メールマガジンバックナンバー

vol.339 体育会系コンサルタントのニュースな日々 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山・事業再生・事業承継・M&Aコラム』
vol.339 2015年3月27日号 発行部数22,756部

「永遠に存続成長する『富士山経営レポート』」

今回のテーマは、
「体育会系コンサルタントのニュースな日々 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

永遠に存続発展する『富士山経営』を提唱推進し、
『地獄に仏』と感謝され、社長と企業の成長をサポートする
パートナーの洲山(しゅうざん)です。

島根県商工会連合会様よりオファーが有り
セミナーのスピーカーを務めました。
また、ギフト業界の大先輩のお店も見学しました。

⇒  続きは、編集後記で、

そろそろ事業再生と事業承継を準備したい社長には、
喜望大地創業10周年謝恩セミナーにご参加下さい。

洲山セミナー「借金があっても事業承継を実現し、
永遠に存続成長するコツ」を伝授します。

洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生・事業承継ノウハウ、「借金があっても事業承継セミナー」
です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

10周年感謝会費:1,000円 参加特典:(洲山著「借金があっても事業承継」+
「事業再生家」プレゼント)+個別無料相談タイムを用意しています。

日時:4月21日(火)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩5分
大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

日時:4月24日(金)15:00~17:00
場所:JR東京駅八重洲北口徒歩2分
東京都中央区八重洲1-4-20 東京八重洲ビル8F
喜望大地東京オフィス会議室

本号は、大阪オフィスの常務執行役員であり、
ナニワの体育会系コンサルタントの宮内正一が熱く語ります。

今回のテーマは、
「体育会系コンサルタントのニュースな日々」です。

浪速の体育会系ターンアラウンドマネーシャー宮内です。
毎度の事ながら、
月に一度のメルマガネタには苦労をしております。

こういう時の為に、「事業再生に関係ありそうなニュース」
を都度収集していますので、ちょいと前のニュースについて少々。

3月7日付日経新聞電子版で、こんな記事が出ていました。
『「地銀もリスクマネー供給を」金融庁が一斉点検』
「金融庁は地方銀行と第二地方銀行を対象に、
地域にリスクマネーを供給する体制ができているか一斉点検する。
財務内容や担保・保証の有無を過度に重視して融資を
審査していないかを聞き取り調査し、
一部の銀行を選んで立ち入り検査に入る。
財務内容よりも事業の将来性を重視して融資するよう促し、
地域経済の活性化につなげる。」
だそうです。

しかしこの見出し、あんましいけてないですよね~。
何がいけてないかと言うと…

いけてない~その1「リスクマネー」
・銀行の融資ってリスクマネーじゃなかったの?
・そもそも、銀行の融資に金利が付いているのは、
 回収リスクがあるからでしょ
・それとも、今までリスクなんて関係無しにおカネを貸してたの?

いけてない~その2「財務内容や担保・
保証の有無を過度に重視して融資を審査」

・銀行融資は、決算書等の財務情報と担保・
 保証の有無で貸しているのが常識じゃん
・「事業の将来性を重視して融資」って、
 昔からのお題目で、ほとんど出来てないやん
・元金融マンとしてあえて言うけど、
 銀行員は商売した事ないんやから

いけてない~その3「地域経済の活性化につなげる」
・そもそも地域への資金供給が地銀の役割やん
・よーするに、今まで本来の役割を無視してたん?

つまり金融庁は、地銀や第二地銀に対して
「今までのお前らは、本来の銀行業務をちゃんとしてへん。
 しゃあから地域経済は苦戦しとるんじゃ。
 アベノミクスがイマイチなんも、お前らの責任じゃ。
 本来の役割を果たせへんかったらぶっ潰すぞ!
 ガンガン行かんかい!!」

という指示(またの名を「脅し」という…)を出した訳です。

しかし、このような方向転換で、地銀や第二地銀が
「将来性を重視して融資」を実行してくれるなら、
 確かに地域経済に貢献するでしょう。

しかーし、世の中そんなに甘くはございません。

世の社長様方、胸に手を当て思い返してみましょう。
貴方の取引銀行の担当者・融資責任者・支店長は、
本当に貴方の事業の現状と将来性を理解しているでしょうか。

「ウチの事は銀行さんがよう知ってくれてる」
「しゃあからバンバン応援してくれてる」という社長様!

