メールマガジンバックナンバー

vol.285 起死回生の逆転を成功させる経営戦略の学び方 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山事業再生総合病院・『富士山経営レポート』
         vol.285 2013年10月16日号    発行部数23,576部
「借金30億円からの逆転コラム」

今回のテーマは、
「起死回生の逆転を成功させる経営戦略の学び方 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

永遠に存続発展する『富士山経営』を提唱し、推進し、
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」を旗印に、
悩める社長の救世主として、活動している洲山(しゅうざん)です。

富士山経営には、「経営戦略」が必要であり、
11月2日大阪にて、洲山が実行委員長を務めて開催する
ランチェスター法則100周年記念セミナーが、大変お勧めです。
一緒に学びましょう。

新たに、資金ショート問題を可決する
資金繰り対策専門のHPが出来ました
 ⇒  http://cash-sos.jp/   

本号は、幕末の動乱期に破産状態の備中松山藩を再建した
雲中の飛龍と讃えられた山田方谷(やまだほうこく)翁に学ぶ
覚悟と心構え及び経営戦略です。

題して、「起死回生の逆転を成功させる経営戦略の学び方 特集号」です。

雲中の飛龍と称される山田方谷は、幕末における政治家、
陽明学者であり教育者です。

財政破綻に陥り多額の借金に苦しんでいた備中松山藩
(現在の岡山県高梁市)において、財政再建を見事成し遂げ、
大きな足跡を残した財政改革者でもあり、天下にその名を馳せた。

藩の元締役兼吟味役(藩の財務大臣)を務めたわずか7年間に
鉄製品等の特産品の育成や 新しい時代の潮流に乗った産業政策、
また、信用のなくなった旧藩札を藩民の前ですべて焼き払うという
前代未聞のパフォーマンスによる藩札刷新政策等の7大政策を断行し、
な、なんと、10万両(約600億円)の借財を
逆に10万両の蓄財にした。
あっと驚く経営手腕を発揮した、財政再建の天才です。

理財論は方谷の経済論。漢の時代の董仲舒の言葉である
「義を明らかにして利を計らず」の考え方で、改革を進めた。
つまり、綱紀を整え、政令を明らかにするのが義であるが、
その義をあきらかにせずに利である飢餓を逃れようと
事の内に立った改革では成果はあげられない。

その場しのぎの飢餓対策を進めるのではなく、
事の外に立って義と利の分別をつけていけば、
おのずと道は開け飢餓する者はいなくなることを説いた。

借金10万両(現在の600億円)をわずか7年で完済し、
逆に10万両(現在の600億円)蓄財のコツは

最初に取り組んだのが、負債整理でした。 
嘉永3年(1850年)春、大阪に向かった。
これまでの備中松山藩の財政状況を説明し、
借金10万両の猶予を申し入れた。

「借金は必ず返済する。踏み倒すつもりは毛頭ござらん。
伏してお願い申す。その手立てだが、米に頼らず、
産業を興せば必ず借金は返せる。」

大阪商人は、示した再建計画(産業振興策)が緻密で、
商人たちの心を動かした。

そして、利子の免除、50年の借金棚上げを承認した。
「産業振興策」その内容は、備中にある砂鉄を使って、
当時の人口の80%を占める農家を相手にした農具の商品開発である。
備中鍬(びっちゅうぐわ)の誕生であった。
 備中鍬は、3本の大きなつめを持ったホークのような鍬で、
従来の鍬に比べて、土を掘り返すのに適した便利な鍬である。
従来品に比べて作業効率がよい備中鍬の生産は、
借金を返済できる大ヒット商品となった。

方谷の政治の基本方針は、
「政で大切なことは、民を慈しみ、育てることである。
それは、大きな力となる。
厳しい節約や倹約だけでは、民は萎縮してしまう。」

 農家出身ということもあり、農家の気持ちがわかった為政者であった。
また、自ら開墾を行い、農産物の特産品づくりに精を出した。
タバコ、茶、こうぞ、そうめん、菓子、高級和紙など、
その特産品に「備中」のネーミングで売り出した。
ブランド品の誕生として実った。

