先のTVをつけた際に、美輪明宏の特集があり、
紅白歌合戦でのヨイトマケの画像が流れ、感動して涙が止まりませんでした。
昭和28年生まれの洲山としては、幼いころの記憶が甦り、
貧しかった時代背景を思い出して、母の苦労に思いを馳せました。

さて、本号は、製造業のV字回復コンサルタントの東京オフィス
上級執行役員・認定事業再生士(CTP)石井博が熱く語ります。

今回のテーマは、『製造業の皆様、現場グループ長の役割ってなに?』です。

前回のメルマガでは、製造現場にて現場グループ長は作業ラインにて
従事することなく、品質、コスト、納期等を順守するために俯瞰した立場で
仕事をしていただきたい旨、ご報告させていただきました。

今回も前回に引き続き、グループ長の役割について
ご報告させていただきますが、グループ長の役割というよりは、
グループ長の方々にマネジメント層の方々がどの様に働きかけ、
グループ長の方々に自ラインを管理していただくか、
を小職の反省点を含めご紹介させていただきます。

先日、ご支援させていただいている製造メーカー様で
現場グループ長交えての打ち合わせを実施しました。

大きく3つの議題について打ち合わせをさせていただきました。
1.前月の損益状況報告
2.不良率、不良要因の状況報告
3.新商品(企画開発段階)の進捗状況報告

1.前月の損益報告については、
毎度、ご説明させていただいている様に損益計算書の構造から
ご説明させていただき、いかに製造原価を低減させ、
売上総利益(粗利益)を増額させることが、
引いては営業利益(EBITDA)の増額となり、
皆様のお給料にも跳ね返ってくることを述べさせていただきました。

3.新商品(企画開発段階)の進捗状況報告については
営業部門だけが新商品を企画開発するのではなく、製造部門としても得意先、
消費者のことを考え(同社では 『お客様の笑顔』 という言葉を
社内共通言語としている。)企画開発するスピードを
もっと速めてもらいたい、
OEM商品の場合は、供給先の受注動向により
同社の売上高も影響することから、
同社オリジナル商品を営業部門だけに任せることなく、
製造部門でも新商品の企画開発をしていただきたい、
と同社社長が熱く語られていました。

順番が逆転しましたが、2.不良率、不良要因の状況報告については、
セグメント別、ライン別、商品別の不良率は作業報告書(作業日報)にて
明確に把握されていましたが、不良要因については、
作業者任せのところがあり要因を明確に記載していただいている方、
まったく記載していない方と様々でした。

グループ長の方々も不良数については目を光らせていただいておりましたが、
不良要因についてまでは今ひとつ目を光らせていなかった様です。

グループ長の方々には、幾度となく不良要因を明確にして、
次の生産までに改善・改革する必要があるので、
機械に起因する不良なのか、人的に起因する不良なのか等を
明確にしていただきたい、と述べていたつもりでした。

しかし、結果、述べていたつもりになっていただけでした。
何のために、何をするために、不良要因を明確にする必要があるのか、
要は目的が明確ではなかったため、グループ長の方々にも不良要因の
明確さの大事さをご理解いただくことができなかったのではないか、
と反省をした次第です。

とは言え、毎月数百万円(売値換算)にのぼっていた不良金額でしたが、
今回の報告では毎月数百万円が約1/3になり、グループ長の方々はじめ、
皆様の頑張りがあったことにより達成できたのかな、と思っております。

今後は、今まで以上に、何のために、何をするために、
目的を明確にしてグループ長の方々とのコンセンサスを得て、
その後、グループ長の方々から現場作業員の方々にご説明いただく、
という流れを、より強固にしていく必要があると感じた次第でした。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

8周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
 前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「皇寿経営セミナー(永遠に継続発展するコツを伝授)」

私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・為替デリバティブ・事業再生セミナー」です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:5,000円 参加特典:(洲山著「事業再生家」+「事業再生総合病院」
プレゼント)+個別無料相談タイムを用意しています。
また、1社2名までご参加OKです。

日時:9月19日(木)14:00~16:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩5分
   大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

日時:8月27日(火)・9月20日(金)14:00~16:00
場所:JR東京駅八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-4-20 東京八重洲ビル8F
   喜望大地東京オフィス会議室

問合せ先:大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
            フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■島義夫教授・洲山共著 為替デリバティブ問題解決指南書

PHP刊「ハイリスク金融商品に騙されるな!」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4569804853/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

人生を変えるのは、母の懸命に働く後ろ姿や励ましの言葉の力があります。
お宝鑑定団の北原照久さんの「珠玉の日本語・辞世の句」には、
かくも魂をゆさぶる日本人の潔さ、熱さ、美しさ!
これは、私のコレクション中、最も感動的なものだ。
が、満載であり、感動する言葉のオンパレードです。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.91 会社再建か? 事業再生か? の考察 特集号
  2. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.320 金融庁時事ネタを宮内正一流解説 特集号
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.313 三浦雄一郎のチャレンジ魂に学ぶ 特集号
  4. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.128 製造業の皆様、作業日報(作業報告書)を活用してい…
  5. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.244 『全部おっちゃんとこが引き受けたろ!』おもろい版…
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.56 闇金の傾向と対策 ⇒ 警察は 頼りになるの巻 特集…
  7. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.466 製造業の皆様、会議は建設的ですか?Part2 特…
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.58 肺炎を自分で治療しますか? 生兵法は大怪我の元を考…
PAGE TOP