メールマガジンバックナンバー

vol.377 製造業V字回復の軌跡 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山・事業再生・事業承継・M&Aコラム』
vol.377  2016年1月27日号 発行部数22,137部

「永遠に存続成長する『富士山経営戦略レポート』」

今回のテーマは、
「製造業V字回復の軌跡{実力利益(EBITDA率20.0%超の優良企業へ} 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

永遠に存続発展する『富士山経営』を提唱推進し、
『地獄に仏』と感謝され、社長と企業の成長をサポートする
パートナーの洲山(しゅうざん)です。

『正月や今年も来るぞ大晦日』

⇒ 続きは、編集後記で、

新春洲山セミナーのお知らせです。
事業承継・事業再生・M&Aをお考えの経営者にお勧めです。

日時:1月28日(木)15:00~17:00
   2月25日(木)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

日時:2月23日(火)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

お申し込み>> http://goo.gl/lwRQq1

さて、本号は東京本部・常務執行役員の
製造業V字回復コンサルタント石井博が、
今回のテーマは、
『製造業V字回復の軌跡(EBITDA率20.0%超の優良企業へ)』と題して、
最近セミナーのスピーカーとして上記題目について
ご説明させていただいておりますので、
メルマガでも簡単にセミナー内容について
ご説明させていただきたいと思います。

前回のメルマガでは、
部品別の実力利益=EBITDA(エビッターとかイービッダーと言います)
営業利益を算出することでどの様な成果が期待できるか、
ということについてご説明させていただきました。

今回のメルマガでは、部品別EBITDA管理を導入するためには、
いかにリアルな段取り時間、
リアルな加工時間等を把握する必要があることから
4作業報告書(作業日報)の精度向上をする必要がある旨、
ご説明させていただきたいと思います。

今まで、実力利益=EBITDAの話をしていたのに、なぜ、
いきなり作業報告書(作業日報)の話に飛んでしまうの、
と思われている方もいらっしゃると思いますが、
部品別の実力利益=Aを上げるためには、
まず、現在、受注している部品の実力利益=EBITDAを
算出することから始める必要があります。

自社で製造した結果をきちんと把握するためにも
精度が高い作業報告書(作業日報)が必要になるということです。

作業報告書(作業日報)とは、本日の業務内容(結果)を
現場の方々もしくは営業マンの方々が上司に報告するための
報告書の位置づけですが、製造メーカーにかぎらせていただくと、
ご支援しているクライアント先の作業報告書(作業日報)を拝見すると、
出来高、不良数、不良率等は記載されていますが、
管理会計を導入して部品別EBITDAを試算する場合には、
上記以外にも記載したほうが望ましい項目が存在すると思われます。

管理会計を導入し、部品別EBITDA管理をしていく場合には、
少なくとも下記6項目は作業報告書8作業日報)に
記載していただきたいと思います。

(1)作業時間
(2)工程ごとの従事作業者
(3)投入数量、完成数量、不良数量
(4)不良要因
(5)機械停止時間
(6)機械停止要因

(1)作業時間
作業時間については、前加工部品の加工終了後(清掃後)を
当該部品の開始時間とし、
当該部品の加工終了後(清掃後)を終了時間とします。
従って、当該商品の段取りに要した時間、加工終了後の清掃時間も
当該部品の原価に含まれると考慮していただきたいと思います。

(2)工程ごとの従事作業者
正社員、パート社員、派遣社員では時給(分当賃率)が相違することから、
当該部品を製造するにあたり、誰が、どの工程に何分従事したかを
把握できる様にしていただきたいと思います。

(3)投入数量、完成数量、不良数量
正確な数字を記載していただき、不良数量が多かった場合には、
なぜ、不良が発生したのか、
その不良要因も記載していただきたいと思います。

(4)不良要因
4M(Man,Machine,Material,Method)が変化した時に不良の発生が多いと
言われていることから、
4Mを踏まえての不良内容を記載していただきたいと思います。

(5)機械停止時間
漠然と機械停止時間10分というような記載方法ではなく、
完成品ピックアップロボット(ロボットフィンガー)の調整5分、
金型メンテナンス5分というように
詳細を具体的に記載していただきたいと思います。

(6)機械停止要因
人的な要因の他に機械的な要因による不良も発生することから
現場の方々には不良要因を包み隠さず報告していただきたいと思います。

作業報告書(作業日報)の記載方法が明確になっているか、
誰が書いても同じ状態になっているか。
明確でなければルール化が必要であると思います。

マネジメント層の方々が望むような作業報告書(作業日報)、
いわゆる部品別EBITDAが算出できるような作業報告書(作業日報)が
提出されるまでには正直、数ヶ月は掛かると思いますが、
マネジメント層の方々は、現場の方々に対してゴール(目標)を示して、
教育・指導し続けることが重要ではないでしょうか。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回またメルマガでお会いできるのを楽しみにしています!

ご縁に心から感謝しています!!

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

10周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「借金があっても事業承継」
『富士山経営戦略』セミナー・永遠に存続成長するコツを伝授」

洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生・事業承継ノウハウ、「借金があっても事業承継セミナー」
です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:3,000円 参加特典:(洲山著「借金があっても事業承継」+
「事業再生家」プレゼント)+個別無料相談タイムを用意しています。

日時:1月28日(木)15:00~17:00
   2月25日(木)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

日時:2月23日(火)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

問合せ先:大阪本部オフィス TEL:06-6372-1313 担当:吉田
フリーコール:0120-69-8888

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

洲山著「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。
新年になって早いもので、1月も終わりそうです。
年初に立てた新年の抱負は、如何でしょうか?

先人曰く、
「正月や今年も来るぞ大晦日」
大晦日に悔いのないように、毎日を生きましょう(^^)

毎日を真剣に生きて、GOAL(目標)を達成しましょう!
自戒の念を込めて書きました。(^_^;)

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-69-8888

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本部オフィス:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.56 闇金の傾向と対策 ⇒ 警察は 頼りになるの巻 特集…
  2. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.115 打つ手は無限に学ぶ! 特集号
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー 号外 ひな祭りスペシャルのアマゾンキャンペーンのお知らせ
  4. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.353 大阪観光局理事長溝畑宏氏の大分での奇跡に学ぶ 特…
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.370 ヤミ金対策 特集号
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.72 いかなる窮境企業も事業再生・復活は可能!ミッション…
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.87 洲山流事業再生三原則発表! 特集号
  8. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.170 ジーとザー、一字違いで大違い!FCビジネスに気を…
PAGE TOP