販売方法についても、山間の小さな藩が外国船を購入し、
江戸に物資を運び、板倉江戸屋敷で直接販売する方法を確立した。
西国の藩は、産物を大阪に卸すのが常識であった。

方谷は、商品を江戸での直接販売に目をつけた。
中間マージンを排除し、安いよい品を直接消費者に販売した。
それによって利益を上げた。

また、備中松山藩内に「撫育局」を設置し生産・流通・販売を
藩の直営とした。
商業が低く見られていたこの時代、藩そのものを会社組織に変えた。

困難なことから始める勇気(税金を減らし、公務員の給与を減らす)
 農民からの取立てを減らし、商人への税を増やす一方、
武士の俸禄を減らし節約を命じた。

松山藩の藩士たちの反感を買うこともしばしばであった。
 武士たちをさらに怒らせたのは、辺境の地の開墾にあたらせたことで、
たびたび命を狙われた。 
また、方谷が賄賂をもらっているとのうわさが立ち、
清廉潔白を示すために、方谷は、
家計を第3者に任しガラス張りにし公開した。

改革の順番が大切
方谷の改革に学べば、まずは、
政治家と公務員が報酬を大幅カットして、
次に無駄な経費を大胆にカットし、
売れる財産は売却してから、増税の順番です。

また、同時並行して産業育成して地方と国が潤う
仕組みを構築する事です。

さて、如何でしょうか?

偉大な先人が岡山にいらっしゃいました。
50年返済を覚悟した600億円もの負債を
経営戦略にて、わずか7年間で完済したのみならず、
600億円の蓄財に成功したのですから、
合わせて1,200億円を稼いだのでして、
覚悟と経営戦略の勝利と言えましょう。

では、いかにして「経営戦略」を学べるかと言うと
我々中小企業にぴったりなのは、

11月2日大阪にて、洲山が実行委員長を務めて開催する
ランチェスター法則100周年記念セミナーが、大変お勧めです。
是非、一緒に学びましょう。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

8周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
 前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「皇寿経営セミナー(永遠に継続発展するコツを伝授)」

私、洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・為替デリバティブ・事業再生セミナー」です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:5,000円 参加特典:(洲山著「事業再生家」+「事業再生総合病院」
プレゼント)+個別無料相談タイムを用意しています。
また、1社2名までご参加OKです。

日時:10月23日(水)14:00~16:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩5分
   大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

日時:10月22日(火)14:00~16:00
場所:JR東京駅八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-4-20 東京八重洲ビル8F
   喜望大地東京オフィス会議室

問合せ先:大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
            フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■島義夫教授・洲山共著 為替デリバティブ問題解決指南書

PHP刊「ハイリスク金融商品に騙されるな!」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4569804853/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

今朝は、台風到来情報を心配しながら新幹線にて名古屋に向かっています。
過去には、川の増水で数時間新幹線の車内待機も経験しましたが、
いかなる事態も耐える覚悟で東京駅07:10に乗り込みました。
幸い、新富士にて、流木撤去作業による待機がありましたが、
遅れながらも動いており、大丈夫のようです。(ホッ!)
経営戦略を学び、成功した社長の話を聞けるのは、11月2日大阪にて
しっかり学べますので、
是非、一緒に学びましょう。

事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.60 事業再生を成功するには、危機を乗り越える正しい判断…
  2. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.288 政治が動き、金融庁が動き、銀行が走る 特集号
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.5 『ピンチをチャンスに変える』鉄則! 「連帯保証人引受…
  4. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.390 部品別実力利益管理計表から何を読み取り、どの様に…
  5. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.451 M&Aマーケットの考察 特集号
  6. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.211 製造業の皆様、変化点管理をされていますか? 特集…
  7. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.440 中小企業にこそチャンスの話 特集号
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.131 キャッシュフロー経営による脱どんぶり宣言! 特集…
PAGE TOP