メールマガジンバックナンバー

vol.290 製造業の皆様、仕入予算を現場に落とし込んでいますか? 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山事業再生総合病院・『富士山経営レポート』
         vol.290 2013年11月18日号    発行部数23,576部
「借金30億円からの逆転コラム」

今回のテーマは、
「製造業の皆様、仕入予算を現場に落とし込んでいますか? 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

永遠に存続発展する『富士山経営』を提唱し、推進し、
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」を旗印に、
悩める社長の救世主として、活動している洲山(しゅうざん)です。

先日、創業75周年感謝の集いにご招待されて、
参加しましたところ、来賓席では国会議員の隣でして、
あるサプライズで、-----
顛末は、編集後記で、

さて、
本号は、東京オフィス所属の上席執行役員・認定事業再生士・石井博の
製造業V字回復プロジェクトシリーズで、
テーマは、
『製造業の皆様、仕入予算を現場に落とし込んでいますか?』です。

前回のメルマガでは、製造現場のグループ長の方々に、
いかに自ラインの作業者を巻き込んで、
現場にて改善・改革していくためにはECRSの原則が必要な旨、
ご紹介させていただきました。

今回は、係数を用いて製造現場のグループ長の方々に
原材料、副資材等の仕入管理をしていただくことにより、
ムダな発注、ムダな在庫等が軽減できるのではないか、
ということで、ご支援しているクライアント様の事例を
もとにご紹介させていただきたいと思います。

当社は受注生産と見込生産が混在する契約形態であり、
従前は管理部隊にて原材料、副資材等を購入しておりました。
『月末在庫半減』 を目標に鋭意努力しておりましたが、
正直、思った程、月末在庫が削減できないまま半年超が
経過してしまいました。

そこで、抜本的に発注体制を見直すことに着手し、
仕入業者様への発注は従前通り管理部隊にて対応はしますが、
製造現場グループ長が自ラインにて使用する原材料、
副資材等を発注することとしました。

管理部隊にて、月初の時点で各セグメント別(各ライン別)に
当月予想受注売上高から原材料費、副資材費等を算出し、
その購入金額を一覧表にまとめ、毎週開催される生産会議時に
売上高が当初予想から変動する場合は、
購入金額も変動する様にし、
今現在の発注金額が予算に対してどうなのか、

いわゆる進捗状況を常に把握できる様にしました。
あわせて、既に月初からの発注済みの金額、
当月末までの予算残額も把握できる様にしました。

上記、システムにて今月から開始しておりますが、
どの様な結果が出るか楽しみにしております。
結果、月末在庫金額が削減、
目標である半減に近づけばよいのですが、それ以上に、
製造現場のグループ長の方々が自ラインでの正確な在庫数量の把握、
不良の低減、生産性の向上等に目を向けていただく様になれば、
更なる製造原価低減になるのではないでしょうか。

既に、製造現場グループ長の方々からは、
得意先からの受注数に対して、仕入業者様からの最少発注ロット数が
多いことから、最少発注ロット数を少なくしてもらうことは
できないか等の問い合わせが管理部隊にされている様です。

売上高を上げて営業利益を上げることも重要ですが、
当社の様に仕入を管理することも重要ではないでしょうか。
仕入管理することは、キャッシュフローに直結する話です。
いかにキャッシュフロー経営を重視するかが、今後、
更に問われるのではないでしょうか。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

8周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
 前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「皇寿経営セミナー(永遠に継続発展するコツを伝授)」

洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・為替デリバティブ・事業再生セミナー」です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:5,000円 参加特典:(洲山著「事業再生家」+「事業再生総合病院」
プレゼント)+個別無料相談タイムを用意しています。
また、1社2名までご参加OKです。

日時:11月19日(火)・12月17日(火)14:00~16:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩5分
   大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

日時:11月26日(火)・12月19日(木)14:00~16:00
場所:JR東京駅八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-4-20 東京八重洲ビル8F
   喜望大地東京オフィス会議室

問合せ先:大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
            フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■島義夫教授・洲山共著 為替デリバティブ問題解決指南書

PHP刊「ハイリスク金融商品に騙されるな!」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4569804853/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

式次第に、感謝品の贈呈式があり、主催者の社長より、
「本日の創業75周年が祝えるのは、洲山先生のお蔭です。」
とのコメントを添えて感謝のこもった記念品を頂きました。

本企業は、喜望大地の東京オフィスがまだなく、丸ノ内ホテルの
クラブラウンジで面談をしていた時代の平成18年からのコンサル先です。

当時は、三本の柱にて経営されていましたが、季節変動が大きく、
儲かる月と大赤字の月がまだら模様で、将来不安を感じての相談でした。

そこで、創業者のスタートした祖業からの撤退と二本目の柱事業を
M&Aにて売却して、社長が始めた三本目の事業に
「選択と集中の経営戦略」を立案推進し、高収益企業になりました。

その後、環境変化により経営環境が厳しくなり、
ご子息が後継社長に就任に自信がなく、
M&Aによる事業売却のサポートをしました。

結果、無借金で大きな資金と資産のある投資家としての
再スタートを切れる事への感謝のコメントであり、
コンサル冥利に尽きる嬉しいひと時でした。

現事業再生に関しての問い合わせに関しては、
事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.34 リスクマネージメントノウハウその15 国民生活金融…
  2. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.256 宮内さん!!!事業再生ファンドゆうのがあるらしい…
  3. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.251 中小零細企業の社長・事業再生士が見る!!総選挙の…
  4. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.401 『金融庁のレポートと方針』を分かりやすく解説 特…
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vo l.44 消費者金融大手の過払い金関連費用は、ナ、ナント1…
  6. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.258 製造業の皆様、外注管理をされていますか? 特集号…
  7. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.241 風雲急を呼ぶ『尖閣諸島』 特集号
  8. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.433 こんなCMに、、、大丈夫か、Power with…
PAGE TOP