メールマガジンバックナンバー

vol.280 一番になって儲かる方法を伝授します 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山(しゅうざん)事業再生総合病院・皇寿経営レポート』
         vol.280 2013年9月2日号    発行部数23,576部
「借金30億円からの逆転コラム」

今回のテーマは、「一番になって儲かる方法を伝授します 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

永遠に存続発展する『皇寿経営』を提唱し、推進する
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」を旗印に、
悩める社長の救世主として、活動している事業再生家・洲山です。

『皇寿経営』とは、人生の長寿のチャンピオンである
111歳を祝う『皇寿』から、
永遠に存続発展する事を願い洲山が命名しました。

資金繰り対策専門のHPが出来ました ⇒ http://cash-sos.jp/

本号は、永遠に存続発展する『皇寿経営』の作り方を伝授します。

はじめに、
会社経営とは、固定給なしのフルコミッション方式であり、
経営不振を救う政府も銀行もないのが原則なのです。

経営の学校がなく、各種セミナーや本もほとんどが、
大企業向けであり、中小企業向けの教材がないのが現実です。

そこで、30人~100人規模をターゲットとして、
競争に勝つ竹田ランチェスター経営を学びましょう。

会社経営は、粗利益にて成り立ち、その源泉は、
すべてお客様から頂くキャッシュです。決定権は、お客様100%

マーケットでは、多数のライバルとの戦いが、存在し、
選ばれる理由が明確でないと、戦いに負ける。

そこで、結論は、一番になる事です。

洲山が前職の社長時代に、竹田ランチェスター経営をしっかり
学んでいれば、無謀な拡大策を取らずに一番になれる戦場でしか
戦わず、負けそうであれば、傷が浅いうちに撤収していたので、
会社を破たんしなくても良かったと後悔しています。

後悔先に立たずなので、挫折体験者としてのアドバイスは、
中小企業の社長は、全員竹田ランチェスター経営を学ぶべきです。

では、具体的な中身は、

経営を構成する8大要因をいかにフォーカスするか?

1.商品・サービス  (何を)
2.営業地域対策  (どこで)
3.業界と客層対策 (誰に)
4.営業対策    (どのように)
5.顧客維持対策 (いかに継続するか)
6.組織対策    (平屋建=10人以内・二階建=11人~30人)
7.資金と経費対策(パーヘッド自己資本30M・自己資本比率50%)
8.時間対策    (朝7:30出社し、決死型5倍=4,140h働く覚悟)

次に、経営をよくするアクションプラン

1.社長の経営に対する「事業の目的意義を明確にし」
 「熱烈な願望」「ビジョン」を打ち出す

2.経営の目的:顧客の創造=NO.1の商品・サービスにて世の中の
 お役に立ち、会社と社員の成長実現

3.目標の設定:(1)何を(商品・サービス)(2)どこで(地域)
 (3)誰に(顧客)同時に範囲を決める

4.戦術リーダー (1)伍長(4人の部下を持つ)係長
 (2)課長(部下の指導専念) (3)部長(5人以上課長)

5.将軍の役目
 (1)戦う相手を決める
 (2)なぜ戦争をするかの大義名分を明確にする  
 (3)戦う相手の情報を収集する
 (4)どの兵器を主力とし、補助の兵器を何にするか決定
 (5)どの戦場を中心とし、戦場の範囲を決定
 (6)戦場へ進軍するルートを決める  
 (7)戦う陣形を決定
 (8)部隊編成し、部隊長決定
 (9)兵士の教育訓練方法決定
 (10)軍資金を計算し、集める方法と配分割合を決定
 (11)武器や食料の補給方法(兵站へいたん)決定
 (12)作戦計画書作成

6.実行手順のウエイト付 (1)願望、熱意、決断力、向上心:53%
 (2)目的、目標、情報:27% (57%)
 (3)戦略・仕組作り:13% (29%) (4)戦術:7% (14%)
 Σ100% ⇒ 戦略86%・戦術14%=6:1

7.ランチェスター第1法則:攻撃力は兵力数×武器性能(質)=
 一騎打戦の法則=劣勢軍(弱者)の戦略
 ランチェスター第2法則:攻撃力は兵力数2 ×武器性能(質)=
 間隔戦の法則=優勢軍(強者)の戦略

8.弱者の目標設定原則:
 (1)競争力強い商品・サービスでシェア1位のエリア作り
 (2)差別化 (3)ニッチトップ
 (4)商品・サービスを絞り込み、エリアも絞り込む
 (5)エンドユーザーに接近戦で戦う (6)競争目標と攻撃目標分離

9.社長の戦略実力の通信簿:パーヘッド純利益と
 パーヘッド自己資本は、幾らか?

勉強すればするほどシンプルで分かりやすいのが特徴であり、
一言でいえば、とにかく一番になる戦場を見つけて、
そこで戦う    です。

その竹田ランチェスター経営を11月2日大阪で
学べるチャンスがあります。
今話題のJR大阪駅直結のグランフロント大阪北館C棟4F
ナレッジシアターにて、竹田陽一先生とランチェスター経営を
学び実践し成功している社長2名の講演です。

洲山が、このイベントの「ランチェスター法則100周年セミナー」大阪の
実行委員長をしており、是非当日お会いしたいです (^^♪

 
私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

8周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
 前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「皇寿経営セミナー(永遠に継続発展するコツを伝授)」

私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・為替デリバティブ・事業再生セミナー」です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:5,000円 参加特典:(洲山著「事業再生家」+「事業再生総合病院」
プレゼント)+個別無料相談タイムを用意しています。
また、1社2名までご参加OKです。

日時:9月19日(木)14:00~16:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩5分
   大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

日時:9月20日(金)14:00~16:00
場所:JR東京駅八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-4-20 東京八重洲ビル8F
   喜望大地東京オフィス会議室

問合せ先:大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
            フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■島義夫教授・洲山共著 為替デリバティブ問題解決指南書

PHP刊「ハイリスク金融商品に騙されるな!」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4569804853/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

喜望大地大阪オフィスにてパート勤務のアシスタント募集します。
9:00~16:00勤務で、土・日・祝休み・交通費支給・
ワード・エクセル・パワーポイントが使えて、簿記2級程度の知識がある方
アクセス:JR大阪駅から徒歩5分・グランフロント大阪北館から徒歩2分
時給:1,000円~1,500円・希望者は、info@gmmi.jp に
履歴書と職務経歴書をメール下さい。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.215 二重ローン問題解決の為に二重行政で挑む??矛盾の…
  2. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.260 3月末の円滑化法期限切れが目の前に迫っています …
  3. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.395 実力利益20%超の優良企業へ 特集号
  4. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.392 倒産破産危機から復活し、本店新築の木村社長物語完…
  5. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.464 平時と有事(=戦争)の対応策考察 特集号
  6. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.474 製造業の皆様、決めたことを、きちっと、ルール通り…
  7. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.259 円安で一服してる場合じゃないですよ。安倍さん 特…
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.133 窮境状態を乗り越える家族会議 特集号
PAGE TOP