メールマガジンバックナンバー

vol.308 お上もやっとこ本気になったかな? 最新の事業再生手法~特定調停スキーム 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山・事業再生・事業承継・M&Aコラム』
         vol.308 2014年5月2日号    発行部数23,576部

「永遠に存続成長する『富士山経営レポート』」

今回のテーマは、
「お上もやっとこ本気になったかな?
       最新の事業再生手法~特定調停スキーム 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

永遠に存続発展する『富士山経営』を提唱推進し、
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」を旗印に、
悩める社長の救世主として、活動している洲山(しゅうざん)です。

アベノミクスの事業再生学的な本質は、
『新陳代謝』 です。

それは、ダメな会社は退場して、意欲有る社長は起業して、
ダメな会社の社員は、これから伸びる企業に移動する事で、
社会が活性化する。

従って、退場組を如何に蘇生して、元気な会社に再生できるかが、
喜望大地のミッションと考えて、日夜前進しています。

本号は、大阪オフィス所属の常務執行役員宮内正一が、
熱く語る今回のテーマは、

「お上もやっとこ本気になったかな?
   最新の事業再生手法~特定調停スキーム」です。

浪速の体育会系ターンアラウンドマネージャー、宮内です。

自宅火災から早や3か月、
このメルマガが配信されている頃には被災者生活を終え、
無事自宅に帰っていると思われます…
皆様ご心配をおかけしました
てなことで本題へ。

昨年3月、今まで比較的簡単にリスケができた要因である
金融円滑化法が終了し、
事業再生の現場では、新しい試みが始まっています。

時系列で追ってみますと、こんな感じです。

1.平成25年3月末、金融円滑化法終了
・しかーし、各金融機関に対し金融庁は
「終わったからと言って、客に無理したらしばく!」と指示。
 …「しばく」とは我が大阪弁で
 「とっちめてやる」的なイメージです

宮内さんの独り言:つまり銀行のスタンスは、
円滑化法前とほとんど変わってないやん(^^)/

2.平成25年春から最近の銀行の動き
・銀行と行政がタッグを組んだ官民ファンドが各地に組成される
・ファンドのカネで事業再生を支援する方針

宮:ファンドのカネが廻るのは、年商数十億以上クラスの、
上場はしてないけど地域では有名な中堅企業が対象やから、
一般の中小零細企業にはぜーんぜん恩恵係なしでーす

3.平成25年12月経営者保証に関するガイドライン
・中小企業経営者は会社オーナーであり、連帯保証人であり、
会社が潰れたら個人も破産、再チャレンジ不可になりがち…
という現況を改める方針のガイドライン

・要するに、アカン会社はさっさと潰せ!…
経営者が連帯保証債務におびえて、
潰すべき会社を潰さないのはダメ!という大方針が決定

宮:これは当局も本気になったと思いましたね~。
益々我々事業再生を支援する人間のスキルと経験が問われるで~

4.平成25年12月、日本弁護士会「中小企業再生支援の実務」セミナー
・このセミナーで「特定調停」を、中小企業再生の
新しいプラットホームにする旨の報告+運用開始!!

宮:これはピーンと来ましたね~、
平成26年はこのスキームが活きるかもしれんな~

僕は大体「お上のやる事はピント外れが多いねん」という
立場ですので、あまり買いかぶりしない方ですが、
「特定調停は結構有効かな?」という気がします。

なんせ銀行の債務免除が、メニューにはっきり乗っかってますから!!

とは言いながら、始まったばかりであまりにも事例が少ない
状態ですので、今現在はっきりしている点をだけを列記します。

・申立代理人(弁護士)が事前に金融機関調整を実施する…
 弁護士さん大丈夫かな~
・資産調査は公認会計士や税理士が行う…カネかかりそう
・経営改善計画も申立て前作成、金融機関に説明を行う…
 銀行さんちゃんと聞いてね
・簡易裁判所で運用…簡便な手続き…何やら緊張します
・保証協会にも債務免除を依頼できる…これはすごい!!
・要件が整えば債権者債務者共に税務上の特典が使える…
 税理士の腕の見せ所

金融機関調整という意味では、私たち事業再生士が普段行っている事
との違いは基本無いのですが、簡易裁判所という公的機関を活用し、
通常ありえない保証協会の債務免除の可能性も含まれ、
更に税務署も面倒みてくれる!!

僕が有効打かな?と思った理由はこの当たりです。

しかし、弁護士先生に金融機関調整が上手に出来るかな?
という一抹の不安も…

そもそもスキームの前提は「金融機関との事前調整」
が上手くいく事ですから。

となれば、弁護士先生と僕たちのような事業再生士のタッグが、
収まりの良い組み合わせかな~と思います。

これからのスキームではありますが、
是非とも前向きにチャレンジしたいと思っています。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

9周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
 前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン  2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「ダントツNO.1作りの『富士山経営』セミナー
        永遠に継続発展するコツを伝授」

洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・事業再生セミナー」です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:5,000円 参加特典:(洲山著「事業再生家」+「事業再生総合病院」
プレゼント)+個別無料相談タイムを用意しています。
また、1社2名までご参加OKです。

日時:5月23日(金)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩5分
   大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

日時:5月20日(火)15:00~17:00
場所:JR東京駅八重洲北口徒歩2分
   東京都中央区八重洲1-4-20 東京八重洲ビル8F
   喜望大地東京オフィス会議室

問合せ先:大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
            フリーコール:0120-69-8888

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■島義夫教授・洲山共著 為替デリバティブ問題解決指南書

PHP刊「ハイリスク金融商品に騙されるな!」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4569804853/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

新陳代謝の波を乗り越えて、「破綻」のピンチをチャンスに転換し、
『成長』への道を歩みだせるお手伝いをするべく、
あらたな、国施策である「特定調停制度」のサポートも
スタートしました。
「明るく! 元気に!!  前向きに!!!」

事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.428 推奨図書『周りが自然に助けてくれる人の仕事術』 …
  2. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.425 『腕時計投資』から、投資を考える 特集号
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.18 『ピンチをチャンスに変える』鉄則!「連帯保証債務地…
  4. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.174 小さな会社のための正しいリスケの進め方 特集号
  5. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.337 製造業問題解決の8つのステップ!STEP5:対策…
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.83 ICHIROに学ぶ、目標設定こそ、事業再生の鉄則!…
  7. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.349 資産家の実態とそれに群がる金融マン 特集号
  8. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.310 製造業の皆様、運搬のムダを意識して改善・改革に取…
PAGE TOP