何と素晴らしい(^^)/…よって私のメルマガを読んでも
時間のムダです。どんどん事業に励んで下さい

「昔はよう工場見学に来て、アレコレ質問されたなー」
「最近の担当者はウチが何作って売ってるか知ってるんかなー」
「決算書については質問されるけど、それ以外は質問されへんなー」

と思う節のある社長。そんな銀行マンが
「将来性を重視して融資する」事が本当に可能でしょうか?
 少々心もとないですよね。

なーんぽ金融庁がケツ叩いても、支店人員は減らされ続け、
女子社員はパートに置き換えられ、
金融庁への報告が年々増え続けている銀行員に、
そんな余裕は無いのが現状です。

つまり、このニュース。
取組み姿勢は評価できるかもしれませんが、
実効性には甚だ疑問符?がつくニュースと私は考えます。

「そんな事ばっかりゆうてたら、身も蓋もないやん」という社長。
その通りです。こんな世の動きを自社に活かすには、
どのようにしたら良いでしょうか。

対策を一言で言えば
「自社をアピールするチカラと金融リテラシーを高める」事です。

・銀行員に来てもらうのではなく、こちらから出向いてアピールする
・単に「ウチはええ商品を作る+売る」では無く、
 ええ商品を作る+売るを財務的に数値として証明する
・銀行の融資スキームを熟知し、
 自社との取引が銀行のメリットになる事を納得させる

と、正論を述べましたが、こんな事ができる社長は、
相当なスーパーマンです。

普通の社長は、スーパー営業マン+スーパーアイデアマン
+スーパーカリスママンかもしれませんが、
金融リテラシースーパーマンは少数派だからです。

虫歯で出来たら歯医者さんに行きますよね。
同じお医者さんでも耳鼻咽喉科には行きませんよね。

つまり専門家、特に金融リテラシーに優れたコンサルタント
の智慧を借りるのが最も早道です。

喜望大地は、そんな社長様を最大限サポートさせていただきます。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

10周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「借金があっても事業承継」
『富士山経営』セミナー・永遠に存続成長するコツを伝授」

洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生・事業承継ノウハウ、「借金があっても事業承継セミナー」
です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:1,000円 参加特典:(洲山著「借金があっても事業承継」+
「事業再生家」プレゼント)+個別無料相談タイムを用意しています。
また、1社2名までご参加OKです。

日時:4月21日(火)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩5分
大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

日時:4月24日(金)15:00~17:00
場所:JR東京駅八重洲北口徒歩2分
東京都中央区八重洲1-4-20 東京八重洲ビル8F
喜望大地東京オフィス会議室

問合せ先:大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:吉田
フリーコール:0120-69-8888

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

■過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

洲山著「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

島根県商工会連合会様よりオファーが有り、
セミナーのスピーカーを務めました。
島根県内の商工会の経営指導員様と地域の経営者様の参加で、
事業再生と事業承継をセットで実現した事例研究や
会社経営は、自分の勝てる土俵で相撲を取り優勝する
『富士山経営』を熱く語りました(^^)

その後、ギフト業界時代の大先輩のフジキコーポレーション
藤原社長の最新店舗や物流センター・本部を見学し、
その後会食しながら旧交を温めました。

山陰の特産のカタログギフトやお客様が好きな商品を
チョイスしてオシャレな箱に詰め合わせギフトをする
顧客満足度の高い新時代のギフト等素晴らしい経営をされています。
JGC(ジャパンギフトチェーン)の理事長もされており、
全国のギフトショップの業績UPに尽力されています。

洲山は志半ばで、ギフト業界から離脱しましたが、
藤原先輩には、業界のリーダーとして益々のご活躍を祈念します。

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー 号外 「事業再生家――会社が蘇った奇跡の物語」出版記念セミナー
  2. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.357 金融庁ニュース解説と銀行との付き合い方 特集号
  3. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.214 不渡り=倒産ではありません 特集号
  4. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.76 ブリッジとしての機能による、再生支援作戦! 特集号…
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.113 崖っぷち企業を再生する跳び箱理論とは何ぞや? 特…
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.88 鬼塚喜八郎 失敗の履歴書に学ぶ! 特集号
  7. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.167 通貨オプション・為替デリバティブセミナーの誌上一…
  8. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.151 家財が差し押さえられたらどうしよう(;一_一)
PAGE TOP