メールマガジンバックナンバー

vol.370 ヤミ金対策 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山・事業再生・事業承継・M&Aコラム』
vol.370  2015年11月13日号 発行部数22,756部

「永遠に存続成長する『富士山経営レポート』」

今回のテーマは、「ヤミ金対策 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

永遠に存続発展する『富士山経営』を提唱推進し、
『地獄に仏』と感謝され、社長と企業の成長をサポートする
パートナーの洲山(しゅうざん)です。

年内最後の洲山セミナーを名古屋・大阪・東京で開催します。

10周年謝恩参加費:1,000円
参加特典:(洲山著「借金があっても事業承継」プレゼント)+
個別無料相談タイムを用意しています。

日時:11月18日(水)14:00~16:00
場所:ウインクあいち・JR名古屋駅徒歩5分

日時:11月20日(金)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

日時:11月27日(金)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

11月25日13:30~17:00東京日本橋にて、
資金繰りを著しく改善するセミナーをNBCコンサルタンツの野呂社長と
洲山で開催します。

さて、
本号は、洲山が最近のヤミ金解決事例を披露します。

ヤミ金とは、「闇金」と書きますが、
やはり漢字のほうが、迫力が伝わりますね。

大昔は、「トイチ」と言い、10日間の金利が1割のことを指していました。
即ち、10日で1割なので、1ヶ月は、3割であり、年間360%となります。
ということは、
100万円借りると、10日で10万円、1ヶ月で30万円
年間では、360万円の金利となります。

でありますから、資金繰りが持つはずがありません。

しかし、トイチは、古き良き時代の金利体系であり、
洲山が喜望大地を創業した頃は、
トイチではなく、「トサン」でした。

つまり、10日で、3割、1ヶ月で9割となり、
年間では、アット驚く108割=1,080%なので、
100万円借りると、10日で30万円、1ヶ月で90万円
年間では、驚愕の金額 1,080万円  \(◎o◎)/

スゴイですね!

喜望大地のコンサルティング先では、過去5年間ぐらいは、
ヤミ金の話は、なかったのですが、最近2件ありました。

その1件の事例ですが、
A社・B社・C社・D社と4社から借りていました。

A社から150万円借りて、月2回・金利として
30万円×2=60万円のペースで、
4ヶ月間で226万円を払っていました。

B社からは、200万円借りて、月2回・金利として
40万円×2=80万円のペースで、
3ヶ月間+10日間で、241万円を払っていました。

C社からは、150万円借りて、金利として
2ヶ月間+1週間で、134万円を払っていました。

D社からは、120万円借りて、金利として
12日間で、23万円を払っていました。

どう考えても、バカバカしいことを何故するのか?

目先の150万円程度を借りて、3ヶ月経てば、
金利名目だけで、180万円も払い、
然も、月2回ターミナル駅の車の中で、金利だけ渡す無駄な時間が
必要で、月間にすれば、丸一日潰してしまいます。

ヤミ金は、違法行為であり断固とした姿勢で臨めば臨めば、道は拓けます。

根拠は、
1.ヤミ金は出資法違反であり、罰則は、10年以下の懲役か
 3,000万円以下の罰金に処せられる犯罪行為。
2.ヤミ金の貸付契約は、民法90条の公序良俗違反であり、
 契約は無効であり、利息は支払う義務がありません。
3.借入れた元金は、民法708条の不法原因給付であり、
 返済する義務もなく、返済したお金を不法利得として返還請求できる。

そこで、現実的な解決策としては、
A社・B社は、過払い金利を返せと言わない代わりに、現状で終わり、とし、
C社には、150万円-134万円=16万円支払い、終了し、
D社には、120万円-23万円=97万円支払い、終了としました。

もしも、ヤミ金で僅かなお金を借りて、その額以上の金利を払うような、
ことをされてる場合は、一刻も早く、縁を切りましょう。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

10周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

結果を出したい、と願い、努力しています。

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「借金があっても事業承継」
『富士山経営』セミナー・永遠に存続成長するコツを伝授」

洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生・事業承継ノウハウ、「借金があっても事業承継セミナー」
です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:1,000円 参加特典:(洲山著「借金があっても事業承継」+
「事業再生家」プレゼント)+個別無料相談タイムを用意しています。

日時:11月18日(水)14:00~16:00
場所:ウインクあいち
JR名古屋駅徒歩5分

日時:11月20日(金)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

日時:11月27日(金)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

問合せ先:大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:吉田
フリーコール:0120-69-8888

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

洲山著「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

ヤミ金に代わる、売掛債権の買取で、高利の被害にあっている方の
救済策は、追って、お知らせします。

地獄に仏として、観音様の救済策を一緒に考えて、
より多くの会社を救う所存です。

お悩みの方は、お気軽にご相談ください。

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-69-8888

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.271 社長の『選択』と『自己責任』についての考察とアド…
  2. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.240 製造業の皆様、なぜなぜ5回真意の追求を実施されて…
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.77 借金30億からの大逆転!事業再生7つの法則セミナー…
  4. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.143 返済猶予法案の現状 特集号
  5. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.161 会社の健康診断のお話 特集号
  6. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.193 「信用保証協会と日本政策金融公庫」について 特集…
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.54 破産しかない!から ⇒ 事業再生実現への方向転換の…
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.374 平成27年有難うございました 特集号
PAGE TOP