メールマガジンバックナンバー

vol.330 製造業V字回復シリーズ『目標を設定する』 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山・事業再生・事業承継・M&Aコラム』
vol.330 2015年1月19日号 発行部数23,506部

「永遠に存続成長する『富士山経営レポート』」

今回のテーマは、「製造業V字回復シリーズ『目標を設定する』 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

永遠に存続発展する『富士山経営』を提唱推進し、
『地獄に仏』と感謝され、社長と企業の成長をサポートする
パートナーの洲山(しゅうざん)です。

早いもので、明日から1月は下旬となり、後半戦が始まります。

そろそろ事業承継を考えたり、経営内容を変革したい社長には、
喜望大地創業10周年謝恩セミナーにご参加下さい。

洲山セミナー「借金があっても事業承継」
『富士山経営』セミナー・永遠に存続成長するコツを伝授」

洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生・事業承継ノウハウ、「借金があっても事業承継セミナー」
です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

10周年感謝会費:1,000円 参加特典:(洲山著「借金があっても事業承継」+
「事業再生家」プレゼント)+個別無料相談タイムを用意しています。
また、1社2名までご参加OKです。

日時:1月27日(火)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩5分
大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

日時:1月28日(水)15:00~17:00
場所:JR東京駅八重洲北口徒歩2分
東京都中央区八重洲1-4-20 東京八重洲ビル8F
喜望大地東京オフィス会議室

本号は、東京オフィス常務執行役員・石井博の、
製造業V字回復シリーズで、テーマは、
『製造業の皆様、問題解決の8つのステップ(STEP3:目標を設定する)』
です。

前回のメルマガでは、
『トヨタの問題解決(著者:(株)OJTソリューションズ)』
という興味深い書籍に記載されていたトヨタ従業員の方々が、
問題解決をするための考え方には8つのステップがあり、
『ステップ2:現状を把握する』 について、
どの様に対応しているか、どの様なツールを活用して
現状把握をしているのかをご紹介させていただきました。

今回のメルマガは、『ステップ3:目標を設定する』 です。
目標は、『あるべき姿』 でも 『やること』 でも 『手段』 でもなく、
少し背伸びをする目標を立てることがポイントであるので、
達成目標を決めるときに気をつけなくてはいけないポイントが
4つあるのです。

1.『やること』 を目標にしない
 例えば、『改善提案件数を増やす』 というのは、
 実施する内容を表明したにすぎないので、具体的に
 『各人が改善提案件数を前期比20.0%アップさせる』
 というように目指す地点をしめす必要があるのです。

2.手段を目標にしないこと
 改善提案件数を増加させるためには、作業内容の確認、
 モノの流れ等を検証することが必要になると思いますが、
 これはあくまでも目標を達成するための手段にしかすぎず、
 手段が目標になってしまうと、
 手段を講じた段階で満足してしまい、
 問題の解決には結びつかないのです。

3.少し背伸びするような目標を立てる
 問題解決をするうえでよく発生するミスは、『あるべき姿』 と
 『目標』 を一致させてしまうことだそうです。
 例えば、『今期売上高を前期比20.0%アップにする』 というのが
 『あるべき姿』 であれば、『今期売上高を前期比20.0%アップにする』
 のままでは 『目標』 にはならないのです。

 『A得意先の売上高を10.0%アップさせる』 とか、
 『B商品の売上高を前期比20.0%アップさせる』 といったより
 具体的な目標になっていなければならないのです。
 つまり、目標設定の段階では、『あるべき姿』を実現する目標ではなく、
 そこに至る過程としての目標を立てることが重要です。

4.すぐに達成でできる目標を立ててしまうこと
 人は皆、どうしても簡単に達成できそうな目標を
 立ててしまいがちであるが、
 少し背伸びをしないといけないような目標を立てることが
 ポイントです。
 自分がこのくらいならできる、
 と思うレベルの20.0%から30.0%増しの目標を設定することが
 よい、のです。

また、達成目標を決める場合は、
何を、いつまでに、どうする、というように
数値で具体的に決める必要があるのです。
定量的な目標を決めないと、達成しているか否か正確に判断できないのです。
また、定性的な目標もできるだけ数値化することが重要であるのです。

定性的な目標は、『KPI(Key Perfomance Indicator)』 を活用することです。
KPIとは、目標を達成するための重要な業績指標のことです。
例えば、『ブランドイメージを高める』 という目標の場合、
ブランドイメージを測る指標として 『リピート率』、『広告出稿金額』
などを設定することで、ブランドイメージをある程度、
定量化することができるのです。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

9周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「借金があっても事業承継」
『富士山経営』セミナー・永遠に存続成長するコツを伝授」

洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生・事業承継ノウハウ、「借金があっても事業承継セミナー」
です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:1,000円 参加特典:(洲山著「借金があっても事業承継」+
「事業再生家」プレゼント)+個別無料相談タイムを用意しています。
また、1社2名までご参加OKです。

日時:1月27日(火)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩5分
大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

日時:1月28日(水)15:00~17:00
場所:JR東京駅八重洲北口徒歩2分
東京都中央区八重洲1-4-20 東京八重洲ビル8F
喜望大地東京オフィス会議室

問合せ先:大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:阿部
フリーコール:0120-69-8888

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

■過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

洲山著「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

創業10周年記念新年会として、
歴史ある南禅寺順正(じゅんせい)にてランチ後に
日本電産永守重信社長の危機をお救いされた縁起の良い
『九頭竜大社』にて、初詣をして、中小企業発展に貢献する決意表明を
昇殿参拝にて行いました。

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.446 磯部塗装株式会社の磯部社長がなんと無料面談の告知…
  2. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.179 国難による経営危機に対する対策 特集号
  3. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.270 軽くて使い勝手の良い 『iPad mini』活用…
  4. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.402 金融庁のレポートをこう読む 特集号
  5. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.346 問題解決の8つのステップ(STEP7:効果を確認…
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.158 断捨離(だんしゃり)のススメ! 特集号
  7. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.309 ナニワの評論家が、子供の教育問題を斬る! 特集号…
  8. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.352 なーんか、何でも屋さんみたいになってきました~の…
PAGE TOP