メールマガジンバックナンバー

vol.360 49期連続黒字の滋賀ダイハツの後継者育成に学ぶ 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山・事業再生・事業承継・M&Aコラム』
vol.360  2015年9月8日号 発行部数22,756部

「永遠に存続成長する『富士山経営レポート』」

今回のテーマは、
「49期連続黒字の滋賀ダイハツの後継者育成に学ぶ 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

永遠に存続発展する『富士山経営』を提唱推進し、
『地獄に仏』と感謝され、社長と企業の成長をサポートする
パートナーの洲山(しゅうざん)です。

めっきり過ごしやすくなってきましたね。
8月はお休みしましたが、9月から洲山セミナーを再開します。
「借金があっても事業承継―永遠に存続成長するコツを伝授」

洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生・事業承継ノウハウと10年間で800社のサポートをした
エッセンスの詰まったセミナーです

会費は、創業10周年謝恩価格のお一人様1,000円で、
参加特典:洲山著書2冊プレゼント)+個別無料相談タイムありです。

日時:9月17日(木)14:00~16:00
場所:ウインクあいち
JR名古屋駅徒歩5分

日時:9月25日(金)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

日時:9月18日(金)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

さて、本号は、洲山が尊敬する偉大な経営者である
滋賀ダイハツオーナーの後藤昌幸先生に学ぶ、
後継者育成のコツと事業承継成功の秘訣をを語ります。

題して、49期連続黒字の滋賀ダイハツの後継者育成に学ぶ

滋賀県の自動車販売会社に、滋賀ダイハツ販売があります。
昭和29年4月に初代の後藤昌弘氏が創業しましたが、
昭和38年経営危機になり、株式をメーカーのダイハツ工業に譲渡して、
子会社となる事で資金支援を受けて救済されましたが、
創業社長の後藤昌弘氏は、引責辞任を余儀なくされました。

その後、メーカーから出向してこられた岩崎社長は、
初代の後藤昌弘社長の長男である後藤昌幸に社長代行の辞令を
交付して経営を任せる決断をしました。

若干30歳の経験不足の後藤昌幸社長代行では、未来がないと判断した
稼がない幹部社員の退社が相次ぎ、人件費が大幅に下がりながらも
売上がダウンせず、結果として黒字化実現しました。

年商10億円で赤字6億円のどうしようもない状態から黒字化し、
4年で累損を解消する快挙実現しました。

後藤昌幸社長代行は、不良在庫の処分等の改革を徹底した結果、
経営を立て直しが出来、その成果を評価した岩崎社長の推挙で、
3年後昭和41年には滋賀ダイハツ販売の社長に就任しました。

そして、それ以来49年間に渡り、
一度の赤字も出さず黒字経営を継続されています。

滋賀県内販売台数シェアトップを45年間連続達成
後藤昌幸社長の功績は、滋賀県下の新車販売台数において特に顕著です。
それは、昭和45年に滋賀県の新車販売台数のトップとなる快挙を
継続し続けており、何と45年間一度もトップから陥落していません。
大きなディーラーのトヨタ・日産・ホンダに負けず、
軽四輪では開発力の強いスズキにも負けず、独走状態を維持しています。

兵庫ダイハツでは、10億円の赤字を5億円の黒字企業に変革
滋賀ダイハツ販売で16年間社社長を務めた後に、
乞われて兵庫ダイハツの社長に就任し、僅か5年間で、
10億円の赤字から5億円の黒字企業に変革成功しました。

瀬戸内海の淡路島から日本海までの広域テリトリーであり、
その全エリアの営業拠点に朝一番に駆けつけ、
代理店の店を駆けずり回りトップの背中を見せて率先垂範しました。

後藤昌幸社長の名言集があります。
「社長室はいらん、社長室の壁は情報遮断壁と言う。」
「現場を廻れ、社長が穴熊では会社は潰れる。」
「赤字会社の社長は、代表取締役道楽者と呼ぶ。」

以下、次号に続きます。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

10周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「借金があっても事業承継」
『富士山経営』セミナー・永遠に存続成長するコツを伝授」

洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生・事業承継ノウハウ、「借金があっても事業承継セミナー」
です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:1,000円 参加特典:(洲山著「借金があっても事業承継」+
「事業再生家」プレゼント)+個別無料相談タイムを用意しています。

日時:9月17日(木)14:00~16:00
場所:ウインクあいち
JR名古屋駅徒歩5分

日時:9月25日(金)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

日時:9月18日(金)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

問合せ先:大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:吉田
フリーコール:0120-69-8888

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

洲山著「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

大阪商工会議所の経営革新研究会の視察ツアーに参加しました。
広島のドリームベッド様・あじかん様・マルニ木工様・旭酒造様
何れもオンリーワンの世界観で見事な経営をされていました。
追って、レポートさせていただきますが、ダイジェスト版を
Facebookで披露します。

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.314 『まったく西洋人て奴は、、、、』映画を見ての考察…
  2. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.151 家財が差し押さえられたらどうしよう(;一_一)
  3. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.204 日本サイセーケイカク 特集号
  4. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.350 製造業の皆様、問題解決の8つのステップ (STE…
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.59 事業再生を成功するには、信念を持ってお願いすれば道…
  6. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.160 製造業の皆様、会議は建設的ですか?part3 特…
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.14 『ピンチをチャンスに変える』鉄則!「底なしの借金地…
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.68 いかなる窮境企業でも、道は開ける 特集号
PAGE TOP