メールマガジンバックナンバー

vol.322 製造業の皆様、問題解決の8つのステップ 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山・事業再生・事業承継・M&Aコラム』
vol.322 2014年10月14日号 発行部数23,576部

「永遠に存続成長する『富士山経営レポート』」

今回のテーマは、「製造業の皆様、問題解決の8つのステップ 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

永遠に存続発展する『富士山経営』を提唱推進し、
『地獄に仏』と感謝され、社長と企業の成長をサポートする
パートナーの洲山(しゅうざん)です。

10月21日(火)15:00~17:00梅田にて、また翌22日(水)15:00~17:00
東京八重洲にて、洲山の「借金があっても事業承継」をテーマに
セミナーを開催します。
事業承継・事業再生に関心のある方を歓迎します。

大阪の新名所として、マスメディアに掲載されていた安藤忠雄プロデュースの
『希望の壁』を見てきました。
JR大阪駅から徒歩10分・グランフロント大阪からは、徒歩5分の距離です。
昔ダイハツ工業の工場があった場所で、今は積水ハウスが開発し本社がある
「スカイビル」の敷地内にあります。

続きは、編集後記にて。

本号は、東京オフィス常務執行役員石井博の製造業V字回復メソッド
シリーズの、
今回のテーマは、「製造業の皆様、問題解決の8つのステップ」 です。

前回のメルマガでは、
『トヨタの問題解決(著者:(株)OJTソリューションズ)』
という興味深い書籍に記載されていたトヨタ全従業員が、
問題解決をする場合の 『考え方』 には、『発生型問題解決』、
『設定型問題解決』、『ビジョン指向型問題解決』 の3パターンがあり、
その考え方がトヨタのイノベーションの基礎となっている旨、
ご紹介させていただきました。

今回のメルマガは、その 『考え方』 をするにあたり、
8つのステップを踏んで推進する必要があるとのことですので、
その8つのステップを順にご紹介させていただきます。

8つのステップとは、
STEP1:問題を明確にする
STEP2:現状を把握する
STEP3:目標を設定する
STEP4:真因を考え抜く
STEP5:対策計画を立てる
STEP6:対策を実施する
STEP7:効果を確認する
STEP8:成果を定着させる

STEP1:問題を明確にする
『問題を明確にする』 ことと、次のステップである
『現状を把握する』 ことは非常に重要なステップであり、
このプロセスで70%の時間と労力を費やすことになるそうです。

問題テーマありき、対策ありきで、問題解決に取り組んでしまう
ケースが少なくないが、これでは、『本当の問題』を
解決することができないとのことです。

対策ありきであると、対策を施すことが目的になってしまい、
本当の問題が解決されない可能性があるとのこと、

『本当の問題』→『困っている状態』→『問題テーマを決定する』
→『対策』というプロセスを前提に考える必要があるとのことです。

また、抽象論ではなく数字でとらえることが重要であり、
データでしめすことにより、胎落ちし易くなるとのことです。

問題を発見するために、
7つの視点で検討することが重要であるとのことです。
(1)悩んだり困っていること
(2)上位方針との比較
(3)後工程への迷惑
(4)基準との比較
(5)標準との比較
(6)過去と比較
(7)他部署との比較

上記7つの視点で問題を抽出したら、
今度は、『重要度』、『緊急度』、『拡大傾向』で問題を評価して、
問題の優先順位をつけて取り組むことが重要であるとのこと、
同時多発的にたくさんの問題が発生、ねむっている可能性があるが、
一気にすべての問題の解決にとりかかると、
時間も手間もかかるので現実的ではない、
優先順位をつけることが重要であるとのことです。

問題解決の初心者は、『何が問題か』さえわからないことが多い、
とのことではるが、
まずは、考えることに慣れることが肝心であるとのことです。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

9周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「ダントツNO.1作りの『富士山経営』セミナー
永遠に継続発展するコツを伝授」

洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生ノウハウ、「資金調達・事業再生セミナー」です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:5,000円 参加特典:(洲山著「借金があっても事業承継」+
「事業再生家」プレゼント)+個別無料相談タイムを用意しています。
また、1社2名までご参加OKです。

日時:10月21日(火)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩5分
大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

日時:10月22日(水)15:00~17:00
場所:JR東京駅八重洲北口徒歩2分
東京都中央区八重洲1-4-20 東京八重洲ビル8F
喜望大地東京オフィス会議室

問合せ先:大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
フリーコール:0120-69-8888

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

■過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

洲山著「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

スカイビルは、外観が凱旋門の巨大版とも言えて、
ツインタワーの最上階が一体となり、見晴らしの良い展望台です。
英紙タイムズが世界遺産のバルテノン神殿(ギリシャ)などと並び
「世界を代表する20の建造物」と紹介し、外国人向け旅行ガイド本が
「未来の凱旋門」と取上げたメディア効果てきめんです。

⇒ http://sano567.my.coocan.jp/kibounokabe/index.html

そのスカイビルの敷地内に出来たのが、『希望の壁』です。

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.87 洲山流事業再生三原則発表! 特集号
  2. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.431 久しぶりに見たよ!『超男前の銀行員!』 特集号
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.299 『冬来たりなば春遠からじ』 春に向けての挑戦のス…
  4. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.312 府と市を併せて『府市あわせ?』 特集号
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.294 銀行の本決算である3月末に向けての『新年の資金繰…
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.405 ビリギャルを育成した坪田先生に学ぶ 特集号
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.13 『ピンチをチャンスに変える』鉄則!「底なしの借金地…
  8. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.358 計算が合わないぞ?翼くん 特集号
PAGE TOP